いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
メキシコ・ペルーの旅―9(クスコ)
10月23日(木)

今日は、この旅の一番のハイライト(と自分の中ではそう思っていた)、マチュピチュへ向けての移動日。

これが大変なんだな。
飛行機→車→列車という乗り物三昧、乗り物ヲタにはこたえられない移動であります。
しかし、残念ながら私はヲタではないのですね(^^;)。

朝8時の飛行機で、リマからまずクスコへ向かう。1時間余りのフライトで、クスコ着。
そこからタクシーで、クスコの市街へ。

クスコについては、はっきりいってノーマークだった。
だって、滞在時間数時間、単なる通過点と思っていたからだ。

ところが…ここがとっても素敵な街だったのだ!

e0100044_2305233.jpg


着いたのは街の中心のアルマス広場。緑あふれる広場に面して、レンガ色のカテドラルや教会が建ち並ぶ。
シックで、尚且つかわいい街並み。

みんな予期してなかったようで、「ここはいいね!」と口々にいう。

リマはほとんど知らないけど、荒んだ雰囲気が感じられたし、ナスカは埃っぽかった。
ここは落ち着いた雰囲気で、ホッとできる。

e0100044_2313792.jpg



クスコはインカ帝国の首都だったそう。
16世紀にスペインに征服され、スペイン風の建物が建てられたが、インカ文明の後をうかがい知れるような文様が残っている。
それがまたエキゾチックで素敵!

そろそろお腹がすいてきた。あまり時間がないので、レストランを探す。
この広場に沿って、よさげなレストランが並んでいる。もちろん観光客向けだろうけど。

じっくり探す時間もないので、店先に立っていた客引きの「サラダバーあります」の言葉に引っかかり、入ることに。だって、野菜が足りないんだもの。

e0100044_236651.jpg
でも、とってもいい雰囲気。

料理は姉が日本で、ペルー人の知り合いに薦められたという「ロモ・サルタード」を注文。

ロモ・サルタードというのは、牛肉と玉ねぎ、トマトなどの炒め物。中国料理の影響を受けているらしく、隠し味に醤油を使っているとか。


e0100044_2393137.jpg

上/ロモ・サルタード
中上/同じくロモ・サルタードだけど、なんとアルパカ!(たぶん、牛肉と見分けがつかなくなった(^^;)。)
中/アルパカのステーキ
中下/クスクスのようなパスタが入ったスープ。
下/コカ茶


な~んとペルーではアルパカも貴重なタンパク源。
アルパカさん食べちゃうなんて、かわいそう(T-T)などと思ったのは、一瞬だけ。柔らかくてクセもなく、おいしかった^^。
ステーキは少々固かったけど。

ロモ・サルタードは味付けが日本好み。醤油味(ほんとか)はやっぱり、旨い。
ただし、コカ茶は、あまり好みではない。

もちろん、サラダバーもありましたよ。ここぞとばかりたくさん取りました。

e0100044_231759100.jpg



ランチ後、みやげ物を物色。

e0100044_2319407.jpg


素敵なものがたくさんあって、時間が足りない。
でも、14時にカテドラルの前に行かねばならない。ツアー会社の人と待ち合わせているからだ。

実はここからマチュピチュまでは、旅行会社に手配をお願いしている。

当初は自力で列車やマチュピチュやワイナピチュ山の入山許可を取るつもりだったが、ペルーのインターネット事情があまりよろしくなく、フリーズしまくり、自力予約を断念せざるを得なかったのだ。

な~んて、自分でトライしたわけでなく、姪と姉のやり取りを後で聞いただけだけど(^^;)。

日系の旅行社なので、日本語でやり取りで来て、少々お金はかかるが、楽だったらしい。
手配が飛行機、バス、鉄道、遺跡など複雑なので、ツアー会社に頼んだ方がいいよ、とは姉の弁。

リマ~マチュピチュの往復と、マチュピチュ遺跡の入場料、ワイナピチュ山の入山許可などを手配してもらって、7万ほど。でも、自力でやっても5万以上かかるとか。

現地のツアー会社なら、もっと安いはずなので、時間的余裕がある人なら、リマかクスコで依頼してもいいでしょう。


さて、14時ピッタリにカテドラル前で、ジャパニーズ・スピーキングのペルー人スタッフと落ちあい、バウチャーやチケットを受け取り、これからの行程の簡単な説明を受けた。

