いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2007年振り返り
気がつけば後1日だった…。

今年はまったくといっていいほど、何もしてない。大学院のレポート締め切りが年明けに迫る、ということで何もしない。とゆうか、それを口実にしているだけ。

それでも、栗きんとんと紅白なますだけは先ほどつくった。あとはカマボコも伊達巻も買わない。どうせ食べないもん。大掃除もしない。通常の掃除をしただけ。なんて、毎年のことだけど。ズボラなひとりもんはなんて、そんなもの。

ところで、毎年年末にその年の振り返りを書いていた。今年も時系列に沿って書こうと思ったが、あるトピックが大きすぎて、それに尽きてしまうので、やめた。

それはもちろん、我が身に降りかかった入院・手術である。それも

9月12日

に尽きるのだ。私はこの日を一生忘れない。病名は耳下腺腫瘍(腫瘍といっても、良性です)。

だって、人生の一大事?と日本の一大事が同じ日に起こったんだもの。

私が手術室に入ったのは、午後1時過ぎ。ちょうどその頃、官邸では安倍首相が突然の辞意表明の会見をはじめていたのだ。

私が意識を失っている間に、安倍さんは辞意を表明し、世間はハチの巣をつついたような大騒ぎになった。号外も出ていただろう。4時過ぎ、日本中にそのニュースがかけめぐっていた頃、私は手術室を出て来たのだ。

テレビも新聞も、そのニュースで持ちきりだっただろう。でも、私は自分のニュースでいっぱいいっぱいで、世間の大騒ぎなど知る由もない。誰も教えてくれないものね。

私がそのニュースを知ったのは、翌朝。テレビをつけてみて、初めて知る。

ひっえ~005.gif、知らんかった!

それからは空白の時間を埋めようと、ニュースのハシゴをして情報をかき集め、階下のコンビニに、新聞を買いに走った(手術翌日だったが、すでに元気だった)。昼近くになって、ようやくひととおりの情報を仕入れ、気持ちが落ち着いた。

ああ、忘れられない9月12日。今年はプライベートと社会の出来事が、たった1日で振り返られる、まっことコンパクトな年であった。感慨深い年、人生の節目かもね。

そんな2007年もあっという間に暮れていく。来年はどんな年になりますやら。やりたいことはいっぱいあるけど、健康に気を付けて、そこそこがんばります。

皆さま、今年1年、たくさんのコメント、ありがとうございました。よいお年をお迎えください。また、来年~♪。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-30 21:20 | ブログ
安藤選手、FS1位も、優勝は浅田選手
<全日本フィギュア>浅田真が2連覇、安藤は僅差で2位に | エキサイトニュース

すごい闘いで、見ごたえありました。GPSファイナルよりレベル高かった?

浅田選手、トリプルアクセルがシングルになったにもかかわらず、200点越えは最早、女王の貫録か。音楽の一音一音に乗りながら滑る演技はさすが。

でも、FSの圧巻はなんといっても、安藤選手だっただろう。妖艶なカルメン、はじめて全容を見せてもらったという感じ。鬼気迫るような気迫の演技、ストーリー性もあり、感動しました。

コケまくったあのNHK杯から1ヶ月。あのヨレヨレぶりからは、想像もつかない立直りだ。GPSのファイナルに出なかったことが、疲れがたまらず、よかったのだろうか。彼女は本当に逆境に強い。ここぞというときに、力を発揮するのは、修羅場をくぐりぬけてきたからかもしれない。

化粧がかなりケバかったが、カルメンを演じるのにはぴったり。この調子で世界フィギュア、連覇を目指してほしい。でも、連覇するには、4回転サルコーがないと、浅田、キムヨナを越えられない?

