いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:ランニング・トレラン( 85 )
Top▲ |
第26回春日部大凧マラソン2014
皆さま、GW終わってしまいますね。名残惜し~><

ワタクシのGW中のラン生活は、湾岸をめぐる50km走の練習会をしたり(4/27)、川口の和菓子屋さんに走って、柏餅を買いに行ったり(5/1)と、バラエティに富んでおりました。

他にも、都内散歩のドライブに出かけたり(5/5)、なかなか楽しい1週間チョイでございました。

e0100044_21415092.gif


さて、本題。4日、春日部大凧マラソンに出走してきました。ハーフマラソンです。
この大会、今年で3年連続。でも、これまでは10kmで、ハーフは初めて。

いつも、一緒に出るランナーさんが今年は仕事で見送り。ということで、またまたボッチ参加です。
しかし、実はボッチ大好き。タイムを比べられることがないので、気分的に楽でいい。

でも、自分の中で今シーズンのロードレースは、3月の板橋で終わりのつもりだったので、イマイチ気分が乗らない。

なんで、こんな時期にエントリーしちまったんだ、バカバカと後悔してみたり。
コースも、取り立てておもしろいわけではないし、参加賞も毎年同じで、今ひとつだし…。
前日まで行きたくないなあ、1人だし、DNSしちゃおうかと後ろ向きな気持ちでした。

でも、フラットなコースなのでいい練習にはなります。それなら、練習と割り切って参加しよう、と思い直しました。

目標も決めました。「2時間切りを目指す」です。鈍足なので、ささやかですが。

e0100044_2215483.jpg


朝からピーカン。こりゃ暑くなりそうだぞ。

天気はよくても体調は今ひとつ。またも腰痛勃発。
まずい~と思ったけど、ラン友さんに教わったテーピングをしてみたら、なかなかよいみたい。短時間ならなんとかなりそう。

1人の気楽さからのんびり家を出たら、会場までのバス待ちで時間をとられたり、会場到着後、目指す体育館の方向を誤り、遠回りしたりして、時間がなくなってきた。
体育館にたどりついて荷物を置いて、貴重品を預け、トイレへ、とバタバタ。

10時7分のスタートなのに、体育館を出たのは10時ごろ。あせ~(^^;)、ギリギリの危うさでした。

スタートが迫っていたので、水分補給する間がなく、スタート前から喉カラカラ。う~ん、困った。

e0100044_23134314.gif


10時7分スタート!(7分という中途半端な時間設定は、途中踏切を渡る時間を考えてのことか?)

あ~はじまちゃったよ。タイムのことを考えるより、給水のことばかり頭にグルグル。エイドはいつ? 何km地点?喉かわいた~。

暑くて、5kmも行かないうちにリタイアしたくなった。熱中症になっちゃう~。

エイドの前には踏切が待ち構えている。このコースの特徴でもあります。
運が悪ければ電車通過で、踏切が遮断されてしまう。幸い、スムーズに渡れ、やれやれです。

そして、5km過ぎにやっとやっと給水エイド。思わず2杯がぶ飲み。
息ついたけど、やっぱり暑くてきつい。5kmのタイムは、28分弱。

長く単調な江戸川河川敷に入る。10kmは57分くらい。ちょっと遅れております。う~ん、120分切りに黄色信号。

土手は狭くて、日陰はまったくなく、暑かったけど、時折川面を吹き抜ける風が通り、そのときだけ「涼し~!」と独り言をいっていた。

その後もすぐに喉が渇き、各エイドでことごとく給水。
だいたいボランティアの人も、暑いからみんな給水を求めるからか、コップの水入れが追いつかない。
なかなか水が出てこなくて待つこと、しばし。そんなこんなで、エイドのたびにタイムロス。

10km過ぎ辺りで、エネルギー切れになりそうになり、給食はないのか、とエイドに着くと探すも、空しく水だけ。
なんで給食ないのっ!バナナくらいほしいっ!と1人ブツブツ(でも、どうやらハーフは給食がないのが、当たり前らしい)

