いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
スマホデビュー!
ついに、とうとう、やっと…私もスマホユーザーになりました!

auユーザーではありますが、iPhoneではありません。へそ曲がりにもAndroidです。

ケータイだって、大して使ってないのに、スマホに乗り換える必要があるのかとは若干思うものの、やっぱりインターネットに気軽に接続できるのは、魅力。
外出先で検索したり、PCのメールチェックをしたいもの。

実はスマホを買おうと思って、販売店に足を運んだのは3度。

初めは8月。

そしたら、私のほしいと思っていた機種(エクスぺリア)では、ezwebメール(ケータイメール)が使えないんだと。
9月下旬になると、可能になるというので、10月まで待つことにした。

その間にauでもiPhoneが販売されることになり、さらにスティーブ・ジョブズの死去、iPhone4sの発売と、状況は一変。

Androidで、ほぼ心は決まっていたのに、気持ちは揺れに揺れ、一時今買うなら、やっぱりiPhoneしかないっしょ!とまで思い詰めてました。

しかし、いろいろ機能に差異があるらしい。う~ん、もう、どっちがいいんじゃ~!

そもそも、私がケータイで今まで使っていた機能は、そう多くない。
通話とメールとツイート投稿とオサイフ機能。大きなものはこの4つ。

よく聞いてみると、iPhoneではオサイフ機能が使えないらしい。これは私にとっては、かなりのマイナスポイントです。

初めはおっかなびっくりで使っていたオサイフ機能ですが、使いはじめると便利なので、今は手放せない。

特にジョギングでコンビニ給水するとき、小銭がなくても買えるので、重宝してるんです。

それと、メールがタイムリーでなく、15分かかるとか(どこかを経由するとか、詳細はわからんが)。
待ち合わせで、遅刻しそうなときとかは間に合わない(しょっちゅうないけど)。

う~む、やっぱりAndroidに戻るか。

ふたたび販売店。端末を手に取って見てみたら、液晶画面がワイドで薄くて、触り心地もいい。やっぱりこれがいい。

折しも、iPhoneの予約が殺到し、長蛇の列ができているときでしたが、ついにAndroidを申し込もうと、決意!

…が、申し込みには身分証明書が必要だった。
何も持ってなかった私は、スゴスゴと撤退。アフォアフォ><

そして、先週三たび販売店へ。

身分証明書(私の場合は保険証)を持ち、今度こそ申し込み。
左右のブースでは、みんなiPhoneを申し込んでいたけど、私はAndroid。

いいのいいの。初心者は、まずは日本仕様のスマホから慣れていけば。
iPhone5が出たら、乗り換えてもいいしね。

そんな訳で、スマホにしようと思ってから2か月。やっとやっと手に入れました↓

e0100044_1737486.jpg


しかし、各種設定が大変。

ケータイのときは、あんなに分厚い取説があったのに、スマホだとペラペラの紙が数枚入っているだけ。

すべてauサイトやグーグルさんに聞かないと、はじめられません。
アドレス帳の移動は、わりと難なくできたので、いい調子と思ったら、メール設定でスタック。

だって、サポートの画面のアイコンと同じものが、いくら探してもないんだもの。あ~でもないこ~でもないを繰り返し、時間だけが過ぎる…。

もおぉ~、おばさんにはできないっ!(+_+) なんで、こんなにわかりにくいの! 
本気で元のケータイに戻そうかな、と思ったくらい。

気が付けば、ご飯食べてなかった。お腹空いた…。
ちょっと腹ごしらえ。

お腹が落ち着いたら、ああ、ひょっとしてソフトウエアのバージョンアップをしないといけないのかも、と思い当たり、ダウンロードしてみました。

ああ、同じアイコンがついに現れました…(T-T)。

その後は流れに乗って、スムーズに設定でき、やれやれ。ふ~疲れた。

ツイッターで、Androidからツイートするには、Twiccaというアプリがお勧めと教えていただき、さっそくDL。
初日はそこまでで力尽きました。

次の日、オサイフ機能も起動させ、必要そうなアプリも少しずつDLしました。

オサイフは、今日無事コンビニで使うことができました。

まだ、わからないことだらけで、すっきりしないところもたくさんあるんだけど、何とか一時のパニックは脱して、徐々に慣れてきました。

三顧の礼をもってして(使い方違うか)、やっと私の元にやってきたスマホ。
だんだんかわいくなってきました^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-30 18:09 | PC・家電
フルマラソン、エントリー!
あ~、ついにエントリーしてしまいました。フルマラソン\(^o^)/。

荒川市民マラソン改め、「板橋Cityマラソン」です。

まだ来年3月の話ですが、ついについにフルデビューです。

ケガと故障ばかりでロクに走ってないけど、初めてロードを走ったのは、確か2009年3月。
それ以来、何度も止めそうになったけど(実際中断していた)、その都度よろよろと立ち上がって復活、なんとか続けてました。

