いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
第7回安達太良山登山マラソン②
さて、24日レース当日。

数日前まで雨マークが付いていて、雨のトレランなんてしたことないっ!コワい!と、恐れていたのがウソのよう。当日はピーカンピーカン!

e0100044_2032512.jpg


雨対策でなく、暑さ対策が必要であった。
まあ、暑い方がよいけど、雨のトレイルなんて、コワくて下れない。

e0100044_20475540.jpg

スタート直前、同宿の2人と。

8時半スタートです!チップなどはありません。三々五々はじまります。
もっとも300人規模なので、大渋滞はありません。

関門は1ヵ所、10.3km付近。ここまではほとんどロード(舗装路)。
このレース、制限時間6時間とゆったりしているにもかかわらず、ここは1時間20分とけっこう厳しい。
9時50分までに通過しないと、ゴンドラ送りになってしまうのです。

普通のロードなら問題ないけど、登りとあらば、話は別。
10kmずーーーっと登りっぱなしの死のロードなのです。

しかし、密かにそれも楽ちんでいいかな、と思ったりして(^^;)。

1km走ったら、もう足がだるくなってきた。疲れるの早すぎっ(><)。

それでも、5km過ぎを34分で通過。あと46分あるから、なんとか関門通過できるのでは…。
という考えは甘かった。
そこからの登りがさらにきつくなり、ついに歩きが入りました。

前のランナーが歩くと、歩くハードルさらに低くなり、歩いては走り、走っては歩きの連続。

それでも、ようやく関門が見えた!
少しだけスピードを上げて、関門に急ぐと…

「関門時間過ぎました。ゴンドラに乗ってください!」というスタッフの無情な声。
5分オーバーだったのです。

え~、やっぱり自分の足で登りたかったよう。仕方ないのか。
脱力状態で、トイレに行って戻ってくると

「関門時間延びました!先へ行ってください」とのこと。

え、なんでや?と思ったけど、これがゆるさが最大のウリ?のこの大会のいいところ。

そんなわけで、ゆる~く関門突破!
おにぎりとバナナと水をもらって、いよいよ登山道へ入ります。

e0100044_21253390.jpg


しかし、ロードの10kmでほぼ足を使い果たし、バテバテでまったく走れません。
登山マラソンとはよくいったもんだ。ここから頂上までは完璧登山。
ずーーーっと歩いてました。

e0100044_2134469.jpg


途中には清水の湧くところもあり、ペットボトルに冷たい水を入れて、一息。生き返る~。

e0100044_21374656.jpg

こんな平坦なトレイルもあったんだけど、やっぱり歩いてしまった。

e0100044_21345981.jpg


さらに登ると、開けた地へ出た。お、頂上か?
道案内のスタッフに
「ここ頂上ですか?」
スタッフは、困った顔をして首を振り
「頂上はあの先だよ」
と遥かなる頂を指差したのです。
はは~、遠い…
「え~もう帰りたい」
「そういわれてもね、登らないと降りられないよ」
はい、すみません、思わずヘタレな弱音を吐いてしまいました(^^;)。
でも、こんなにきついと思いませんでした。て、単に私が練習不足なだけ?

ガレ場を一旦下り、それから登る。5m進んでは立ち止まり、一息いれるの繰り返し。なかなか頂上に近づかない。
這う這うの体で、やっと頂上へたどり着く。

12時20分。登山道に入って、2時間20分もかかりました。

e0100044_2224615.jpg

e0100044_21552334.jpg


頂上でランチ、おにぎりを食べようと思ったけど、帰りが心配になってきた。
というのは、駅までの送迎バスは3時に出る(1回きりしかない)。

汗みどろで、東京まで帰るのは嫌や。お風呂にも入りたい(宿泊施設で入浴できる)。
とすると、2時くらいまでにはゴールしないとアウトなのだ。あと1時間40分しかない。

そこに、昨日宿で知り合った埼玉のランナーさんが通りかかる。
2時までに帰りたいと話すと
「それならもう戻らきゃ、おにぎりなんか食べていられないよ」
近くにいたスタッフによると、「下りは3時間かかる」らしい(もちろん歩いてだけど)。
え~それは無理。私の力では2時間以上はたっぷりかかるはず。

「じゃ、リードするから戻りましょう!」とおにいさまランナー。
「あ、は、はい、じゃ、がんばりまっす」

そこからがこのレースのクライマックス。ここまでは単なる序盤戦であったのだ。

しばらくは、人1人しか通れないようなシングルトラック。
気を許すと、滑落しそうな道。
普段ハイキングコースとしてあまり使われてないような、草ボウボウの道。
道なき道を分け入り、先を進む。コワいけど、離されないように必死におにいさんの後を追う。

足に力が入らず、踏ん張りが効かないので、何度も滑りまくりコケまくり、全身を使って下りました。
おにいさんを何度も見失い、もうム―リーと思ったけど、その都度待っていてくれて、どうにか追い付きました。

最後の3kmくらいになって、やっと平らかなフカフカのトレイルが出現。そこを飛ばして飛ばして…。
やったあ、やっとロードに出た。

あとロードを1.5km。
これが厄介、登りがあるじゃないか。しかし、もう後わずか、ガマンガマン。

やっとやっと、ゴーーーール!

