いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
パンダ見物
暑いですねっ!
あれ、明日から10月ではありませんか。
しかし、明日からは平年の気温に戻るといいます。夏と秋の間を行ったり来たり、三温四寒?

e0100044_2112334.gif

上野動物園の無料券をもらっていたのを忘れてた。期限を見たら、今日まで。

あらあ、もったないない。

でも、どうせもらったものだし、ま、いいか、と思ったけど、こんな機会でもない限り、パンダを見ることはないだろうな、と考え直した。

幸い、今日は出かける用事があり、その前にちょっと寄れそう。早めに家を出て上野へ。

上野動物園なんて、何年ぶりか。

子供の頃は毎週来ていた。ウチから電車で15分、未就学児はタダだったもんで。
直近は甥や姪が小さかった頃。たぶん15年くらい前。

入園して、パンダ舎はどこ~?と思ったら、入場口の目の前にあった。

e0100044_20385462.jpg

さっそく入ってみた。さして込んではいない。

混雑はしてないけど、パンダが見え始めるところで、前のカップルが写真撮影にやたら時間をかけられて(手間取りやがって)、なかなか動かない。
「あっ、ごめん、パンダはうまく入ってなかった」
「あ~、目つぶっちゃったじゃない。もう1枚」
…はいはい(早くしろよ、見えねーよ!)。

気の短いオバさんは、トロい彼らをとっとこ追い越して、パンダとご対面。


最初はメスのシンシン。

e0100044_2040063.jpg

寝てるぅー。


見るなり「かわいい~!」と声をあげている人もいたけど、ううむ、どう見ても、かわいいとは思えず。ふてぶてし過ぎ。

コンデジのズームを最大にして。
e0100044_20514260.jpg

こんな体勢で、よく寝られるもんだ。


次はリンリン。

e0100044_20524013.jpg

よく見えないけど、こっちのポーズの方がかわいいか^^。

パンダは、初代(カンカン・ランラン)をよく覚えています。
高校が上野にあったので、ホームルームに見物に来たんですわ。遠い昔~。

そのときも寝てました。
なので、パンダというと「寝てる」印象しかありません。夜行性だから当たり前か。

だいたいホンモノのパンダはでかくて、あんまりかわいくない気がする。ぬいぐるみの方が萌え~かも。
仔パンダはムチャクチャかわゆいけど。

次の予定があったので、パンダ舎を出たら、すぐに動物園を後にしました。滞在時間20分程度。
お猿や象も久々に見ればよかったかな、と少し後ろ髪惹かれました。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-09-30 21:11 | お出かけ
しつこくゴーヤ
またまたゴーヤネタ。しつこくてすんません<(_ _)>。
それしかネタはないんか(ないんです)。

まだまだ収穫できます。こんな勾玉タイプも。

e0100044_20524656.jpg
育ちそこないですけど…。


あれからブロ友さんにいただいたアイデアの浅漬けを作ってみました。

e0100044_20412057.jpg

これは旨い! ショウガとミョウガに、彩りにニンジンなど入れてみたんだけど、ヒットです。
これなら、たくさん作っても数日持つので、重宝します。

酢味噌和えもやってみたけど、こちらは微妙なお味。甘味噌の方が相性はいいようで。
今日はゴーヤと豆苗、ツナの塩炒め。これもおいしゅうございました。
ゴーヤチップスも惹かれるけど、どうしようかな~。

はい、すっかりゴーヤ料理研究家です(笑)。

しかし、い~加減飽きてきた(+_+)。

しゃーない、あとはジュースだー!
ゴーヤは5㎝くらい。それにバナナとゴマと黄粉と豆乳を入れて、ガーッとミキシング。
ゴーヤを軽くチンしたので、苦みが抑えられ、おいしく飲めた。毎朝飲んでも大丈ブイ(^^)vぽいです。

でも、こればっかり食べてて、手足が緑色になってきたら、どうしよ(バカな)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-09-28 20:55 | 料理・レシピ
焼きゴーヤ
3連休、特に外出予定はありません。お墓参り程度、おとなしくしています。