ポーチに入れてあるのは、塩分タブレットと干し梅のみ。仕方ないので、両方口に入れるが、たぶんほとんど役に立たない。

長~い河川敷修行が終わり、やっとロードへ。
しかし、じりじりとタイムが落ちてきた。19km地点。あと2kmというところで、2時間まであと10分なかった…。

万事休す。

でも、なんとか2時間3分は切りたい(これまでのPB)と思って、最後まで粘る。

やっとゴールゲートが見えてきた。終わりだ~!と思って、黄色いアーチを勢いよく、くぐったはいいが、ゴールは…まだ先だった。
そこからトラックを半周。ああもう、心折れそう。勘弁してくれ~。

ぶつくさいいながら、やっとやっとゴール!

記録証にネット表示がないので(これもちょっと不満)、ガーミン計時で、2時間2分26秒。PBをほんの少し更新できました。

e0100044_22152956.jpg
このゲートにゃ騙されたぜ


2時間切りできなかった最大の原因は、「暑さ」でしょう。全エイドに寄って、給水したからね。

エイドでは、ついゆっくり歩いてしまう。後で確認すると、そこだけキッカリ6分台に落ちているのだ。
やっぱり歩いて、給水していてはダメということ。
そこを5分台にキープしていけば、2時間切りは可能だったかもしれないのに、残念。

でも、エネルギー切れで、バテバテだった割には、大崩れしなかったので、ヨシとしなければなりません。

秋のシーズンに向けて、課題満載。地道にコツコツ練習するしかなさそうです。



〈オマケ〉
帰りに姉の家に寄ったので、大宮のエキナカで、遅い昼ご飯しました。
あんかけカニ玉炒飯。おいしかったにゃん(*^^*)

e0100044_2303216.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-05-06 23:22 | ランニング・トレラン
五色桜ekiden2014
先週の土曜日、19日に荒川河川敷で開催された五色桜ekidenという駅伝大会に出走してきました。

今回はジムのラン友さん2人と、小布施など、たびたびごいっしょさせてもらっているマリーさんの4人で。
花のオーバーフィフティーズ・チームでございます(笑)。

お天気は心配だったけど、当日はよく晴れて暑いくらい。
河川敷開催ののどかな雰囲気。1人5km走り、4人でタスキをつなぎます。

ゲストは川内選手のそっくり芸人のM高史さん。1走を走っていましたが(というか、チームでなく1走のみ)、だてにそっくりなわけでなく、ものすごく速かった。

走順は事前にネットのあみだくじで決めておき、私は3走を走りました。
ゆるランで走るつもりでしたが、後ろから猛烈な勢いで走ってくるランナーに抜かされると、私も思わず力が入り、ガチ走り。

結果、26分6秒でした。
もう少しがんばれば、25分台突入だったのに、と悔しがったりして。なんて、鈍足の私には上出来なタイムです。

レース後、M高史さんのパフォーマンスがありました。
ラン姿は何度も見たことあるけど、パフォーマンスを見たのは初めて。
モノマネで歌を歌ってました。けっこううまい。

参加賞はタオル。ちょっとささやかな気がしますが、ローカル駅伝にふさわしいかも(笑)。
でも、終了後、無料でふるまわれた豚汁はおいしかった。

4人で楽しく走って、帰りは日暮里でラーメン。〆はやっぱりラーメン!かな^^

e0100044_10181547.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-04-24 10:18 | ランニング・トレラン
青梅高水山トレイルラン2014
6日、青梅高水山トレイルランレースに出走しました。15kmの部です。
(完ぺきランニングブログになってます(^^;))。

5日の土曜日はピーカンだったのに、夜中から一転、土砂降りに。

実は前日、ラン友さんたちと鎌倉へトレランに行ってました。
といっても、私は途中参加で、お山はほとんど走らないで、半分以上ロードで10km程度のラン。
昨日は疲れも感じず、レースのウォームアップとして、ちょうどよかったかな、と思っていたのに、朝起きたら…