タクシーもすでに来ていて、それに乗り込むと、スタッフとはもうお別れ。
ここからオリャンタイタンボというマチュピチュへ乗り入れている鉄道駅まで、車で移動する。

名残惜しいな~愛しのクースコ、もっと滞在したかった。宿泊してもいいな。
しかし、侮るなかれ、標高3400m。長居していると、頭痛がしてくる。

私はここでは大丈夫だったが、途中標高3800mという富士山より高い地点を通ったあたりは、うすら頭が痛かった。甥も同じだったみたい。


e0100044_1028956.jpg
途中のウルバンバという街。
赤茶けた大地と山々、日本では見られない風景が続き、新鮮でした。


約2時間かかって、オリャンタイタンボ着。ここから列車に乗りかえます。

マチュピチュへ行く観光客でにぎやか。世界中から来てました。
山奥なのに、さすが人気の世界遺産です!

日本人も多いのか、構内のカフェに「緑茶」の文字も(^^;)。

e0100044_9353557.jpg
行きはインカレイル。列車は快適でした。


1時間半ほどの列車の旅。やっとやっとマチュピチュへ着きました。

ところが…
駅は真っ暗。駅員が懐中電灯を持って、道案内。

え~まさかの…停電!

1日かけてリマからやってきたのに、停電がお出迎えとは…トホホな感じ。

みんな、スマホのライトを頼りに歩く。
ホテルによってはお迎えが来ているが、私たちのホテルは、安宿なので(またもや)、そんなのないみたい。

ちょっとわかりにくいところにあり、少々迷ったけど、なんとか探し当てて、チェックイン。
当然のことながら、ホテル内も真っ暗。

部屋内にロウソクが灯されていた。部屋は4人部屋。

スタッフにいつ電気が付くのか、聞いても、「さあ、今日中か明日か、わからない」というだけ。きっとよくあることなのだろう。
慣れっこになってるみたい。日本だったら大騒ぎだろうに。

スマホに充電もできないし、お風呂に入るのも一苦労。困るよ~。早く電気を!

自家発電の設備のあるレストランもあるようで、多少灯りのついている店もあった。

e0100044_23555097.jpg
停電の夜。でも、人々は普段と変わりないようす。


よくないことは続く。

これまで姪と二人で、ツアーリーダー的役割だった姉がダウン。
疲労からか、はたまた高度のせいか(マチュピチュは標高2400m)発熱。ご飯も食べないで、寝てしまった。

明日はいよいよマチュピチュ。ワイナピチュ山に登るというのに大丈夫か?

うう、暗雲…
[PR]
Top▲ | # by yurara28 | 2014-11-20 00:03 | 旅行
メキシコ・ペルーの旅―8(ナスカ)
10月22日(水)

日本を旅立って、もう1週間が過ぎた。でも、旅はこれからが佳境。

今日はナスカの地上絵を見物する。セスナに乗って、空から見るのだ。

8時出発。

セスナに揺られるから、朝食は遊覧飛行の後でということになり、少々空腹を抱えたままお迎えのタクシーに乗る。
赤茶色の乾燥した大地を走って、飛行場へ。

世界中から観光客が集まっていて、もちろんツアーで来ているらしき日本人もいる。

一応チェックインカウンターがあって、パスポートチェックが行われる。


e0100044_027366.jpg


やがて私たちの番。褐色の肌をしたイケメンパイロットが操縦するようだ。
乗務員は彼と副操縦士の2人。

いよいよセスナに乗り込み、テイクオフ!
グングン高度を上げ、地上絵の場所に近づいて行く。

意外に揺れない、これならオッケー! いざ地上絵を目指す…

と思ったら、何やら旋回し、急に高度を下げて行く。私でもわかる。
地上絵から遠ざかり、明らかに飛行場に向かっている。

へ、なんだよ?

パイロットが何やらいう。姪の訳によると、計器の調子が悪く、一旦飛行場に引き返すと。
むむ、なんだよ~、気勢をそがれる。
もちろん安全第一だけど、しっかり整備しておいてくれよ。

やがて着陸。仕切り直しだ。

かなり待たされて、今度は別のパイロットのセスナに。イケメン度はやや下がったが、まあ安全に飛行してくれるなら、だれでもいい。

許可が下りないのか、乗りこんでからかなり待たされた。何ごとも時間がかかるのがペルー流? 
ようやく2度目のテイクオフ!