庭のゴーヤもそろそろ終わりかけ…と思ったら、ここへ来てたくさん実を付けています。
細くて小さいものばかりだけど、せっせと食べています。

チャンプルー、肉詰め、ピカタ、サラダ、ケーキなどいろいろ作ってみたけど、レシピが尽きてきました。

ネットで検索していたら、「焼きゴーヤ」なるものが引っ掛かりました。正しくは「焼き浸し」ですけど。

さっそく実践。

ゴーヤを縦に切ってワタを取り除き、網焼きします。

e0100044_19163595.jpg


イボイボに焦げ目がつくまで焼いたら、ポン酢を出汁で少々割った漬け汁にチャポン。
一味を振っていただきます(写真はかかってません)。

e0100044_19251079.jpg

はっきりいってすんごく旨い!というものではないけど、目先が変わって箸も進みました。
酒の肴向けかもね^^。

台風の被害というほどのことではありませんが、ゴーヤが落ちました。
あまり傷んでないので、これも食べねば。今度は薄切りにして肉味噌と和えてみようかな、と思っています。

まだもう少しゴーヤメニュー続きそう。
とっておきのマイレシピがあれば、教えてくだされ^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-09-23 19:27 | 料理・レシピ
田沢湖マラソン②
18日未明、雨の音で目が覚める。
やっぱり夕べの祈りも空しく雨の朝を迎えました。

朝食は6時半だけど、5時半ごろからゴソゴソ起きて準備。
時間になったので、朝食を食べに食堂へ。

宿のオヤジさんとちょっと立ち話。
「大会は開催されるそうですよ」との言葉を聞いて、ホッとしたような、やっぱり雨の中走らないとならないのか、とちょっとガッカリしたような。

部屋へ戻って、ガッチリ膝のテーピングをして、いざ出陣。
「がんばってくださいね」とエールを受け、宿を出たものの、う~ん、たぶん、がんばれないよ…。

でも、バスに乗るときは、奇跡的に雨が止んでた。
遠くの空が明るいところもあり、おお、いいぞ、このまま何とか持ってくれ~!

と思ったの束の間、ザーっと降ってきた。気分失速、ひゅるるるぅ~。と思ったら、間もなく止む。

どうやら、降ったり止んだりの気まぐれ天気のようです。
でも、土砂降りを覚悟していた身には、一条の光が見えてきた思い。

大会会場着。

この大会は、荷物預り所が会場にはなく、近隣の指定されたホテルなどを利用する。
入浴込み500円で預かるシステム。

指定施設は数か所あるが、会場脇の旅館が一番近いので、とりあえずそこへ向かう。

しか~し、荷物は預かってくれるが、入浴は男子のみで、女子はダメなんだと。なんだと~!
女子を受け入れるのは面倒なのか、会場では事前にそんなアナウンスなかったぞ!

ったく、プチ腹立ち(`o´)ノ。

ここはアカン、と見切りをつけ、出ようとしたとき、3人組の女性が入ってきたので、「ここ、女性の入浴はやってないらしいですよ」と教えてあげる。
「あらあ、そうなの。じゃ、他へ行かなくちゃ。あとはロッジとK施設よね」と女性。

K施設…そこって、昨日レストランに向かう途中に見かけた、あのお城のような宗教団体の施設じゃないの。

その施設は、確かに大会の荷物預り・入浴所に指定されていた。
他にも宿泊施設はたくさんあるのに、なんでここなんだろう?と不思議と思っていたところ。

ロッジは遠いので、K施設を選択。
もし、自分1人だったら、腰が引けていたかもしれないけど、女性3人組といっしょなら、行ってみようかなという気になった。
こんな時でないと、宗教団体の施設なんて覗けないし。好奇心ありあり^^。

行きがかり上、3人組と連れ立って向かう。

信者さんのサイバー攻撃に遭うと怖いので(?)、名称は伏せておきますが、最近政党を結成しちゃったりしている「幸せ」な教団の研修所らしき施設です。

e0100044_6375719.jpg


と~っても物腰柔らかな(いかにも宗教やってらっしゃる雰囲気)人々に迎え入れてもらいました。

料金は500円だけど、支払いではなく、募金の形。募金箱にチャリンと入れるのです。
募金なら領収書も出さなくてすむやね、とか思ったり。

施設の中は、どうよ?

e0100044_19511081.jpg

ひゃ~、ゴージャスなエントランス。とっても清潔できれいな施設です。

皆、敬遠したのか、利用者は少なく、広々した客室の更衣室でゆったり着替えをすませ、荷物を預けました。

e0100044_2225796.gif

お待たせしました。いよいよレースです!

曇ってはいるけど、雨は小康状態。どうかこのまま行きますように。

スタートラインに着きます。
10時、スタート!