中野選手もよかった。彼女の涙、初めてみた気がする。私の一押し、太田選手は惜しくも7位。ジャンプミスが響いたか。でも、彼女、イナバウアーも荒川選手よりきれいに思えたし、イーグルさえも美しい。来年こそ、上位に進出してほしい。

去年と同じ3選手が代表になり、結果的には2人が鉄板なんじゃなくて、3人とも鉄板だったということね。

次は3月のスウェーデンでの世界フィギュア。みんな悔いのないように、力を出し切ってほしい。がんばれ~!(1日に2回もエントリしちゃった。それも同じカテゴリで。興味のない人、ごめんね)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-28 22:49 | フィギュアスケート
フィギュアスケート全日本選手権
真央SP世界最高点で首位発進「ビックリした」 | エキサイトニュース

全日本選手権が始まりました。男子は高橋選手の圧勝。織田信成選手が欠場し、優勝はほぼ決まり、と思っていたけど、問題は4回転ジャンプ。2度飛んで成功。世界フィギュアが楽しみです^^。

女子はショートプログラム。国内大会がこんなにレベルが高いなんて、もったない。3人なんて選べない。5人くらい行ってほしいです。

浅田選手は、キムヨナ選手のこれまでの世界最高点を抜いて、堂々のトップに立った。おみごと! 

いつもの青い衣装をチェンジしての演技。とてもきれいな衣装だが、どうも舞っぽいと思ったら、その通り、姉の舞選手の衣装とのこと。

ニュースには「強奪して」とか書いてあるけど、それってどうよ? 「これ、貸して!」といかいって、持ってきたということ? いずれにしろ、ゲン直しになってよかった。軽やかで大人っぽくて、本当に小鳥が舞っているようで、素敵でした。

安藤選手は、NHK杯の時とは打って変わって、調子がよさそう。今日の女の意地?のぶつかりあいのフリーが楽しみです。

世界フィギュアの切符、この二人は鉄板でしょうが、問題は後の1枠。村主選手もがんばっているし、中野選手にも行ってほしいし…。

しかし、私はファイナルの6人には残れなかったが、7位につけた太田由希奈選手が以前から好き。彼女をひそかに応援しているのです。早く世界の舞台に、出てほしい。

キャッチフレーズ好きのテレビは、「氷上のバレリーナ」とか付けているが、これは許せる。まさにそんな感じ。エレガントで、指の先まで神経の行き届いた繊細な動きで、魅了してくれます。

前期のプログラム「黒鳥」は、ため息が出るような美しいものでした。もう1度見たいな。ケガからの復帰2年目、フリーに期待してます。

これから出かけるので、時間がないけど、夜になると、ニュース性がなくなるので、急いで書いてます。でも、なんか、PCの動きが悪くてなかなか書けず、イライラ。寒いと、動きが悪いのかしら(文章もバラバラだ)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-28 09:39 | フィギュアスケート
プチプチ・クリスマスパーティ
クリスマスなんて何もやらないつもりだった。どこにも行かずに、誰にもあわず、仕事とレポートに追われる…はずだった。ところが、突然、友人から「ダンナがいないから、ウチに遊びに来ない?」というお誘い。

仕事が、レポートが…という言い訳はどこかへすっかり飛んで、二つ返事で「行くー!」(汗)。

ピザが食べたいので、生地を買って行くから、そっちで焼こうと提案すると、生地コネ機(なんというのか?)があるので、生地から作りましょうとのこと。やったー! いつかトライしてみたかった手作りピザができる。
e0100044_20314957.jpg
来客は私だけ。でも、彼女はテーブルセッティングや部屋の飾りつけは、決して手を抜かない。といっても彼女にしてみれば、「いつもの通り」なんだって。「いつも」レベルがウチの「いつも」と違うのだ。目の保養させてもらっています^^。

ピザは3枚焼いた。1枚目はまずくはなかったが、少し分厚くて、よくいえばナポリ風。でも、もっと厚みがあり、アメリカなどでよくみられるパンのようなピザになってしまった。

よーし、2枚目はもっと薄く伸ばそう。縁を引っ張って、うす~く伸ばして、オーブンへ。今度はパリッとして焼け、焦げ目も香ばしいマルガリータに。形は悪いが、う~ん、焼きたては相当うまい! 3枚目もほぼ成功。これはおみやげになった。
e0100044_21411927.jpg
私はドライフルーツケーキとピーナツバタークッキー(hiroさんに教えていただいたもの)を焼き、持参した。

ケーキに使ったドライフルーツは、1年間ブランデー漬けにしていたもの。去年買ったラミーフルーツ、半分しか使わなかったので、残りにブランデーをジャブジャブかけて、寝かせておいた(というか、存在を忘れていた)。