大会にもぼちぼち出るようになりました。ハーフマラソンも走ってみました。

でも、自分の中では、やっぱりフルを走ってないと、一端の市民ランナーと認めてもらえないような気がしていました。

まだまだヘタレだけど、そろそろ一度くらいフルを走ってみようかな…。

デビューするなら、絶対メジャーで!(こういうところはブランド志向)と思い、目標を東京マラソンにしました。

来年は都大路を駆け抜けるんだ!と意気込み、プレミアム会員というセレブな名前にダマされて、会費を払い、抽選に当たるよう努力しました。

しかし、プレミアムとは名ばかり。優先的に当選するわけでなし、単なる応募機会が増えるだけ。
結局みごとに撃沈。ことごとくはずれました。

「イシハラの策略」にまんまと引っかかったわけ(金返せー!)。大して当選確率上がってないんです。
辞退者が出て、定員割れしたときに、もう1回抽選が行われるようだけど、もう期待してません。

来年早々のメジャー大会として、名古屋ウィメンズマラソンも選択肢にありました。

でも、こちらは3月11日。万一東マラに当たったとき、インターバルが2週間しかない。
ちょっときついなあ、なんて、今から考えれば取らぬタヌキさんしてました。

よく考えれば、2週間のインターバルでも、名古屋も制限時間7時間1分(1分は震災犠牲者への黙祷時間)なので、歩いたっていいわけだ。

こっちを申し込んでおけばよかったな、と後から悔やむ。
だって、参加賞がティファニーのペンダントなんですよ!

こうなったら、再来年はティファニーを目指すぞっ!(^^)。

そんなわけで残った選択肢は、板橋Cityマラソンになりました。

荒川の河川敷を走るコースなので、おなじみっちゃおなじみだし、単調で退屈っちゃ退屈なコースだし…。

でも、フルデビューのビギナー向きという話も聞きました。
エイドにシャーベットが用意されているというのも、魅力…(やっぱり最後の決め手は食べ物?)

エントリーは今日の9時から。これのために、取材を替わってもらったりした(ほんと(;^。^A)。
最近は人気大会はあっという間に、定員に達してしまうので、9時前からPCに向かい、スタンバイ。

9時前からエントリー画面を何度もリロードして、9時になったら、一斉のせいでアクセス。
けっこうスムーズに流れて、最後にエイッ!とポチ。申し込み完了!

ああ~ついにフルデビューです。
故障やケガをしないようにしなくちゃ。

こうやって、ブログに書いちゃったので、もう後戻りできません。
まずは控えめに完走を目指します!p(^^)q。

e0100044_2111124.jpg

岩淵水門。こんなところ走るのかなあ。

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-27 21:25 | ランニング・トレラン
長老はだれだ!
昨日、あるSNSのオフ会に出てみた。ランナー中心のオフ会である。

元来、私はムチャクチャ人見知りである。

初対面の人とすぐに打ち解けて、面白おかしくツッコミを入れたり、あるいは入れられたりができないタイプの人間。

ただ、人の話を聞くのは好きなので、同じ初対面でも、仕事のときは大丈夫なのだ。

でも、知らない人ばかりの集まりは基本ダメ。なかなかなじめない。
それゆえ、やたらな宴会にホイホイ顔を出したりしない。

昨日のオフ会は全員初対面。他のメンバーはほとんどが顔見知りで、何度もオフ会を開いている仲間同士。

人見知り人種にとっては、かなりハードルが高い。

上記ような性格のワタクシの帰結として、このオフ会は、普通なら参加しないであろう集まりだが、なぜか昨日は出かける気になった。

というのは、隅田川テラスを走るランナーの集まりだったので、どんな人が走っているのか、興味があったのだ。

それと催しが公園でのBBQという趣向だったから。最近アウトドア志向になりつつある私としては、これはやってみたいもののひとつだった。

午後、のこのこと会場に出かけて行った私。すでに10人ほどメンバーが集まっていた。
皆、気さくな人ばかりでホッとした。

材料は公園でセットメニューを用意してくれる。
牛カルビ、トントロ、チキンやトウモロコシにジャガイモ、焼きそばと食材は潤沢にそろい、調味料や鉄板、トングなど必要なものはすべてセットになっている。充実の内容だ。

しばし、カルビやトウモロコシなどを焼きながら、ビールを(少し)いただきながら、最初はワイワイと楽しく話すことができた。
もちろん、ネコ10枚かぶりではあるけど(カブリモノか)。

e0100044_1431145.jpg


宴もたけなわ、お酒もしこたま入ってくると、みんな口が滑らかになる。
だれが言い出すともなく、話題は年齢の話になっていた。コミュの最年長は誰だ?という長老探しだ。

真っ黒に日焼けした人が、自分が最年長だといい張る。
「もう子供は大学生だもんね」とのこと。ふ~ん、でも、いくつなんだろ?