雨は時折パラリと降ってきたけど、決して寒くないので(むしろ湿度があって暑いくらい)、シャワーランのようで、意外と心地よい。

しかし、スタートから飛ばし過ぎたのか(自分にとって)、5km過ぎで早くもきつくなってきた。
すぐに、どーーんとペースダウン。

呼吸が苦しいよ。息切れ早過ぎ~。
どうしよう、まだ始まったばかりなのに~。走れないぃー。

トロトロした走りでやっと半分。すでに1時間越えていた。ああ、目標タイムが遠ざかる。

目標は2時間3分くらいでした。
中途半端なのは、前回のハーフのタイム(2時間10分)からマイナス1kmを引いているから。
もちろん、調子よければ2時間とかも…。

ただ、10km過ぎたら、なぜか呼吸が楽になり、足が動き出した。
しばし快調。

エイドステーションでバナナをほおばり、よしっ、元気注入、まだまだいけるぞ!とちっさいガッツポーズ。

しか~し、その元気もすぐに減退。

前方に恐ろしい坂が見えてきたのです。長くて急峻な坂が。ああ、これが噂の。
目の前にすると、厳然とそびえる壁のよう。これ走るの。

歩いているランナーも多い。私も半分くらいは何とか登ったけど、途中からヨチヨチ歩き。
う~、しんどー、まだあるの~。勘弁して~><。

登り終えたら、今度は下り。ロスしたタイムを挽回とばかりに一気に駆け下りた。
これもよくなかったみたい。平坦な道に出たら、すでに足が動かなくなっていた。

あせ~、もうどうなってるんだ? 坂の走り方を知らない私です(^^;)。

後は最後まで成り行きで、ノロノロ走り。でも、ラスト1kmあたりからスパートしたつもり。

ついにゴーーール!

2時間5分46秒。
目標をだいぶオーバーしたけど、何とか完走。

心配してた膝は、あまり痛くならずにすんだし、天候も概ね曇りで日焼けしないので、かえってよかったかも。

反省点は、後半のきついアップダウンを考えると、平坦だった前半をもっと走って、タイムを貯金しておかないといけなかったこと。

でも、すぐに苦しくなったし、スピードがないのはどうしようもない。
まあ、まだまだ練習が足りません><。

収穫もありました。

いつもあと5kmの表示を見ると、「え~まだ5kmもあるの」とゲンナリしていたけど、今回は「ああ、それくらいならなんとかなりそう」と思えたこと。多少の余裕ができたみたい。

それにゴールした後、な~んとなくですが、まだ走れそうな気がしたんです。
あと10kmくらい大丈夫かな、と(笑)。

少しは進歩したのかも^^。

e0100044_838618.gif

完走証をもらって、またK施設へ。
会場の更衣室だと、人が多くてゆっくり着替えられないけど、ここならゆっくり。

お風呂も入りました。温泉です。

e0100044_2233302.jpg


シャンプー、リンス、ボディソープだけでなく、バスタオルも使用でき、化粧水、乳液、ドライヤー(ナノイオンの高性能のヤツ)など、アメニティも完備。
高級ホテル並み、すっごいわ~、ありがたいわ~。

入浴を済ませると、雨が激しくなってきた。
ランチをどうしようか迷っていると、例の3人組が「ここでも食事できるみたいよ」というので、外へ出るの面倒なので、施設内のレストランで昼食をとることに。

ここも募金形式。400円なり。

料理はセルフでアジフライとサラダ、ご飯に味噌汁とシンプルだったけど、デザートもあるし、ドリンクは飲み放題。

そこそこおいしくいただきました。
下げ膳がいかにも宗教施設らしく、食器はすべて洗って戻すとのこと。奉仕の精神。

3人組の1人が、信者さん(と思われる)に
「一般人も宿泊できるんですか?」と勇気ある質問。
「ええ、大丈夫です。1泊5000円です」とのこと。

ほ~、私が泊まった遠くて、ボロっちぃ民宿でも7000円もしたのに。
けっこう部屋空いていたではないか。ここだったら、会場に近くてよかったかも。

こりゃ、超穴場か。

ただし、教祖様の祭壇のようなものが各部屋に備え付けてあるし、本棚にはずらりとその手の本が並んでいるし、教祖様の法話だか説教だかのありがたいBGM流れっぱなし、ですけどね。