腰がぁ、いたたたた…。

疲労感漂う哀愁のおばさんになっていました。どんより…(◞‸◟)。
腰痛持ちなので、疲れると腰に出るのです。

しかも、外は雨。
今日はDNS(棄権)しちゃおうか、と少々イジイジしましたが、天気予報を見ると、午前中だけでしたが、「晴れ」マークが付いてました。

ふ~む、これから晴れるのか…それじゃ、仕方ない(^^;)、行くか、と名実ともに重い腰を上げて、出かけました。

ただ、7時前に家を出る時点で、すでに雨は上がっていました。
電車に乗っていると、天気はグングン回復。日が差してきました。
おお~、天気予報通り。ひょっとして、レース日和か^^。

青梅の会場に着き、ラン友さんと連絡を取り、出走前のお約束の写真をパチリ。

e0100044_9322610.jpg


10時半スタート。
ロードのマンモスレースのように、ゴール予想タイムでスタート位置を振り分けられることがないので、今回は女性のラン友さん(もう1人は30km)といっしょのスタートです。

スタート時は曇り、でも、序盤で雨が降ってきました。
あっれ~雨は困るよ、早く止まないかな、と願うも天候はどんどん悪化。
雨はアラレだかヒョウだかに変わり、白い結晶粒がトレイルを埋めていきます。

うう、このままずっとこれだと、トレイルはグチャグチャになってしまう。
ヤバいよヤバいよ、転んだらどうしよう、と不安になりつつ走っていたら、また、晴れてきました。なんだかな、ヘンな天気。

めぐるましく変わる気まぐれな天気、きつい登りにコワい下り。半分も行かないうちに、完走できるか不安になってきました。
でも、コースがさほどぬかるんでなかったのは幸い。

肝心の走りはどうだったかというと…。

私は他のランナーと一緒にスタートしても、たいていは自分がノロいので、ジリジリ遅れて行って、その後、2度追いつくことはないパターンばかり。

しかし、トレランはコースが狭いので、一列縦隊にならざるを得ず、ラン友さんとしばらく付かず離れずの状態が続きます。

こうなるとどうすればいいのか、よくわかりません。
自分に走力があれば、どこかのタイミングで追い抜くことができるのでしょうが、そんな力はないので、申し訳ないけど、しばらくストーカーしてしまいました。

ラン友さんには迷惑だったと思うけど、私はプラスになりました。後追いすることで、引っ張ってもらえ、自分の走力以上のスピードで走れたから。

トレランレースはタイムをあまり意識しないので、目標タイムは特になく、せいぜい御岳山トレランの時とほぼ同じ距離ゆえ、2時間半内にゴールできれば、御の字と思っていた程度。
時計もほとんど見ませんでした。

ラン友さんとは、その後、一時的に抜いたり、また追い抜かれたり。
結局、最後は力尽きて離されてしまいましたが、2時間37秒と、予想外に速めのタイムで(私にしては)、ゴールすることができました。
あとわずかで2時間切りなんて、ちょっとでき過ぎです。

これはひとえにラン友さんに引っ張ってもらったおかげ。
ありがとうございました。そして、勝手にストーカーしてごめんなさい<(_ _)>。

でも、タイムはどうでもいいんです。ケガなく無事完走できたことの方がうれしい。
「トレラン=ケガ」長い間、これがトラウマなっていたので、今回でかなり払拭できたかも。

しかし、ひたすらケガしないように足元を見て、駆けていたので、景色を見る余裕がありませんでした。
本音をいえば、もう少しゆとりを持って走りたかった。いつか走らないで、のんびり山歩きに来てみたいな。

e0100044_1013115.jpg


ゴール後、30kmに出場したもう一人のラン友さんを待っている間に、別のラン友さんにも会えました。
日本を代表する女性ワラーチランナーです(と私は思っています)。
ワラーチでお山を疾走するなんて、私には考えられないけど、とっても凛々しくてカッコよかった。