みんな口々に「俺は○歳」とか「ボクの方がひとつ下だ」などといいあう。
女性は全員もっと若い(と思われる)ので、ツッコミを入れるだけで、自らの年齢には触れない。

そのどっちにも入れない私には、なんかや~な空気。

日焼け氏が「だって、俺、今度の誕生日が来ると、半世紀だもんね」とポロっともらす。

それを耳敏く聞きつけてしまった私。

じゃあ、私の方が上じゃん。半世紀なんてとっくに過ぎちゃったわい。
ということは、私がこのコミュの最年長?! 

もうこれでこの話は終わりにしてくれ、と思った矢先に幹事らしき女性が唐突に聞いてきた。

「○さん(日焼け氏)とゆららさんはどっちが年上なの?」

ドストライクの直球である。え、え~?

…ソンナコトドッチダッテイイダロ(`o´)ノ。

確かに会の初めに「私はオバサンですから~」とはいったけど、まさか知り合って何時間もたってない私に、この質問を投げるか。

なぜに、さして知りもしない人々を前に、歳をカミングアウトしなければならないのか。

…ソンナコトイウヒツヨウナイダロ。

「え~、上かもしれないし、下かもしれないし、アラフィーヌってことでいいじゃないですか」
とかなんとかいって、交わしたけど、後味の悪さのみ残る。

せっかく盛り上がりかけていたテンションが急速に冷え込んだ。
その後、すっかり無口になって、元の「人見知りゆらら」に戻ってしまった。

テンション下がりっぱなしで、夕刻、家にたどり着いた頃には、完璧不機嫌になっていた。
それで、ついツイッターにグチってしまった。すいませんね<(_ _)>。

まあ、堂々たる半世紀越えのくせに、私のオバサン純度が低くて、肚が据わってないから、こうなるんでしょう。

「あらあ、それじゃ私が最長老ってこと? やあだ~、ガハハハ~!」
みたいに笑い飛ばせればよかったんでしょうけど、それができない自意識過剰な性分なんで(汗)。

聞いた方も悪気はなく、単なる好奇心で聞きたかったんでしょうな。でも、若いって残酷。

SNSはそもそも若い人が多いから(たぶんツイッターも同じ)、そういったオフ会だと、どこへいっても最長老になりかねない。

これからは、もう少し年齢相応な肚のくくり方をしないといけないんだろう。
そのためには、オバサン純度を高めなくてはならないのかも。

…デモ、ドウヤッテ?
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-24 18:17 | ランニング・トレラン
タートルマラソン
今日は暑かった~! 

明け方は風が強く、雨も降っていましたが、その後グングン回復。

夏かと錯覚するような日差しが照りつけたこんな暑い日に、タートルマラソンの10kmに出場しました。

この大会は、ほぼ私の地元で開催される大会。荒川河川敷のコースです。
なので、会場までのアシはチャリで十分。
今シーズンは交通費がかからない大会はなるべく参加しようと思っているので、迷わずエントリーしました。

この大会、今年で40回だそうで。ということは40年もやってたの?! 
全然知りませんでした。関心がないって、恐ろしい><。

しかし、膝小僧のケガの治り具合が今ひとつ。打撲は大したことなかったけど、傷はグジュグジュしてて、ずっと浸出液が染み出てくる状態。

ぴったりしたジーンズをはくと、傷が押さえつけられて痛くて、曲げられない。正直、昨日まで欽チャン走りでも痛かったくらい。

これで走れるのか、はなはだ怪しかったけど、会場に行くだけは行く。
参加賞もらわないとね。

e0100044_20315410.jpg


チャリでのんびり会場入り。

しかし、ワタクシはヘンなランニングスタイルです(一応走る格好はしてる)。
タイツを履くと傷が痛いのでやめて、かわりに7分丈のジャージ。
それも傷に当たらないように、片足だけ膝までロールアップしている。その上にランスカ。

うう、カッコわりぃ><。

実は、荒川河川敷を走る大会は年末にもあるので、ここで無理して走らなくてもいいかな、と会場に着いてからも、トイレに並んでる間も考えていた。

けど、結局走るんだよ。止める勇気なんてないもんね。

10時50分スタート!(10kmです)

走る始めると、意外と痛みは感じない。脳内麻薬が出て、マヒするのかな?
しかし、もっと思わぬ敵が…

ジリジリ照りつける秋とは思えぬ日差し。そう、暑さです。焼けそう><。

それでも、折り返しまではkm/6分の早くはないけど、ほぼマイペース。
しかし、後半はガクンと超スローペースに。もう、いつものダラダラした走りに戻り、後続のランナーにガンガン抜かれていく。

苦し~。弱気になってくると、膝も痛くなってくる。

熱中症か、倒れてコースアウトしているランナーもいる。
「歩けばいいじゃん、暑いし、調子悪いし」と悪魔がささやくけど、
「フルでもないのに歩くの?だらしない。『そして最後まで歩かなかった』(村上春樹)を目指してるんでしょ」と、叱咤する天使。

は、はい、そうだ、そうでした(汗)。

そんな葛藤を繰り返しているうちに西新井橋を越え、千住新橋が見えてきた。あともう少し。
最後少しだけペースアップ!