3人組は私より早い新幹線だったので、先に帰って行ったけど、私は遅い時間だったので、ここでまったりしていました。

かわいいイラストの付いた手拭もいただきました。使えるような使えないような…(汗)。
いやあ、すっかりお世話になっちまいました。ありがとうございました。

帰りは新幹線、こまちで帰ってきました。

参加賞はこれ↓。Tシャツとタオル、可もなく不可もなくというところ。
e0100044_21315419.jpg


そういえば、会場や走ってる写真が1枚もないじゃない。
はい、雨だったので撮ってません。

マラソンよりK施設の話の方が多いじゃない。
はい、インパクトが強かったもんで(;^。^A。

できれば、晴れた日の田沢湖が見たかったけど、いろいろな体験ができて、とっても楽しい遠征でした^^。
e0100044_21233971.jpg

おしまい(^^)ノ

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-09-20 22:20 | ランニング・トレラン
田沢湖マラソン①
昨日は今年2回目のランニングのレース、「田沢湖マラソン」に出場してきました。

もちろん「マラソン」とはいっても、私が出たのは湖1周の20kmレースです。
フルへの道はまだ遠い…。

田沢湖は秋田県仙北市にある小さな湖。でも、水深は日本一だそうです。
その先には秋田有数の観光地、角館もあります。

角館には行ったことはありますが、冬だったためさして歩かず。雪の角館もいいけど、緑もいいだろうな(もちろん桜が最高なんだけど)と思い、マラソンに引っ掛けて、遅い夏休みのつもりで行ってきました。

まずは角館へ。足は夜行バス。やっぱり遠征は節約第一主義ですから!

16日の夜、浜松町のバスターミナルから一路北へ。夜行バスは10年ぶりくらい。

毛布付き、リクライニングはガーっと思い切りのけぞることができるし、足を置く台もある。座席も一つ一つ離れているので、隣のオヤジの聞きたくもない寝息やイビキ、歯ぎしりも聞こえない。

寝られるかどうか心配だったけど、細切れだけど、わりと寝られた方。なかなか快適でした(^^)v。

7時半、角館着。

このマラソンで何より心配だったのが天気。台風も近づいているし、それに刺激された前線が東北地方にかかっているため、予報は常に雨マーク。

しかし、角館に着いたら、予想に反して薄日が差していました。まずまずの天気。
ただ、もっと涼しいのかと思ったけど、東京よりはマシといえど、期待したほど涼しくはない。

バスターミナルと角館駅は少し離れているので、とりあえず駅に移動。

e0100044_16344683.jpg


荷物をロッカーに詰め込むも、7時半ではまだ店も観光物件も開いてない。

e0100044_16352453.jpg


持ってきた袋パンとバナナで駅前朝食。駅のトイレで歯磨きや着替えをすませた。
あはは~、いい歳こいて、バックパッカーだな(笑)。


駅前の交番も武家屋敷風。

e0100044_16364415.jpg


駅前でどうやって回ろうか、考えているうちに8時を回ったので、歩いて観光に出かけました。

e0100044_16405244.jpg

まだ、だれもいません。


e0100044_16445347.jpg落ち着いた風情の武家屋敷が続く中、忽然と派手なピンクハウスが出現。

有名な革製品の店らしいが、う~む、このセンスはどうよ。周囲のトーンから完全に浮いてるっしょ+_+。


のんびり歩いていたら、拝観できる時間になり、河原家を見学。
e0100044_16584738.jpg

e0100044_1659370.jpg
e0100044_16591382.jpg

ここ無料でうれしいわん^^。


e0100044_16595387.jpg

ぼちぼち開き始めたみやげ物屋をひやかし、ひとまわり、観光終了。
10時。あれ、もう終わっちゃったよ。

行ってみたいお蕎麦屋さんがあったけど、営業は11時からとのこと。シュン(--、)。
店の外を掃除していたおばさんに「マラソンに出るんですか?がんばってください」といわれた。

え、どうして、わかるの! 
そりゃ、キャップをかぶって、スニーカーを履いていたけど。この時期、1人で観光しているような輩は、マラソンに出るランナーと思われているのか。

することないので、駅へ戻る。

新幹線はあるけど、在来線はお昼までない。それまで何をしてればいいの?
ええ~い、仕方がない、新幹線、奮発だ~! 