なんと2時ぴったりにゴール。1時間半ちょっとで駆け降りたことになります。
おにいさんがいなかったら、絶対に2時に戻ってこれなかった。
本当にありがとうございました。おかげでお風呂に入ることができました。結局、バタバタだったけど。

ちょっとはトレイルランした気分になりました(ってそうじゃないのか)。

タイムは5時間半。こんなにかかるとは思わず、安達太良山、甘く見てました。
翌日の筋肉痛ハンパなかったです。体中バッキバキ(><)。

当日はこのレース、ゆるトレと聞いていたのに、メチャきついじゃん(`o´)、もうコリゴリ!
と思っていましたが、一夜明けたら、なんだか楽しかったなとじ~んわり。
苦しかったけど、やっぱり旅ランはいいね(^^)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-08-29 22:20 | ランニング・トレラン
第7回安達太良山登山マラソン①
昨日に続いて連投。宿題に追われる子どものごとく…。
8月の出来事は、8月中に(マイルール?よく破っているけど(^^;))。

24日、安達太良山登山マラソンに参加してきました。

安達太良山を登るトレイルランです。距離は25km。
距離からすると中級程度のトレランですが、10kmの関門に引っかかると終わり…ではなく、ロープウェーを使って、頂上まで登っていいらしいのです。

それでも完走賞がもらえるし、順位の表彰もなしというゆる~いトレランと聞いて、それならヘタレトレランナーの私でも大丈夫かなと思って、出ることにしました。

23日に現地へ向かいます。会場は福島県大玉村の宿泊施設「アットホームおおたま」です。
ここへは郡山から在来線を使いますが、郡山まではバス。

遠征費は極力節約(でないと長続きしない)。なので、往復高速バスを使います。

バスは途中事故渋滞に巻き込まれ、30分遅くなりましたが、早めの時間にしたので、郡山では約2時間、時間ができました。

郡山っていつも素通りで、降りたことありません。せっかくなので、郡山観光をしようと思ったのです。
正直、寺社仏閣にはほとんど興味がないけど、洋館は大好き。

ネットで少し調べたら、郡山にもありました。
安積(あさか)歴史資料館と開成館。

安積歴史資料館へは観光案内所で聞いたら、歩くと40分くらいかかるといわれたので、仕方ない。ここは時間の節約で、バスを利用。

この建物は旧福島県尋常中学校本館。鹿鳴館造りのバルコニーが素敵です。
e0100044_1016864.jpg


ただ、中は東日本大震災による被害の修復中。見学はできるけど、雑然としてて、資料展示もほとんどなく。よって入場料なし。

9月6日にグランドオープンするらしいけど、間に合うのかいな。

e0100044_10251723.jpg
e0100044_10245920.jpg



そこから開成館までは、歩いて10分ほど。

e0100044_10245544.jpg

開成館は明治時代、区会所として使用された擬洋風建造物。ちょっと中国風でもあり、おもしろい。

e0100044_10253433.jpg

敷地内に開拓官舎や入植者住宅も再現されています。
お庭も整備されていて、きれい。

帰りはバスには乗らずに歩きました。節約節約(^^;)。
途中に、開成山公園こおりやま文学の森資料館、麓山の杜(公園)などがあり、郡山って、知らなかったけど、緑豊かな落ち着いたいい街でした。

駅に戻って、東北本線に乗り、本宮へ。
そこから送迎バスで、会場兼宿泊施設に向かいます。

部屋は4人の相部屋でしたが、1人はキャンセルのようだったので結局3人。ゆったり使えました。

ぼっち参加の人が多いので、こういう宿泊を伴うレースはラン友は現地調達です。
心細さはまったくなし(どこでも1人で行っちゃうけどね)。

夜は宴会というほどでもないけど、多少の挨拶があり、歓談。初対面の人とラン話で盛り上がり、楽しかった。

e0100044_10351753.jpg

これに鍋物が付いてボリューム感たっぷり。ビールなど飲み物付き。


e0100044_10363586.jpg


明日は心配したお天気も大丈夫そう。さあ、おやすみなさい。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-08-29 10:49 | ランニング・トレラン
夏の思い出―尾瀬②
2日目。