ついにゴールー。

きつかった~!暑かった~!

正式タイムは後日郵送なので、わかりませんが、自分の時計だと、1時間4分くらい。
初レースでこの河川敷を走ったときのタイムよりも遅い。
まあ、完走できただけで良しとしよう(いつもそれだな)。

ふ~、また一から出直しです。

しかし、こんなに人が出ている! けっこう大きな大会だったのね。

e0100044_2056351.jpg

ジム関連のランナーさんが場所取りをしてくれたようだけど、その場所すら確認できず、ミスミート。
ツイッターのフォロワーさんもたくさん出場していたようだけど、まったくわからず。

終わった後、かき氷(コーラ味です)を食べて(まさか10月にかき氷を食べるとは)、さっさと帰ってきました。

e0100044_20594569.jpg

帰ってから風呂って洗濯もしました^^。会場が近いのっていいわ~。

参加賞はシンプルな白のポロシャツ。

e0100044_21113182.jpg


参加賞にポロは珍しいけど、わりとよさげ。セーターと組み合わせれば、普通に街で着られそう。

来月はレースはお休みで、次は12月。
今度こそケガなく万全の状態で走りたいです。いつも言い訳ばっかりなんだもの( ̄. ̄;) 。

>>今朝のニュースで
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-16 21:25 | ランニング・トレラン
奥日光ハイキング
転んだり、よけいなことしていたので、日にちが前後しますが、今週の日曜日の9日の話、まだ書いてませんでした(汗)。
これ以上先延ばしにすると、アップできなくなりそうなんで。

e0100044_16414145.gif

「秋になったら、日光へ行こう」

訳もなく、そう思っていました。
日光なら、電車の種類にもよりますが、家から乗り換えなしで行けるのです。特急使わないから、時間はかかるけど。

御岳山に1人で行って以来、すっかり単独行の気楽さにハマってしまったワタクシ。今回も1人ハイク、行っちゃいます(^^)/。

当初、龍頭の滝~湯元温泉までのハイキング行程でしたが、出がけに見た新聞に、先の台風で小田代原に湖が出現しているという記事が載っていたので、俄然ここにも寄ってみたくなりました。

でも、道がよくわからない…ま、行ってから考えればいっか。1人の気楽さで行き当たりばったりです。

まずは電車でGo、日光へ。
車内でツイッターを見ていたら、こちらのブロ友(のこさん)さんも、「奥日光に行きます」とツイートしているではありませんか。

ひゃ~、ひょっとして同じところ?

何度かのツイやメールで、確認すると、どうも同じ方向のよう。
でも、のこさんご夫婦が中禅寺湖に着いた頃、私はまだ電車の中。時間帯が全然違うので、会えるかどうかなんて、その時は考えてなかった。

9時半、日光駅到着。ここまでは順調。

e0100044_1658493.jpg


ここから龍頭の滝まではバス。通常なら1時間くらいだけど、掲示板には70分とあった。

全行程3時間として、これならまあ、10時40分くらいスタートとしても、2時には湯元温泉について、温泉入って、時間があれば、市内によってお茶したりできるかな、などと、後から思えば、甚だツメの甘~い幻想を抱いていた。

乗車してからほどなく渋滞に捕まる。市中も大混雑。しかし、こんなの序の口。
この後、にっちもさっちも動かぬ横綱級の大渋滞が待っていたのだ~!

のこさんからのメールによると、すでに湯元に着いて、そこから小田代原を目指すという。この時点で会うのは難しいかな、と思っていた。

10時40分。
到着予定時間だが、全然進んでない。こりゃ着くのは、11時半?と思ったけど、まだまだ甘い。
いろは坂の渋滞は、噂に聞いていたけど、こんなに凄まじいとは(゚ロ゚;)。あんまり深く考えずに出てきてしまった愚かなワタシ(汗)。

11時30分。
こらもう当初の行程を歩いていたら、日が暮れちまうて。
赤沼まで乗って、小田代原だけ歩こうか、それとも龍頭の滝を見ただけで帰ろうか、頭ん中グルグル。でも、決められない。