たった一駅だけこまちに乗りしました。在来線の3倍の運賃です。
これまでの節約は何だったのか…(T-T)。

田沢湖駅着。
e0100044_179640.jpg

どこかで見たような。東根さくらんぼ駅によく似ています。東北新幹線は、このガラス張りパターンがお好き?

ここから先は交通手段がよくわかっていないので、予定を決めていません。とりあえず前日受付をしに、バスで湖畔の会場へ。

しかし、受付は2時から。まだ正午前。早昼飯でも食べようかな、と思い、ウロウロ。
とそのとき、「湖遊覧船がまもなく出航します。出航は12時、所要時間は40分です」のアナウンスが聞こえてきた。

ほ~、それならと急に踵を返して、遊覧船乗り場へ。桟橋で料金を払って船に乗りました。
へへ、行き当たりばったり(;^。^A。

しかし、ついに恐れていたことが…。船が動き始めたころ、ポツポツと雨が降りはじめました。

雨のクルーズは、残念ながら、見通しが悪く、あんまり美しくありませんでした。


たつこ像。窓越しだし、雨なので、はっきり見えないですね
e0100044_17155983.jpg

たつこ姫伝説とは永遠の若さと美貌を求めるあまり、龍になってしまったという女性の悲しくも、ちとおぞましい話。
今でいえば、アンチエイジングですか。やっぱり歳は自然に重ねていくのが一番。欲かいちゃいけません。

e0100044_17211917.jpg
浮木神社


下船し、お昼を食べるために、湖畔では有名なレストランへ行くことに。
後で知ったんだけど、イ・ビョンホン主演の韓流ドラマ「アイリス」の撮影に使われたことでも知られている店なんだそうな。

遊覧船乗り場からは10分、途中にお城のようなぜいたくな建物を発見!
なんと、ここ某宗教団体の施設。
ほ~、お金かかってるなあ、とそのときはアンタッチャブルなところと思って先を急いだ。

やっと、レストランに到着。しかし、エアコンが効いてなくて蒸し暑いし、スタッフは気が利かないし…。
出てきた料理はかな~りしょぼい。ううむ、なんか拍子抜け。

さっさと食べて、そそくさと退散。
会場へ行くと、受け付けが始まっていたので、ゼッケンなどをもらい受ける。

もう雨がけっこう降ってきた。バスに乗って高原温泉にある民宿へ。

エントリーした時点で、宿も手配しておけばよかったんだけど、ローカルな大会だからと、油断していたら、会場周辺の宿泊施設はいっぱい。

結局会場から30分以上離れた高原温泉の宿しか取れなかった><。
そんなに人気なの?てか、湖畔の宿は、キャパが少ないんでしょうね。

民宿に3時半ごろ到着。民宿に泊まるのも何十年ぶりって感じ。いつだったか覚えてない。

お風呂は一応温泉。順番に入るらしく、「今お客さん入ってないから」と、宿の人が呼びに来たので、すぐに入浴。なんや、慌ただしい。

さっぱりして部屋に戻ってくるも、やることなし。
雨はジャンジャン降ってきて、散歩することもできず。テレビを見たり、持ってきた本を読んだりして、ひたすらヒマつぶし。なんだかな><。

6時夕飯。

全然期待してなかったけど、刺身に焼き魚、陶板焼き、煮物、山菜の和え物やサラダ、梨のデザートなど、皿数は10皿以上。ちょっと驚きでした。

ご飯もおいしかった^^。お腹いっぱいです(写真はきれいに撮れなかったのでなし)。

食べ終わって部屋へ戻ると、やっぱりさっきと同じ。ヒマが待ってます。

テレビを付けて天気チェック。しかし、どの予報を見ても、日曜は大きな傘マーク。
おまけに秋田には、大雨洪水警報が出てたりする。う~む、雨は避けられないのか。

土砂降りの中、2時間も走るのなんて、御免こうむる。最悪DNSしちゃうかも。
いや、大会そのものが開催されるのかどうかもかわらない。

空に向かって、「午前中だけでいいので、雨止んでください。お願いします」と真剣に祈って、9時前に就寝。

まだマラソンにたどり着きません。でも、書くの疲れたので、いったんお休みします。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-09-19 18:14 | ランニング・トレラン
黒斑山ハイキング
震災から半年、犠牲になられた方々のご冥福を祈りつつ、合掌。

e0100044_2320319.gif

10日、黒斑山(くろふやま)という浅間山の外輪山に登ってきました。
いつも利用している山グッズの店が主催する登山教室です。

参加者は30名弱。元気いっぱいのおネエさん(こういう人をホンモノの「山ガール」というんでしょうな)、カップル、中年夫婦など、老若男女が参加していました。
私のような1人参加もけっこういました。

e0100044_2214632.jpg

黒斑山は標高2404mと高いけど、登山口が1973mなので、初心者向けの歩きやすいコースです。
歩行時間は4時間くらい。
ただ、トイレがないのが、ちょっと心配。山だから仕方がないけど。