今日は尾瀬沼をめぐります。
マップ上のコースタイムを単純に積算すると、6時間以上かかりそう。早く出なきゃ。

8時出発。お天気はよさそう。

e0100044_1183241.jpg
沼尻目指して。

e0100044_119492.jpg

沼尻の休憩所はちょっとおしゃれ。名物という大福をいただきました(でも、ごく普通の大福でした><)。
パンもあったけど、そっちの方がおいしそうでした。

e0100044_11104948.jpg
e0100044_11112392.jpg

きれいに晴れています。順調です。

e0100044_11181345.jpg

尾瀬沼ビジターセンターへ。

e0100044_11185221.jpg

むかーしの小学校を思い出させる(若者は知らないだろうなあ)長蔵小屋。レトロな雰囲気がいいね。

またしばらく歩いて、三平下に着きました。
e0100044_1121251.jpg

e0100044_11224491.jpg

ここで早めの昼食。宿で作ってもらったおにぎりです。なぜか四角い(笑)
e0100044_11223937.jpg


ここから沼を離れ、峠越え。三平峠へ。
最後がちょっときつかったけど、無事一ノ瀬まで降りてきました。

ここから帰りのバスが出る大清水までは、後50分ほどだそう。
予定よりかなり早めで、バスの時間まではたっぷり時間があります。

しかし、期間限定で大清水のバス停まで試験運転ということで、無料送迎車が出ていたのです!
すでにバテていた姉はそれに乗るといいます。
でも、私はそれに乗るわけにはいかないっ!

というのも、実は私は4年前に尾瀬に来たとき、一ノ瀬から大清水までの山道でもない平坦な砂利道で、足首をしたたか捻って、くるぶしの先の腓骨を骨折してしまったのです。

ここを無事に歩いて、ある意味、リベンジがしたかったのです。今度こそケガなく、歩きたい気持ち。
送迎車、そりゃ楽だし、タダだし、惹かれはするけど、それでは自分の気持ちがおさまらない。

そうこうしているうちに、ありゃりゃ、送迎車が来てしまいました。
目の前に車が来ると、おさまらないはずの気持ちは、さっさとおさまってしまい、思わず乗り込んでしまいました。
あ~ヘタレな私(^^;)。。

e0100044_11363697.jpg


しかし、乗ったはいいけど、なかなか発車しない。
すると、ドライバーさんが
「あ~すみません、パンクです。代わりの車を呼びますから降りてください」

え~なんと~!(><)。仕方なく降車。

そうか、これは歩けということなのだ!と思って、姉をおいて、私だけ大清水まで歩いて行くことにしました。

e0100044_11391755.jpg

砂利道の林道。とりわけ、悪路ではない。

なんで、こんなところで骨折したんだろうと思いつつ、でも、油断大敵。ギクッとやらないように注意深く歩きました。

e0100044_11342245.jpg


大清水着。50分といわれたけど、30分で完踏!

やれやれ!

リベンジというほどのものではないけど、気はすみました。まあ、単なる自己満だけどね(^_−)。

しかしですね、足は大丈夫だったんですが、三平峠を降りる時、岩に手をつき、突き指したよう。
やっぱり尾瀬とケガは付き物?(><)

予約していたバスまで時間があり過ぎて、ベンチで昼寝したり、花豆ソフト食べたり(笑)。
e0100044_11383428.jpg


結局、父といったコースはわからなかったけど、とってもリフレッシュできました。
次は至仏山や燧ケ岳にも登ってみたいな。

2日目コース
見晴→沼尻→長英新道分岐→長蔵小屋→三平下→三平峠→一ノ瀬→大清水

オマケ。尾瀬の花々
e0100044_1145259.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-08-28 11:43 | ハイキング
夏の思い出-尾瀬①
8月の出来事は8月中に。やっと重い腰を上げて、宿題に取り掛かります(^^;)。

8月6、7日1泊2日で尾瀬に行ってきました。ささやかな夏休みです。

同行の志は姉。
ハイキングに目覚めた姉が「尾瀬に行きたい」というので、さして詳しくもないけど、4年前に行った私が、ガイドとなって、コース作成から山小屋や交通の手配など一切引き受けました。

実は子どもの頃、ハイキングが趣味だった父親に連れられて、尾瀬に行ったことがあるのです。
しかし、どういうコースで回ったのか、さっぱり覚えてません。

というか、当時は歩くのなんて大嫌い、山なんぞ何の興味もなかったので、半ばイヤイヤ。
コースなんてどうでもよかったし、そもそも、尾瀬が皆が行きたがる観光地だったことも、さして認識してませんでした。

しかし、歳とともに大嫌いだったハイキングを、まず私が好きになり、続いて姉も! 血は争えない?
そんなわけで、オバさんハイキング隊、レッツ・ゴ!