ああ、お腹もすいた。なんだよ、バスの中でランチか。
さすがに、それはシャクなので、行動食用に持ってきたグミをほおばる。

12時。
「あ~いったいいつ着くんだろう? 今日、私は何しに来たのかな? バスに乗りに来たのか」などとブツブツ独り言をいいはじめる(アブない)。

12時45分。
いい加減キレかかった頃、ようやくようやく龍頭の滝に到着。

ここで降りずに、赤沼まで行こうか、でも、滝も見たい。
迷ってたけど、みんなが下車するので、つられて一緒に降りてしまった(笑)。それにバスの乗るのも飽きてたし(-_-;)。

e0100044_17131190.jpg

ここまで来るのに、なんと3時間15分かかりました。普段の3倍><。

しかし、龍頭の滝はそのイライラも吹っ飛ぶ美しさでした。水量が豊富で、豪快かつ流麗な流れで、紅葉も見頃でした。

e0100044_2175728.jpg
e0100044_17151266.jpg

e0100044_1718344.jpg


さ~て、どうするか。ここから湯元を目指すと、日が暮れるか。でも、急げばぎりぎり4時頃に着くかも。
行くなら、待ったなし。

え~い、行っちゃえーー!

長蛇の列だったので、トイレもパスして、1時スタート。
まずは小田代原を目指します。

山道ではなく、フラットなとっても歩きやすい道。
こりゃ~いいわ、と歩くスピードを上げて、先行く人をガンガン追い越し、先に進みます。
e0100044_1721590.jpg

e0100044_17212279.jpg


とそこへのこさんからのメール。小田代原辺りにいらっしゃる模様。
え~ひょっとするとひょっとすると、会えるかも。

でも、まだ遠い。よーし、猛チャージ!

調子こいて、いつかやりたいと思っているトレイルランの練習!とばかりに走ったりしました。
フラットな道なので、気持ちよかったけど、トレッキングシューズで走るのは、あんまり薦められないですな。
靴が重いので、転ぶ可能性あり(てか、転びの女王のアンタにいわれたくないって?)。

e0100044_1732465.jpg


男体山? 
風景が美しくて、歩き時々走り時々ピクチャーストップ。午前中は雲が多かったけど、晴れてきました。

e0100044_17332582.jpg

小田代原です。すすけた感じが渋い味わい^^。

2時前にバス停兼休憩所が見えてきました。ここで遅いランチ。
そうだ、のこさんたちはどこにいるんだろう?とメールを打とうと思ったら、着信。

「バス停にいます」と。え、バス停って?!

「ゆららさ~ん!」

との声に振り返ると、なんとのこさんが!
おお、やった~!

日光に行くことを申し合わせたわけでもなく、さらにバスの遅れとか、のこさんチームの行程変更とか、本当にいろいろな偶然が重なって、奇跡のような久方ぶりの再会が果たせたのです。

ダンナ様といらしていたので、ブログ用のツーショット(後ろ向き)を撮ってもらいました(笑)。ありがとうございました。


左がのこさん、右が私。
e0100044_17493624.jpg


束の間の再会を喜び合いちょっと休んで、分かれました。のこさんチームは赤沼へ、私は湯元へ。

e0100044_17525886.jpg

↑撮影はのこさんのダンナ様です


本当に水がなみなみとあふれ、木道にも押し寄せてました。
e0100044_1755699.jpg


e0100044_17553458.jpg


あ、ちょっと書くの疲れてきた。読む方もお疲れですね。写真を並べハショリます。


↓湯滝。水量豊富で迫力があります。

e0100044_18214990.jpg


湯滝のお茶屋で休憩。アユの塩焼きをいただきました。

e0100044_18234833.jpg


↓湯ノ湖
e0100044_18242441.jpg


ついに湯元温泉着。4時ごろです。
e0100044_1824517.jpg


ここで、またまたのこさんに会いました。というのは、車を湯元の駐車場に入れていたので、バスで戻って来られたんですが、そのバスがベタ遅れしたとか。

2度目の奇跡、ご縁がありましたー。

私は所期のプラン通り、湯元の旅館で温泉に入って、汗を流して帰途につきました。

帰りのバスは2時間、まあ、いい方です。
バスの運転手さんが電車の時間に間に合うように、最後の方すっ飛ばしたので、電車との乗り継ぎ時間3分。おかげでトイレにも行けず、お土産も買えませんでした。

でも、いいや、日光ならまた来れる^^。

行きは5時間15分、帰りは4時間40分。1日のほとんどが移動時間><。やたら長くて疲れたけど、のこさんに会えるというサプライズもあり、あんまり苦にならなかった。

いや、すんごい楽しかった(*^^*)。また行きたいなあ、渋滞さえなければ(笑)。

e0100044_18322531.jpg

長々お付き合いありがとうございました。
おしまいでつ(^o^)ノ

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-15 18:58 | ハイキング
朝ランで転びました
今朝の朝ランでの出来事です。