天候のせいもあり、正直、きつかったけど、終わってみれば楽しかった。やっぱりロードよりトレイルの方が好きかも( ´ ▽ ` )ノ。

スタッフの皆さん、ありがとうございました。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-04-08 10:18 | ランニング・トレラン
板橋Cityマラソン2014
23日、板橋Cityマラソンに出走しました。

今シーズン3度目、最後のフルマラソンです。2年前の2012年に続いて2度目のエントリーです。ちなみに2012年の板橋が初フルでした。

元々、板橋にエントリーするつもりはなかったんですが、万一熊本城でも結果が出ないとなると、悔いが残るな~と思って、シーズン最後に近場のフルを入れておこうと考え、エントリーしました。

今シーズンは、秋のつくばマラソンでまったく走れず、撃沈して、走るのがイヤになりましたが、2月の熊本城マラソンで、サブ4.5に返り咲き、めでたしめでたし(*^^*)。
で、これで終わりにしとけばよかったんですが…。

結果を先にいうと、またつくばの状態の「フリダシに戻る」になりました。
「フリダシに戻る」のいい訳――

その1:2週間前にひいた風邪が長引き、花粉の影響も多少あるのか、鼻水が止まらない状態だった。
その2:なぜかお腹がゆるくなって、トイレストップ2回、それにシャーベット休憩など、ロスタイムが長かった(10分以上)。
その3:熊本城後、気がゆるんでしまい、この1ヶ月さして練習してなかった(^^;)。
その4:暑い、風が強い、堤防工事の影響で砂利道があった(←これはみんな同じ条件)

とりあえず、レースの顛末を書いてみました。

e0100044_1857392.gif


当日は朝から晴れ渡り、暑くなりそうな気配。薄手の長袖アンダーシャツに半袖Tシャツを着たけど、Tシャツだけでもよかったかも。

ランナーは浮間舟渡で降りますが、私は一つ先の戸田公園まで乗って降りました。
一つ先だけど、会場までの歩く時間はほとんど変わらず、駅は空いていてトイレはまったく並ばずにすむし、歩くのも楽々。
以前、ベテランランナーさんに教えてもらったお知恵です。

会場に着いたのは8時頃。9時スタートだから、参加賞もらって、トイレ行って荷物預けていたら、あっという間にスタート時間が迫ってきました。

自分の番号のスタート地点は、スタートゲートの遥か後ろ。延々と歩いてやっとたどり着いた頃には、もうすでに5分前。ちょっとあせ~、全然ウォームアップしてない。

e0100044_1843492.jpg

9時スタート!

号砲は鳴れども、ちっとも進まず。のろのろと歩き出す。スタートラインを越えたのは13分ほど過ぎてから。ここまでグロスとネットの差があるのは初めてです。

やっと走り出した。最初から調子がよくない。身体が重い、足がよく動かない、あと暑い。
オマケに2km過ぎでお腹が…トイレ行きたい。え~早すぎ~。

ゲーリーではないが、緊張からか?ゆるくなってしまったよう。朝から3回も行ったのに。トイレが気になりだすと、レースに集中できない。

それでもなんとか10km過ぎまでガマン。やっとあまり並んでないトイレを見つけ、駆け込む。早くも3分くらいのタイムロス。

鼻水はどうかというと、前日耳鼻科で処方された薬の効果もなく、のべつ幕なし鼻水が出ている状態。
エイドの度に、使用済みティッシュを捨て、ポーチに入れておいたティッシュをショートパンツのポケットに入れ直す作業の繰り返し。なんか悲しい(-_-;)。

10kmまではほぼ1時間。まともに走れたのはここまでだった。
以後、ラップは遅くなったり持ち直したり、一定しない。早くも7分/km台も現れた。
なんだか疲れた。どうしてこうも走れないんだろう?