新宿からバスで4時間かけて、車坂峠へ。
東京は暑かったらしいけど、ここは別天地。涼しい風が吹いていました。

11時半、出発。
カラマツ林の続く尾根道、表コースを、4チームに分かれて登ります。

e0100044_22334430.jpg


展望が開けてきました。

e0100044_22373394.jpg

カマボコ型の避難小屋。

e0100044_22392529.jpg

浅間山が噴火した時、火山弾や火山礫から、身を守るための避難小屋です。相当頑丈な造りでした。

赤ゾレの頭で小休憩。
この瓦礫の急坂をのぼったところが「トーミの頭」。そこでお昼です。

e0100044_22462079.jpg

こうやって見ると、え~ここを登るの!とメゲそうになるけど、見た目ほどきつくありません。

トーミの頭にたどり着くと、待ちに待ったランチタイム。
先回りしていたスタッフが、温かいスープを作ってくれていました。
おいしかった~^^。

e0100044_22472826.jpg


昼食風景。

e0100044_2248840.jpg

岩に腰かけ、持ってきたおにぎりを食べました。



浅間山はまだ雲の中。

e0100044_22494248.jpg
e0100044_2250482.jpg


徐々に雲が取れ、浅間山の雄姿が望めました。

e0100044_22503570.jpg

食べ終わった後、黒斑山の山頂へ。
でも、山頂は大したことないので、写真は割愛。

帰りは中コースを通ります。途中瓦礫の斜面もあったけど、最後は平坦な道に出ました。
e0100044_2255453.jpg

また、車坂峠へ。戻ったのは4時。
トイレ問題は何とかクリアできました(;^^A。

車坂峠のホテルで温泉に入り、さっぱり。またバスに3時間半揺られて、東京に戻ってきました。
あ、バスに乗ってた時間の方が長かったね(笑)。

でも、奥多摩の山とは一味違う広々して美しい景観を堪能でけました。

今回は講師が同行し、高山植物や周囲の山々をガイドしてくれ、山グッズ店のサポートスタッフも数名付く至れり尽くせりの大名ツアー。

遠くて自力では日帰りはできないところなので、こういうツアーもありかな、と思います。
でも、料金がちょっと高めなので、たまにでいっか^^。

今回も高山植物の名前を少し覚えました。アップしておきます。

e0100044_2313115.jpg
※きれいに撮れてないけど、クリックすると大きくなります
(右中はシラタマソウではなくシラタマノキ、中下はガンコウラン、右下はタカネイブキボウフウとのご指摘いただきました。ありがとうございました)。


e0100044_23481451.jpg

おしまい(^^)ノ

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-09-11 23:27 | ハイキング
ゴーヤのパウンドケーキ
どうも、ゴーヤの話題です(まだマヤのマネをしてる♪)。

こちらでゴーヤのケーキを拝見して、え~、ゴーヤでお菓子?! 
どんな味なのか、想像がつきません。苦くないのかな?

聞けば、全然苦くないし、それどころか、おいしくて大好評とか。

ブロ友さんのつくレポもありました。
う~ん、食べてみたい。食い意地は日ごとつのっても、暑くてやる気が起こらないσ(^-^)。

ところで、ウチでもゴーヤを植えています。

しかし、はっきりいってカーテンではありませぬ。
どうしたわけか、夏が終わろうというのに、成長が悪くて、スカスカのすだれのまんま><。

でも、ナリは小さいけど、ポチポチ収穫はできました。


これは今朝の収穫。

e0100044_2245513.jpg
掌がばーちゃんみたい、シワシワだ(;^^A


自前のゴーヤを握り締め、じわじわ気持ちを高め、よ~し、作ってみるか!とついに決意(大げさな)。
幸い今日は涼しくて、焼き菓子作りもそれほど苦にならない。

ようやくエンジンかかりました。

e0100044_2281884.jpg

あっという間に焼けました。
見た目はほとんど緑ではありません。ごーく普通のパウンドケーキ。

でも、中は黄緑でした。きれい~。

e0100044_2295153.jpg


食してみました。

ん~まい!