今度こそ、引き返さずに、地上絵の上空へ。


e0100044_23405767.jpg
上/宇宙人 中/ハチドリ 下/クジラ


残念ながら地上絵の写真は少ないです。
実は私は目が悪い上、カンも悪いので、パイロットがこれ、あれ、と指差す先を見ても、よくわからない。
正直肉眼で確認できたのは数個のみ。

お金払って遥々来て、なんてザマ――なんだけど、実際のところ、見てもそれほどの感動はないのだ。

はっきりり確認できずに、消化不良に終わったせいもあるけど、あ、見えた見えた、ふ~んという感想がわくだけ。

フライトは30~40分で、あっという間に終了。
これだけのために8時間以上もバスに揺られてきたのか、とすこーしネガティブな気持ちになる。

また、車で送迎してもらい、ホテルへ戻り、帰りのバスの予約をしてから、ホテルの朝食をいただく。

パンとコーヒー、ジュースだけの簡素なコンチネンタルで、あまりお腹はいっぱいにならない。
これなら、フライト前に食べても全然平気だったな。


e0100044_0285091.jpg

ナスカの街はまったく歩かなかったけど、ホテルの屋上から見た街は、スコーンと明るくていい感じ。
ただ、ハンパなく乾燥しているので、部屋が埃っぽかった。


朝食後、荷物をまとめ、再びリマへ戻るためにバスターミナルへ。
フライトが遅れたので、11時の便に乗れず、12時発になった。

また、あの440kmを折り返すのかと思うと、はあぁ~、う~んざり(><)。

e0100044_0314662.jpg


帰りは車内で流れるビデオを見たりして、時間をつぶす。

しかし、途中のバス停で1時間半も待たされたりして、結局、遅れてバスターミナルに着いたのは9時半ごろ。

もちろん、なんで遅れるのかなんて、説明は一切なかった。説明しないのがペルー流?
サービスの概念がまったく違うよう。みんな文句も言わずにおとなしく待つだけ。

そこからタクシーでホテルへ。

しかーし、タクシーの運転手が「その辺は治安がよくないので、止めとけ」と何度もいう。
空港にほど近い場所だが、地元の人も避けるような、治安のよくない地域らしい。

おねーさん、なんでこんな宿にしちゃったんだよ~と思ったけど、今さらキャンセルできないし、これから探すのも面倒なので、そのままチェックイン。

ここは今回の旅で、唯一シャワー・トイレなしのホテル。
正真正銘の安宿です。

e0100044_046518.jpg
部屋は4人部屋。すでに散らかっててゴメンなさい。

かなり狭くて荷物を置く余地があまりないが、カラフルで居心地は悪くない。
シャワー別といっても、部屋の前にあるので、さしたる不便も感じない。
まあ、要は民宿や山小屋などといっしょ。そう考えれば、特に問題はない。

とはいっても、やっぱり安宿。
シャワーのお湯がいつまでたっても温かくならず、先にシャワーを浴びた甥は「不機嫌MAX」といって、ふて寝してしまった。

私はインド、ベトナムなどもっと条件のよくないアジアの貧乏旅行で、安宿を泊まり歩いていたので、どうということないが、安宿が初めての甥っ子は、少々不満だったようだ。

でも、宿猫としてかわいいニャンがいたので、和めたらしく、そのうち機嫌も直っていた。

e0100044_10412636.jpg


さて、今日も疲れた。明日も移動だ、がんばろう。ヘロヘロ、スヤスヤ…。
[PR]
Top▲ | # by yurara28 | 2014-11-15 01:00 | 旅行
メキシコ・ペルーの旅―7(リマ~ナスカ)
10月21日(火)

5:45着の予定だったが、少し遅れ、6時半ごろペルーのリマ入りとなった。

午前0時過ぎに発ち、早朝着くってことは、その間一応朝ご飯も出る。寝る時間なんて、ほんの数時間しかない。
当然猛烈に眠い。

モウロウとした頭で、私たちはタクシーに乗る。

途中、市街地を通る。落書きが多くて荒んだ感じのところが多かったけど、突然宮殿風な建物が並んでいたり、美しい街並みもチラリ。
思えば、リマの街はタクシーの窓から見たこの風景が、最初で最後であった。