いつもの隅田川テラスですが、なんだか調子が出ないので、白髭橋で引き返そうと思ったけど、交差点の信号がたまたま青だったので、それじゃ桜橋までと色気を出したのが運のツキ。

桜橋のたもとに草野球場がありますが、その球場に沿って、土の地面の小路が作られています。

膝やカカトの故障を考えると、コンクリより土の方が負担は少ないので、100mもないくらいの小路ですが、最近はそこを通るようになりました。

ここを走ると、プチトレイルランの気分が味わえるので、お気に入りの小路だったんです^^。

桜橋を折り返して、小路をるんるん(古い)走り終え、舗装路へ戻ろうとしたとき、何かにケッつまづきました。

アッと思った瞬間、もう止められない。
体が空中に投げ出される感覚で、掴まるものもなく、スローモーションのようにそのまま舗装路に叩きつけられました。

通りがかりの人、数人に「大丈夫?」と思わず聞かれるくらい派手な転び方だったようです。
こういうのは、派手にする必要ないのに。
これまで何度もコケまくっているけど、覚えている中では、一番悲惨だった気がする。

どうも木の根っこに、足を引っかけた模様。

カッコ悪いので、すぐに立ち上がったけど、左膝、左肘が痛い。見ると、タイツが破け、すり剥けていました。
膝小僧を赤剥けにしたのなんて、何年ぶりか。

e0100044_13165944.jpg

肘はぶつけただけですり傷はなかったけど、左手の甲もすりむいていました。

思うに左半身を下にしてコケたんでしょう。でも、右膝も痛いので、ひねったかもしれません。
ただ、元々故障のある右膝をぶつけなかっただけでも、よしとしなければ(やっぱりぶつけてたみたい、青アザでした)。

痛いのもさることながら、タイツがちぎれたのも痛い。まだ、何度も使ってないのに。タイツって高いのよ><。
これって繕って使えるものなのか?

折り返し地点だったので、帰りが大変。もう走ることができなくなり、ひたすら歩き。
結局、5km近く歩いて帰らざるを得ませんでした。トホホ(◞‸◟)。

途中、コンビニの入っているビルでトイレを借り、水道で傷口を洗い、やっとの思いで家にたどり着きました。

もう一度流水で泥を洗い流し、この間ササクレでもらった消毒薬を塗っておきました(おお、さっそく役に立つ!)。

傷は擦り傷なので、大丈夫だと思いますが、どうもあちこちぶつけたようで、明日は体が痛くなりそう><。

そういえば、去年骨折したのも10月だった。10月は鬼門か。
それとも歳のせいで注意力が散漫になったのか…ううむ、そう思うと、ちょっとユウウツ(+_+)。
プラス、超ド級のドジのせいもありますが…(汗)。

日曜日に大会があるんですが、ワタクシは走れるんでしょうか?


大したケガではないけど、記録としてエントリしました。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-13 13:34 | ランニング・トレラン
しろくま見物
3連休、秋晴れに恵まれ、と~ってもさわやかでした。今日は暑いけど(汗)。
雨が夜だけっていうのがよろしい^^。

これは3連休初日8日のこと。
タイトルを見て、また動物園に行ったのか、と思った方、ブー、はずれです。

e0100044_1822093.jpg

お台場の潮風公園で開催されたリレーマラソンに行ってきました。いえ、参加したわけではありません。
ツイッターで知り合った「しろくまちゃん」が出場するというので、駆けつけたんです。

ツイッターで見かけて以来、しろくまファンになったワタクシですが、その姿はこれまでネット上でしか、拝見したことありませんでした。
しかし、やっとこの大会で、「生しろくま」が見られるというのです!

そう、しろくま見物(笑)。

会場に着いたときは、しろくまちゃんは、「中の人」になってました。あれれ、いきなりでちょっとびっくり。

走った直後、汗だくの中で申し訳なかったけど、さっそくしろくまちゃんに変身してもらいました。

じゃん、これがしろくまちゃんです!

e0100044_18274036.jpg
「ハジメマシテ」

あの~、決してリラックマではありません。あくまで「しろくまちゃん」というオリジナルキャラクターです。お間違いなきよう(笑)。

こんなポーズもサービスしてくれました。

e0100044_19124731.jpg
「ハーイ! 元気?」


そして、念願のツーショット! キャー、かわゆい! なでなで

e0100044_18354147.jpg

まっこと、韓流スターに群がるおばさまのごとし(;^。^A


しろくまチームには、もう1頭しろくまちゃんがいました。右のしろくまちゃんは頭が小さいですね~(笑)。
e0100044_18332580.jpg

リレーマラソンも終盤。しろくまちゃんが走りだしました。

e0100044_18364859.jpg

子供たちにも大人気。愛嬌を振りまいて走ります。
頭はそんなに重くないとのことだけど、ちゃんと走れるんだ、と感心。

走る姿がなんともマヌケで、いや、あのその(^^;)…、かわいい。

しかーし、周回して戻ってきたら、たいへん、なんと耳が!