焼きあがってからもラム酒のシロップをたっぷり塗り、洋酒とスパイス(シナモン、ナツメグ)の効いた濃厚なフルーツケーキに仕上がった。

クリームの付いたフワフワのケーキもいいけど、たまにはこういうのも渋くていいでしょ。オトナの女(おばさん)にふさわしいっしょ(笑)。ピーナツバタークッキーも好評でした。

実は彼女の家では、去年もクリスマスパーティを開いた。そのときは何人か呼んでいたが、今年は小ぢんまりと女二人。寂しいと思うなかれ。女二人、おしゃべりしながら料理をつくる楽しさは、何にも代えがたいのだ。

お台場の夜景も見たし、ジュースのようなカクテルを飲み、ほろ酔い気分になったハッピー・クリスマスイブでした♪。

>前スキンについて
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-25 20:53 | お出かけ
メリークリスマス
素敵なクリスマスでありますように。
e0100044_23303385.jpg


>ひとつだけ…
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-23 23:31 | 季節・自然
東京の夜景
少しお休みしてました。なんやかや年末は忙しい(といっても決して掃除などしてません)。学校のお尻が迫って来たので、提出物に追われているのです。なので、年末年始にかけて不定期にお休みするかも。
e0100044_1055975.gif

出かけたついでにクリスマスイルミネーションやビルのライトアップを撮ってみた。
e0100044_1158857.jpg

上下段は東京名所としては、有名どころだが、中段「元渕江公園」てどこ?と思われるだろう。足立区竹ノ塚にある公園です。他の場所は出たついでだが、これだけはわざわざ出かけて行った。夜の竹ノ塚くんだりまで(お住まいの方、失礼)、ついでに行くこと、ほとんどありませんので。

竹ノ塚駅から元渕江公園にかけて「光の祭典2007」なるものが開催されているのだ。そう遠くはないので(歩いては行けないが)、撮影がてら見物しに行ってきた。

写真で見ると、そんなにおかしくはないかもしれないが、行ってみてガックリ。どうにも野暮ったい。やっぱり足立区?(自虐的)

白一色の方がよっぽどきれいなのに、わざわざ多色使いにして、センスが今ひとつ。トナカイややツリー、屋根状になったミルキーウェイなど、それなりにそろっていても統一感がなく、なんか中学校の文化祭みたい。デザインしたのは、プロのイルミネーターでなく、役所のオジさんだったりして?!

このイベントが、ごく局所的な盛り上がりで終わっている理由が、見てみてよ~くわかった。友達を誘おうと思ったけど、不興を買っただろうから、1人で十分でした。でも、一度見てみたかったら、気がすんだわ。もうちょいがんばれ!

下段右の赤坂プリンスホテルは、写真がボケボケでよくわからないかもしれないけど、窓を利用してクリスマスツリーが描かれている。おもしろい。

もっと有名なイルミネーションの名所はあるけど、どこもそこそこきれい。この時期、夜のお散歩もいいかもしれない。

外出先から、内容を修正しようとしたら、なぜか途中からぶっち切れていた。思い出しながら、書き直したけど、細かいところ忘れた。もぉ~何で消えるの!
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-21 01:38 | お出かけ
グランプリファイナル浅田・高橋選手2位
<フィギュア>GPファイナル 浅田2位、中野5位 Vは金 | エキサイトニュース

先ほど、地上波のグランプリファイナルの放送、見終わりました。とっくに結果は出ているけど、ひたすらそれを見ないように、テレビに近寄らなかった。

といっても、男子は昨日寝る前に、速報で結果を知ってしまったし、朝、ネットを浮遊してたら、見たくもないのに、「キムヨナ優勝!」の文字が目に入り、慌てて他のページへ移動した。もう油断も隙もありゃしない。

優勝はキムヨナ選手ということはわかってしまったが、真央ちゃんがどこまで追い上げたのか、どんな演技をしたのかは、知らない。見ざる聞かざるを決め込み、じっと夜になるのを待った。

やっと、放送が始まった。前回さんざん批判されたか、シュウゾウが意外とおとなしくしてくれて、安心して見ることができた。

男子の優勝は、ステファン・ランビエール選手。彼は好きな選手の1人だし、フラメンコを取り入れたプログラムは、それはそれは魅力的でうれしいが、でも、やっぱり高橋選手、後わずかなのに惜しくて、悔しい。

だって、ランビに比べて、見劣りするような出来ではなかったもの。というか、素人の見た印象は高橋選手の方が、よかった。ランビはジャンプをこけたけど、高橋は細かいミスはあったにせよ、転倒はしなかった。後半のトリプルサルコーがダブルになったのが、響いたとか。

ものすごい僅差の逆転劇、勝負は運だったかもしれない。ちょっと不満が残るが、堂々の銀メダル、おめでとう! 