そんなとき「ゆららさ~ん!」の声。
ん、どこから?一瞬空耳だったかな、と思ったけど、もう一度声がしたので、振り向くと、ラン友のワラーチランナーさん。

しばし、おしゃべりをしながら並走できた。苦しいレースだったけど、ここだけ楽しいひとときだった。声をかけていただき、ありがとうございます。

やっと折り返し。2時間15分くらいか。もうサブ4.5は、がんばっても厳しい状況。いつまでたっても楽にならないし、脹脛も痛い。

「疲れた~」の独り言を連発。足もなくなったけど、気力もなくなった。途端、ますます遅れだす。
気持ちが切れると、あっという間に坂を転げ落ちるいつものパターン。
7分→7分半→8分、ついに8分半。こうなると、走ってるのか、歩いているのか、わからない。

さらに追い打ちをかけるように、またまたトイレに行きたくなってしまった。もう何回行けば気がすむの!
でも、出もの腫れものところ構わずだから、仕方ない。

情けないけど、トイレトイレ~?と探しながら走る。28kmあたりのトイレに入り、またまたタイムロス。待ち時間も含め、ちょっと長め。4分くらいか(^^;)。

やっとスッキリしたところで、走りながらぼんやり考えた。
サブ4.5はもう諦めたけど、このままのペースで行くと、サブ5も危ういよな~。しんどいから無理せず、5時間オーバーしちゃおうか。

「いいよいいよ、疲れたんだもん、そうしよう」と悪魔のささやき。
同時に
「今シーズンこれで終わりなのに、それで悔いは残らないのか?このままで終わっていいのか?」と激しく叱咤する天使の声。

(´・_・`)!

「わ~、いやだいやだ。悔いは残したくない。調子悪くても悪いなりに、後悔しないように締めくくりたい!」急に目覚めた。

残り12km、なんとかがんばって、せめてサブ5だけは死守しよう。諦める前に粘れるだけ粘ってみよう!

そこからチンタラ走っていたフォームを立て直し、腕を振り、上がらない足を一生懸命動かしはじめた。
あれ、まだ動く!やればできるじゃん。

そうはいっても、ニンジンがなければ、ここまで気持ちは動かない。そう、目指すは35.4kmのシャーベットエイドっ!

30kmから2kmほど続く未舗装の砂利道がある。周囲のランナーは大半歩いていたけど、絶対歩かないと心に決め、走った(ノロノロだけど)。

少しだけタイムが上がった。でも、8分半まで落ちてしまったラップを上げるのは、ものすごいエネルギーが必要。
かなり速くなったと思っても7分台だ。ガッカリだけど、さっきよりは確実に走れている。
よし、そのままペースを維持して、シャーベットエイドへ突入だ。

やっとオアシスへたどりつく。
周囲を見ると、みんな土手に座って、シャーベットを食べているではないか! 
ここだけレースはどこ?の別世界、ピクニック気分だ~。私も思わず座り込んだ。

あ~生き返る~、おいし~(*^^*)。座ってのんびり3~4分は食べてたかな。タイムロスばっかりです。

正直、この期に及んで座っている場合かよと思ったけど、あと7km気持ちを切らさず走りきるには、この休憩は必要不可欠だったのです(笑)。

さあ、休養十分。後はゴールを目指すのみ。その後ラップは6分台まで回復。サブ5、なんとか間に合いそう。
頭を空っぽにして、ゴールだけを目指して走り続けた。

ついについに、ゴーーーーール!

手元のガーミンでは4時間55分。滑り込みで5時間を切りました(グロスは5時間オーバーですけどね)。

周囲に勇み足でネガティブスプリットなんていってしまったけど、ラップを確認すると全然違っていました(・・;)。でも、気持ち的にはそんな感じ。

e0100044_1954536.jpg


終わった後、2時間近くお待たせしてしまったラン友さんと合流して、反省会という名の打ち上げ~。
駅そばの餃子の王将で、餃子をたらふく。おいしかったし、楽しかったなあ。

e0100044_19502290.jpg


今回のレース、反省点は多々あるけど、なんといっても、中盤20~30kmの大失速。
初めにズラズラ「いい訳」を書き出してしまったけど、調子の波はだれしもあるし、それでも結果を出せる人はいるのだから、こんなの「いい訳」でなく、「悪い訳」。