行き先はリマのバスターミナル。そこから今度は長距離バスに乗り継いで、ナスカへ向かうのだ。

7時ごろバスターミナルに着く。

e0100044_22245891.jpg
クルス・デル・スール社というバス会社のターミナルだ。けっこう立派。


実はこのリマ~ナスカのスケジュールだけは、事前に調べることができなくて、モヤっとしていた。
バスの予約はしてないし、出発時間も分かってない。
つまり行き当たりばったりということ(旅には付き物ですが)。

バスターミナルへ着くと、ナスカ行の長距離バスは、午前中は7時と7時半。

おお、7時は間に合わないけど、7時半ならちょうどぴったりのタイミング!と喜んだのも束の間。

この便はすでに満席で、乗れないという。
ただ、7時は残席があるらしく、まだ出発してない。でも、2席しかないとのことで、断念。

で、次の便は…なんと午後1時。もう午前便はないというのだ。ガックリ(><)。

あと6時間も! いったい何をしていればいいんだ。

というのも、ここはリマの中心から離れた場所。荷物もあるので、おいそれと「リマ観光!」という訳にはいかない。
それになんといっても、睡魔がジワジワ襲ってくるので、とてもじゃないが、観光に行く気力はない。

結局、バスターミナルのベンチで寝ることに。けっこうリマは冷える。上着を引っ張り出して、横になって寝ていた。

やっと12時近くになり、お昼ご飯を食べに周辺をウロウロしてみる。
小さな食堂を見つけ、入る。麺の入ったスープを注文。

e0100044_22424585.jpg
このスープ麺が絶品!

おそらくソパ・ア・ラ・クリオージャという料理の1種と思われる。
骨付き鶏肉と、ジャガイモ、ゆで卵に、パスタのような麺が入っている。鶏の出汁が効いていて、さっぱりとした味付けで、日本人の口に合う。

甥いわく、「旅行中でこれが一番うまかった」と。

ちょっとだけ元気が出たところで、バスターミナルの戻ると、やっとやっと乗車開始。
中は思ったよりは快適そう。リクライニングがググーと効き、けっこう寝られそう。

しかし、リマから440km、約7~8時間の長い長~い道程です。

乗車するとすぐに、ランチ?が出てきた。さっき食べたばかりなのに。

e0100044_2252238.jpg
メインはそこそこ旨かったが、デザートが残念。

ムースでもゼリーでもなく、得体のしれない流動体で、一口食べて、パタッとスプーンが止まった。
ま、有体にいえば、「まずい!」です。

一応スチュワーデスのようなスタッフは同乗しているが、最初にランチを配ったきり、後ろの方で寝ている。
ビデオはついていたが、見るのも面倒、寝るしかない。

ナスカに着いたのは、遅れに遅れ、10時ごろ。なげーよ。途中一切アナウンスなし。

ナスカのバスターミナルに着くと、私たちが予約した宿のスタッフ学前に来てくれていた。
何時に着くとか伝えてないのに、これはうれしい。

きっとバスが付くたびに迎えに来て、東洋人らしき人物を見かけると、私たちの名前を叫んだのだろう。
グラシアス! やっと到着しました。

ホテルはターミナルからすぐ近くだったけど、着くなり甥が
「俺のジーンズは?」といいだす。

お~っと大変!
甥のジーンズは、洗濯したら、全然乾かなかったので、バスの中で広げて乾燥させていていたのだ。
それをすっっかり忘れて、バスの中に置いてきてしまった。 

私の目の前で干していたので、あれ、少し、責任を感じる…。

あわてて、宿のスタッフにいって、バスターミナルへ戻ると、幸いなことに、バスはまだ停車していて、中を見せてもらったら、ちゃんと残っていた。

よかったあ。

実は甥っ子ちゃん、ジーンズ1枚しか持ってきてなくて、メキシコからの移動中はジャージを履いていたのだ。
なくなっていたら、危うくこの先ずっとジャージ旅になるところだった(^^;)。

その後、明日の地上絵フライトの段取り。ホテルで地上絵見学の予約をするのだ。
だいたい、ナスカは地上絵を見るためにやってくる人が、圧倒的だから、ホテルと提携しているみたい。

セスナの大きさとか、時間とかを決めて、体重も聞かれ、やっと解放。すでに0時を回っている。

移動だけの1日だったけど、きちんとした睡眠がとれてないので、疲れた。ドヨドヨ状態。
明日も早いので、さっさと寝よう。

e0100044_23123737.jpg

[PR]
Top▲ | # by yurara28 | 2014-11-13 23:17 | 旅行
| ページトップ |