全然苦くないっ! なんで、こんなにおいしくなるの? 
目からウロコがポロポロ。100枚くらい落ちました(笑)。

いや~、ゴーヤの季節が終わらないうちに、味わえてよかった。
レシピありがとうございました。

これはおすすめですぞ^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-09-07 22:31 | お菓子・レシピ
2014W杯3次予選・北朝鮮戦
こんばんは。どうも、サッカーの話題です。

といっても、なでしこではありません。サムライブルー、男子の方です。

最近はサッカーといえば、なでしこの話題ばかり。
前日のスポーツニュースだって、なでしこの試合結果に時間を割き、男子の見どころの解説などほとんどなかった…。

なでしこピンクもいいけど、私が熱くなるのは、やっぱりサムライブルー。
W杯3次予選の北朝鮮戦、埼玉スタジアムで現地観戦してきました。

台風の影響で、開催延期かとヤキモキさせられましたが、予定通り、なんとか開催。
しかし、ヤキモキさせられたのは、試合の開催よりキックオフの方でした。

浦和からシャトルバスが出ているので、今回をそれを利用。

十分余裕をもって、バスに乗ったはずなのに、交通規制をしていたせいか、大渋滞に巻き込まれ、途中でにっちもさっちも動かなくなってしまったのです。

このままでは、キックオフに間に合わないっ!
スタジアムが見えてからの道程の長かったこと。通常なら30分のところ1時間近くかかりました。

ただ、渋滞個所を抜けた後、ドライバーさんが猛チャージをかけ、なんとかキックオフ直前にスタジアムに滑り込みました。

お~っと、すでに国歌斉唱が聴こえている。

そこからダ~ッシュ!

しかし、私たちの座席はバックスタンドの最上階。階段で5階分を駆け上がらねばならない。ハーハーゼーゼー><。
結局、2分遅刻。試合前の盛り上がりも体感したかったのに…><。

e0100044_23153563.jpg


試合結果はご存じの通り。

90分闘って、スコアレス。このままスコアレスドローで終わるのか。
そろそろノーゴールのストレスが沸騰点に達しようかというときに、アディショナルタイム突入。

アディショナルは5分。しかし、この5分が試合のクライマックスだったのです。

長谷部選手を中心に怒涛の攻撃を見せる。

何度も惜しいシーンが繰り返され、サポーターはそのたびに、「いけいけ~!」と立ち上って熱くなっては、「あ"~」とと落胆の声を上げ、座り直す。この繰り返し。

しかし、CKが数回続き、少しずつマークがずれて、やがて歓喜の時を迎える…。

ディフェンダーの吉田麻也選手が頭で押し込んだのです(って、ゴール時は誰だったかわからなかったけど)。

やった~~! サポーター総立ち、バンザ~~イ! さすが、だてに顔が大きい訳ではない(笑)。

スタジアムが一つになって歓喜の渦が巻き起こった。
渋滞に巻き込まれるのは勘弁だけど、こういう巻き込まれなら、大歓迎だよ~。

いつも吉田選手のブログを読んでいて、ひそかにマヤサポ(マヤニスタというらしい)でもあったので、なおさらうれしい。

彼のブログ、おもしろいんですよ。
時間あったら、のぞいてみてください(今回のエントリの書き出し、マヤのマネしてみました(;^。^A)。

e0100044_22123719.jpg


ちなみに写真のマヤくんの右隣の選手は、ハーフナー・マイク。バタ臭い顔してるけど、れっきとした日本選手。
ご両親はオランダ人。日本には貴重な大型FWです。

ただ、北朝鮮代表のチョン・テセ選手の悔しそうな表情を見て、ちょっと複雑な気持ちになりました。海外組って、みんな仲良しなのよね。

テセくんには次戦がんばってもらいましょ。

本田選手が半月板損傷で手術し、3次予選に出場できそうもない、と不安材料はありますが、まずは勝ち点3をもぎとり、上々の滑り出し。

劇的な勝利に酔った幸せな気分のワタクシは、自宅まで代表ユニを着たまま帰りました♪
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-09-03 22:51 | サッカー・その他のスポーツ
| ページトップ |