フリダシに戻ったのだから、また、一からやり直しです。
それでも、つくばほど凹んでないのは、「諦めずに最後まで粘れた」という気持ちがあるから。

これで、今シーズンのロードのガチレースはほぼ終了。タイム的には低迷しました。
歳も歳なんで、もう頭打ちかもしれません。
でも、タイムがすべてではないし、走ることを楽しめれば十分なので、これからもゆっくり走って行きます。

ということで、シャンシャン(*^^*)。
スタッフの皆さん、応援してくれた皆さんに感謝!
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-03-25 20:15 | ランニング・トレラン
大山登山マラソン2014
9日、大山登山マラソンに出走してきました。

このマラソン、伊勢原駅から大山阿夫利神社の下社までのコースで、距離は9kmと短いのですが、登りっぱなしのタフなコースとして知られています。

そんなきついドMレースには、ヘタレな私はハナから出る気はなかったのですが、な~んや、かわいい大会パンフを見て、妙に心惹かれるものがあり…。


e0100044_20354260.jpg


「笑っちゃうくらい坂が続く」
「楽なところが一ヵ所もない」
などと、出走経験者からは散々なアドバイス。

にもかかわらず、最後に「でも、おもしろいよ」と悪魔の甘言を付け加えられ、気の弱いワタクシはつい惑わされ、もしかすると走れば楽しいのかも、などと大いなるカン違いをしでかし…

ええ~い、ネタじゃネタじゃ!と勢いでポチってしまいました(^^;)。

ネタエントリーなので、当然のように坂練など、レース用の走り込みはしないで、のん気に構えていました。
でも、レース近くになって、改めてHPや出走経験者のブログなどを読んでみると…おそろしいことが書いてあるではありませんか! 

標高差650m(9kmで)、ラスト2kmは1610段の石段…
(上記パンフにもしっかり書いてあった。何見てんだ(^^;))。

じぇじぇじぇ! みたけ山の330段の石段でさえ、数段で撃沈だったのに、その5倍って、あせ~(。-_-。)。
あの~ワタクシ、レース前完全にビビっておりました。

e0100044_20471868.jpg


当日を迎えてしまった。こうなったら楽しむしかない。開き直って出陣です。

会場となる小学校に続々とヘン○イさんたちが集結しています。女子比率が低いので、トイレがあまり込まないのがよい。

私は頭が寒いので、熊本城マラソンに続いて、くまモンをかぶっての出陣です。

伊勢原駅前まで移動して、スタート!

最初の4kmまではゆるやかな坂だったので、比較的走れました。
しかし、4kmを過ぎると、勾配がきつくなります。歩くようなスピードで、いつまでたっても楽にならないコースを走ります。
普通はきつい上りに耐えると、ご褒美の下りがあるのに、ない、ないっ!
まったくないっ!
いつまでたっても上り上り上り! 

これが登山マラソンなのだ。

5km辺りで、「ゆららさ~ん!」という声。
その声に振り向くと、応援に来てくれたラン友Iさん。わお、うれしいね。ありがとう。
かなりくたばっていたけど、「がんばれ~!」という声に元気をもらって、手を振って応えて通り過ぎました。

e0100044_2113387.jpg


さあ、前を向いてもうひと踏ん張り。

なんとか7kmまでやってきました。ここからが石段です。

最初はみやげ物店が並ぶ参道です。ここは階段で、数段上ると踊り場的なところがあるので休めます。階段は歩いて、踊り場で少し走る的な。

もう随分上ったな、と思っていたら、階段に段数が書いてありました。
300段ちょっと…え~、まだそれぽっち、ガックリ(><)

その先が神社まで続く石段。雪はほとんどないけど、苔むしていたりして、滑らないように細心の注意が必要になります。私はよくコケる人なんで。

もう、他のランナーも完全に歩いて登っています。なので、抜きようがありません。一列になって、黙々と上ります。

顔は上げずにひたすら下を向いて。だって、上を見たら、まだあんなに上らないといけないのかって、ゾッとするから。

でも、苦しいけど走ってないし、あと長くても1kmと思うと、なんとか耐えられそう。
スタッフの「左へ行けばゴールが待ってます!」の声にホッとして、上を向くと、おお、ゴールが見える!