e0100044_18391540.jpg

耳の負傷です。片耳のしろくまちゃんになっていました。
お~い、だいじょうぶかぁ。


当初、ワタクシはしろくまファンということで、「中の人」にはお会いせずに帰ろうと思っていたんですが、やっぱり会えてよかったです。
ちなみに中の人は、すごい速足のランナーらしいです。

しろくまファミリーの方々(存じ上げない人もたくさんいるけど)にもお会いできました。

動くしろくまちゃんを目の当たりにできて満足、むふふ(*^^*)。
思った以上に、真っ白でとってもフワフワ、そしてデカかった!

突然、押しかけて失礼しました。ありがとうございました<(_ _)>。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-10 19:02 | ランニング・トレラン
ケーク・サレ
少し前、NHK Eテレの料理番組で、小嶋ルミさんがケーク・サレをつくっていたのを見ました。
ケーク・サレとは、砂糖の入ってない塩味ケーキのことです。

わ~おいしそう、と思ったけど、レシピをメモするのが面倒で流してしまった。
テキストを買うのもシャクなので、ネットで探したら、似たようなレシピがあったので、さっそくパクリ(笑)。

細部が若干違うようですが、基本は同じ。小麦粉を入れたら、3本の菜箸できっかり35回かき混ぜること。
この通り作ってみたら、ドンピシャで上手く焼けました。スゴ技レシピです。

e0100044_19454796.jpg

フィリングは適当にアレンジ。私はタマネギとジャガイモ、アスパラ、シメジ、ハムをいれました。粉チーズもたっぷり使います。


切り口はこんな感じ↓

e0100044_19484788.jpg

よく見ると、偏ってるね(汗)。


アスパラは長いまま入れます。番組ではブロッコリーをどっさり入れてたから、なんでもいいみたい。

甘くないので朝ご飯向き。ビールやワインのおつまみにもよさそうですよ。

レシピはこれです。

>>健康診断
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-04 20:10 | お菓子・レシピ
白井梨マラソン2011
白井梨マラソンに行ってきました。今回は短く10kmです。

前日に膝は痛いわ、古傷の足首も痛くなるわ、で調子は最悪だったけど、湿布して寝たら、どうやら大丈夫そうな雰囲気。

行けば何とかなるか。んじゃ、行ってきます!

天気は曇り、肌寒いくらい。でも、このくらいの方が走りやすいし、日焼けもしないですむし(最近急に日焼けを気にする私)、上々のコンディション。

駅へ着いてわかる、「白井」の読み方。
私はずっと「しらい」と読んでいました。周囲にも「しらい梨マラソン」に出るといっていた。
ところが、電車で、「次は~しろい~」との放送しているではありませんか。
あらあ、「しろい」だったのね。地元の皆さん、ごめんね<(_ _)>。

と、どうでもいいことから始まった梨マラソン。
何しろ「梨食べ放題」と聞いて、エントリーしたんですから、いっぱい食べるぞー!(目的はそれかよ)

会場に着きました。人がいっぱい。

e0100044_19405185.jpg

でも、荷物預りもないし、更衣室も小っちゃいテントだし、なんだかのどか。

e0100044_19413479.jpg

スタートも10分前くらいに放送があったきりで、ザワザワっと集まって、ドヨドヨっとスタート。
お~い、なんだか知らないうちに始まっちゃったよ。
だいたいどこがスタート地点なのか、よくわからなかった><。

スタート直後は日差しも出てきて、暑いくらい。

お猿の着ぐるみや梨の被り物の仮装ランナーがいました。
お猿ランナーは、沿道に応援の人がいると、お尻をかくというパフォーマンス付きです。えらい!芸が細かい。
子供たちに「猿!猿!」と大人気、ええなあ。着ぐるみはご免だけど(笑)。

初めて裸足ランナーも見ました。女性2人、けっこうオジサンたちに話しかけられていました。裸足のアイドル?!

ゆるジョグで始まったレースだけど、自分なりの目標はありました。
まだ、私は10km1時間の壁を破ったことがないので、今度こそ念願の1時間切りしたいと思ってました。
できれば、58分20秒でフィニッシュしたい!