女子シングルの真央ちゃんには、おばちゃんは感動しましたよ(T-T)。

SPは最下位と、最悪のスタート。でも、これでかえって開き直れたのかも。FSだけなら1位でしたね。トリプルアクセルも決めたし、3回転+3回転のコンビネーションも決めたし、上出来です。

キムヨナ選手は転倒があったのに、真央選手とほぼ互角のスコア。恐るべし「韓国の至宝」。プロトコルを見てみたら、一つ一つの技に、ことごとく加点が付いていて、着実に点数を伸ばしていた。

真央選手は減点もあるし、アウトサイドで踏み切るべきトリプルルッツのエッジがインサイドになり、ロング(不適当)判定だった。長年の癖は直せないのかな。

でも、ここまで追い上げた精神力は讃えたい。試合後のインタビューもだいぶ大人びて話せるようになって、マオ語は影を潜めていた。成長してますな。若いって伸びしろあって、うらやましいわん。

とにかく銀メダル、おめでとう。次は全日本、そして世界フィギュアへ。

まだまだ幸せのフィギュアシーズンは続く…^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-16 22:08 | フィギュアスケート
大当たり!となりますか
今年を振り返るのは、まだ早い。でも、大当たりの年だったかもしれない。というのは、耳下腺腫瘍という病は、10万人に2~3人の低い発症率だったらしいのだ。当たりたくはないが、大当たりだったのだ。

大当たりといえば、年末のあれでしょう。そう、年末ジャンボ宝くじ。当たっちゃったんだから、まだ当たりの運、残っているかもしれない。そんな無理やりなこじつけで(実際は同病の仲間に便乗したんだけど)、ゲンを担いで宝くじを買ってみる気になった。

e0100044_1848359.jpg向かった先は、有楽町の西銀座デパートにある宝くじ売場、西銀座チャンスセンターである。

全国一の売り上げを誇り、1等の当選くじを最も多く出すといわれる販売所である。最も、たくさん売っているのだから、当たりが多いのも当然だと思うが。

行ってみると、行列ができていた。しかし、並んでいるのは、1番窓口のみ。1番が一番当たりくじが出るといわれているからだ。並ぶのは嫌だが、それほど長いわけではないので、最後尾についてみた。

整理にあたっているスタッフは待ち時間20分くらいという。列につくと、スタッフから宝くじを入れるケースを配られた。へ~、サービスいいじゃん。

列は予想より早く、どんどん進む。実は私、宝くじを買うのは、ほとんど初めて。大昔1度買ったような気がするが、ほとんど覚えてない。

e0100044_18474633.jpgあれ、どうやってオーダーするんだっけ? バラ?連番?どちらがいいのか。何枚買えばいいのか。あっせー、考えてなかった。窓口迫る。あら、どうしよう…。

10分程度で販売窓口へ。前のオジさんが「連番、バラ」といっているのを聞き、

「連番、バラ!」思わず、叫んでいた。

いくつかはいわずにそれだけ告げて、1万円札を出すと、素早く4000円のおつりが返って来た。その間、30秒くらいか。神業である。

窓口のおばさんは、まるで販売マシン。黙々と、10枚ずつ束になった宝くじをお金と引き換えに差し出し、おつりをたちどころに計算して渡す。注文する人も「連番、バラ」以外は、それを何組購入するか、しかいわない。