e0100044_936484.gif


折からノロい台風がウロウロしていたので、お天気が気になりましたが、尾瀬周辺はどうやら持ちそう。

足はバス。新宿から関越交通のバスで、戸倉山田まで、そこからハイキングコース入口の鳩待峠までは、シャトルバスが出ています。

ちゃんと接続しているので、ムダな時間がありません。
以前は新幹線を使って、バスに乗ったけど、こっちの方が安上がりで便利。おすすめ。

鳩待峠到着。

e0100044_9404876.jpg


ここから山ノ鼻へ。水辺は涼しい。

e0100044_1023268.jpg


山ノ鼻到着

e0100044_9492932.jpg


ここからが尾瀬のメインコース、木道を歩きます。

e0100044_9595327.jpg

燧ケ岳を望みます。

e0100044_1005491.jpg

逆さ燧。

雲は多めだけど、その分暑くなく、日焼けもしないので、ちょうどよいお天気。

e0100044_1075019.jpg

ところどころに設置されている熊ベル。これを鳴らして、人がいることを知らせます。

牛首分岐を経て、ヨッピ吊り橋へ。

e0100044_1091987.jpg


e0100044_10113665.jpg

東電小屋到着。
姉が「ここへ来た覚えがある」というので、おそらく通ったんでしょうね、私はまったく覚えてないけど。

e0100044_1013466.jpg

さらに歩いて、今日の宿泊地、見晴へ。

e0100044_10161836.jpg

今夜は山小屋に泊まります。

宿泊客は私たちだけ。オフシーズンなのかと思うくらい。空いていた。
お風呂もゆったり入れました。

見晴は山小屋いくつか集まっている場所で、カフェもあります。
早めに着いたので、カフェでお茶しました。どこぞのリゾートに来たみたい^^。

e0100044_10171217.jpg


夕食。年配のおじさんスタッフの手作り、おいしかった。
e0100044_10201881.jpg


夜はおじさんに教えてもらったホタルが飛び交うという場所へ。
少しだけど、本当にいました。
暗闇に浮かぶホタルの儚い灯りは、妖しいような不思議な雰囲気でした。

ホタル見物を終え、小屋に戻ったら、おじさんたちはもうオフタイムで、飲んでました。
そこに寄せてもらい、しばし歓談。おもしろい体験^^。

今日は早めに就寝。おやすみなさい。

1日目のコース:鳩待峠→山ノ鼻→牛首分岐→ヨッピ吊り橋→東電小屋→東電小屋分岐→見晴

e0100044_1021591.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-08-28 10:33 | ハイキング
上野公園元気早朝マラソン
もう10日近く前になりますが、8月3日、上野公園マラソンに参加してきました。
今年が第1回だそうです。

シーズンオフ(マラソンの)だけど、おなじみの上野公園を走るのもおもしろいなと思ってエントリーしました。

猛暑の中、そんなに長い距離は走れません。
距離は10kmと5km。費用対効果を考えると、10kmの方がお得だけど、やっぱり暑いので、根性なく、5kmをチョイス(^^;)。

5kmは7時スタート。

e0100044_10392394.jpg


コースは西郷さんの足元や桜並木道を通り、西洋美術館を回って戻る1周2.5kmコースを2周します。
早朝なので、木陰になっているところが多いけど、全然涼しくないっ、暑い!

もう5kmが限度、ヘロヘロになってゴール!

30分近くかかってしまった。やれやれ、暑いとはいえ遅ーいタイム。

完走証を受け取りに行くと、スタッフが「ちょっと待って」という。
後方から何か持ってきて、ひょいと渡してくれました。

何かと思えば、何とメダル。それも金色!

完走証を確認すると、年代別女子「1位」!
ひゃ~こんなに遅いのに、奇跡じゃーーー!

な~んて、カラクリを明かせば、年代別女子、3人しかいませんでしたー(;^^A。
全員メダルがもらえるのです。最下位でも銅メダルってわけ。年寄りの特権?

決して誇れる成績ではありませんが、それでも「暑い中、よく走りました」というご褒美だと思って、ありがたくいただきました。
金メダルもらうなんて、これが最初で最後だろうから。

e0100044_10525242.jpg


小規模ですが、なかなかユニークな大会でした。

スタートはチップ方式でなく、リストバンドを機械にタッチさせるショットガンスタートで、ゴールしたら、もう一度タッチさせます。
ネットもグロスタイムもありません。

スタート渋滞があっても、タイムロスが発生しなくていいかも。
ただ、タッチするのは1人ずつなので、後ろの方に並んでしまうと、なかなかスタートできません。

参加賞もTシャツやタオル、ゼッケン留めなど、5種類から選べます。私はTシャツを選びました。
早く終わるので、1日を有効に使えるのもよいね。

来年も機会があれば、出てみたいな。お気楽だし、近いし~^^
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-08-11 11:06 | ランニング・トレラン
| ページトップ |