なんで、こんな中途半端なタイムなのかというと、5分50秒/kmで走ると、このタイムになるから。

しかし、このゆるさだと、無理? そろりとスピードを上げてみた。

5km地点28分22秒。おお、なんだか行けそう。明るい希望が…

途中、給水所ならぬ、給梨所があった。
しかし、梨は給水にはならないことがわかる。モゴモゴして、走りながらは食べにくいし、喉の渇きを潤すまでには至らず。
水が飲みたい…。

結局、純粋な給水所は2か所。今日は暑くなかったのでいいけど、暑い日だったらきついよな。

多少アップダウンのあるコースだったけど、田沢湖のきつい上り坂を思ったら、なんのその。人間の慣れっておそろしいもんです。

あと1km。手元の時計で51分ちょっと。残りを8分かけても1時間切れるな~と気持ちが緩みそうになる。
ダメダメ! 気を引き締め直して、走り続ける。

ゴール!

手元の時計では56分台だったけど、記録は57分29秒(グロス)。やった~!
目標の58分20秒も上回った~!(T-T)。

ツイッターのランナーさんが見たら、お話にならないくらい遅いタイムだけど、私にとっては自己ベスト。
とってもうれしい(*^^*)。

終わった後は、お楽しみの梨食べ放題。

e0100044_2012351.jpg

撮影したのは、レース前だったので、閑散としているけど、レース後はすごい黒山の人だかり。蟻のごとし。

e0100044_20131842.jpg

山盛りになっているけど、あっという間になくなってしまいました。

私も10ピースくらい食べて、お腹いっぱい^^。ここの梨は新高という品種で大きいのです。

しかし、梨販売のブースはレース前しか開いてないので、おみやげにできなかった。
なんでぇ、店じまい早過ぎるよ。
いいもん、特産品なんだし、年に一度のお祭りなんだから、駅前にも販売所くらいあるでしょ。

と思ったが、何もなかった…。

しかし、私は諦めない。目ざとくスーパーを発見。ここなら絶対売ってるはず。
やっぱりあったあった!千葉産の新高。1個170円くらい。
あり?会場のは3個1000円だった。

e0100044_20182065.jpg

大きさも同じくらい。モノは違うのかもしれないけど、ちょっと得した気分~♪

参加賞はタオルと新高の梨1個(←書き忘れてました)。
タオルの入っているビニール袋には笑ってしまった(笑)。お年賀じゃないんだからさ。
e0100044_20201798.jpg

中身は普通なので、十分使えそう。

e0100044_20205143.jpg


私も徐々に大会に出るようになって、そのシステムが多少なりともわかってきました。
同じようだけど違う、いろんな大会があるものなんですな。

今回の大会は、会場の食べ物ブースが少ない(イカ焼くらいで昼飯にならん)とか、梨販売が異常に早く終わってしまうとか、シャトルバスが少ないとか、給水にスポーツドリンクがないとか、人気の割にはローカル感漂う大会でした。

のんびりしていて、それはそれで好きなんだけど。
白井は家から思いのほか、近かったので、また出てもいいかな、と思いました^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-02 20:56 | ランニング・トレラン
ササクレで3000円
急に涼しくなって、水仕事で手が荒れ始めました。

右手の中指のササクレをピュッと剥いたら、それからずっと痛い。どうやら化膿したよう。ジクジクしてる。

なかなか痛みが治まらないので、薬局で抗生剤入りの軟膏を買ってきた。1000円程度。
でも、痛い。ズキズキズキズキ…。脈に合わせてドッキンドッキン。

化膿するとは免疫力が落ちているのかなあ。これも加齢によるものなのか。

中指なので、箸が持てない。蝶番の役割である中指が使えないので、薬指で代用するも、小さな物がつかめない。
「箸の持ち方のおかしいヤツ」になってしまった。

PCのキーボードも中指は使いづらく、人差し指や薬指でカバー。でも、不便だー><。

指の傷なんてそのうち治る…はずなのに、そんな状態が4、5日続く。痛いよぉ(´-`)。

そのとき、ブロ友さんに「痛いようなら、外科へ行ったら」というコメントをいただく。
え~、医者?! 指の傷で行くなんて、考えもしなかった。

急にクリニックへ行くという選択肢が浮上。
しかし、この程度で行くのは気が引けるので、ちょっと離れた初めてのクリニックへ行ってみた。
一応、外科が専門らしいところ。

診断は「ほっとくしかない」とな。は~そんなもん。

私は、大した症状でもないのに、クリニックに来る歓迎されざる患者?
いや、そんなことないはずだ。簡単な診断で初診料いただける上客なんじゃ? 
恐縮する必要はないよな、なんて思ったりして。

消毒薬と抗生物質を処方してもらいました。
イソジンだったけど(笑)。

今日はだいぶよくなりました。
クリニックに行かなくても、治ったでしょうが、安心という点では行ってよかった^^。
ブロ友さん、ありがとうございました。

結局、診療費と薬で2000円なり。市販の軟膏と合わせると、3000円もかかった。
たかがササクレ、されど、侮れない出費ですのだ。

e0100044_21183592.jpg

マイ治療キットです。

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-10-01 21:41 | 健康
| ページトップ |