間違っても「どんな種類があるの?」とか「連番とバラ、どっちがいいの?」などと聞いてはいけない。

ものすごい単調な流れ作業だが、日本人ならではの名人芸ともいえる。こうやって毎日何百人、何千人と押し寄せるお客をさばいているのだ。

私もこの流れを何とか断ち切らずに買えて、よかった。

さあ、当たりますか。三億円だと一生分の運を使い果たしそうなので、100万円くらいがいいかな。なんて、そんなこと、心配しなくてもいっか。

うちへ帰って仏壇に供えておきました。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-14 19:27 | その他
本年の落ち葉、終了です
9月に入院して10日間ほど家を空けた。10日でも留守をすると、庭は荒れる。退院後、なんだか庭仕事にパッションがなくなり、秋の花を植え直したりしなかった。9月以来、ほったらかしの荒れ放題だ。

それでも、何もしなくても、落ち葉は絶対降ってくる。この時期毎日、ハラハラハラハラと。少しでも落ち葉かきを怠ると、ものすごいことになっている。

空気が乾燥しきっているので、サクサクの落ち葉に、煙草の火でも投げられたら、ボヤにもなりかねない。あまりほおっておけないが、物ぐさゆえ、毎日はできない。でも、私にしては、上出来の3日に一度くらいは掃除していた。
e0100044_20182576.jpg
ウチは主に桜と柿。特に柿の葉が厄介だ。1枚1枚がでかいから目立つのだ(写真は桜です)。でかくて、竹ぼうきも役に立たないので、手で拾う。拾いまくる。庭の中も外も。風の強い日は隣の家の前まで拾いに行った。掃くよりその方がよっぽど早い。

桜の落ち葉かきは案外楽しい。サクサクした落ち葉をいっぱいかき集めて、散りとりでふんわりすくって、ゴミ袋に入れる。このふんわりすくうのが、何だろ?メレンゲをすくう作業のようで、なかなかおもしろいのだ。

e0100044_9325499.jpgでも、前日に雨が降ったりするとダメ。べったりくっつく。それこそ退職したオトウサンと同じ、濡れ落ち葉になってしまうから。

それでも、やっと今年も落ち葉終了の時期になりました。桜の木もご覧の通り丸坊主。さて、いよいよ本格的な冬支度です(何もやらないけど)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-11 20:32 | 花・植物
フェルメール展
e0100044_2341469.jpg先日、国立新美術館で開催している「フェルメール展」に行ってきました。

またまた、タダでもらったチケットです(おまえはタダでないと行かないのか?そう、ワタシはタダが大好き^^)。

混雑していると聞いて、覚悟していったのですが、平日だったので、込んではいたけど、耐えられないほどではありませんでした。

しかし、「フェルメール展」というので、私はフェルメールの絵がたくさん(といっても、描いた点数が少ないけど)あるのかと思っていたら、「牛乳を注ぐ女」1点のみでした。

タイトルをよく見ると、「フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」とありました。行ってから気付く、相変わらずのボケ。なんで、わかってないんだろ?

なので、初めは聞いたことのない画家による風俗画がズラズラ続きます。美術に詳しい連れの友人も、ほとんど知らないよう。

風俗画とは庶民の姿を描いた絵画です。台所で働く女性や針仕事をするようす、バックギャモンに興じている男たちなど、生活感あふれる姿が描かれています。

いい加減、風俗画に飽きてきたところに、にわかに混雑が激しくなってきました。いよいよフェルメールのお出ましです。

まず、この油彩画がいかに素晴らしいか、見どころをビデオでレクチャーしてくれます。構図の妙や色彩の美しさなど、心してみなさい、という訳。

レクチャーを経て、にわか知識を仕入れたところで、ご対面。絵は大きくはないですが、それまで見せられていた風俗画より明らかに素晴らしい。素人目にもわかります。

構図もさることながら、色彩がきれい。青と黄色、それに赤。絵の前は立ち止まっていけないのだが、少し離れてじっくり拝見しました。柔らかな光がいいね。

出口まで行ってから、最後にもう一度戻って、この絵を見て、新美術館を後にしました。それにしても、たった1点でこんなにたくさんの人を、呼べるってすごいこと。みんなフェルメールが好きなんだね。

e0100044_23423794.jpg帰りに六本木ヒルズの毛利庭園を散策。まだ、紅葉が残っていました。ただし、デジカメを忘れたので、携帯写真です。画質が悪いのは悪しからず。

この時期は夜がきれいなんですが、暗くなる前に帰ってしまいました。健全だわ~^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-07 23:51 | お出かけ
| ページトップ |