ついに1610段を登り抜き、フィニッシュゲートをくぐり抜けました。やった~!

e0100044_21144925.jpg


達成感、ハンパない感じ(^^)v。

ゴール後はさらに石段を登って、阿夫利神社にお参り。
七草粥とお汁粉をいただきました。どちらも絶品! 
特にお汁粉には白玉が3つくらい入っていて、超うれしい(*^^*)。
大山みかんもジューシーで、おいしかったなあ。

e0100044_2115439.jpg


タイムは1時間16分ちょっと。このレース、1時間以内で登れば合格点といわれるらしいけど、はるかに及ばず。最後の1kmを16分もかけていたからね(笑)。
とはいっても、制限時間内に完走できただけで満足です。

参加賞はこのレースのウリにひとつのリュック。これをしょって走りました。ゴール後寒いので、ウインドブレーカーを入れてます。

帰りはケーブルカーとバスを乗り継いで(ランナーは無料)、下山。
伊勢原駅前のラーメン屋で、もう1人のラン友Aさんと、Iさんの3人で打ち上げ。楽しかったです。

おみやげは、これまたIさんに買って来てもらった大山名物のざる豆腐と、大山まん志”う(これはIさんからのいただきもの)。
どちらもおいしゅうございました。ありがとうございました。

e0100044_21234954.jpg
※右上は伊勢原市の公式ゆるキャラ、クルリンです。

このレース、確かにきつい。でも、延々変わり映えしないロードの激坂より、山である分、変化があって私は好き。

もうコリゴリとは全然思わなかった。というか、楽しかったし。来年も出たいななどと、密かに思ってしまった。

あれ、私もドMの道を歩み始めているのか(滝汗)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-03-13 21:42 | ランニング・トレラン
くまモン(熊本城)マラソン2014③
まだ引っ張るか~(^^;)。オマケ編です。

くまモンマラソンを走り切って、荷物を引き取り、また歩いてホテルまで帰ってきた。ほんと近いって楽だわあ。

当初は当日帰京しようと思っていたけど、飛行機が取れなくて翌日帰りになってしまった。でも、その方がよかったかも。
全荷物を持ち歩かなくてすんだし、ホテルでゆっくりお風呂に入れたから。

部屋に戻って、お風呂に入ってくつろぐも、まだ明るい。去年10月に来熊したときに、回れなかった水前寺成趣園へ行ってみることにする。

市電にトコトコ乗ってやってきた。4時半の入園締切にギリギリ。閉園は5時だけど、そんなじっくり見るわけでないから、30分あれば十分です。

細川家が作った桃山様式の回遊式庭園。20年ほど前に来たことがあります。変わってない、といいたいところだけど、その時の記憶がすでにない(^^;)。

e0100044_17454272.jpg


お山は富士山を模しているそうです。水の豊かな熊本、長寿の水も湧き出ていました。
でも、やっぱり冬枯れは、真っ茶っ茶でさびしいね。

e0100044_17481225.jpg
e0100044_17483738.jpg


梅は咲いていました。きれい。ここだけ春でした。
その後、市内中心部に戻り、くまモンスクエアなどいってみる。

e0100044_17505725.jpg


会場で一瞬しか会えなかった部長(くまモンは熊本の営業部長なのだ)は、やっぱり不在でした…(。-_-。)

夕飯は太平燕。アーケードをウロウロして、ホテルへ戻りました。
大丈夫と思って出かけたけど、やっぱり疲れた~。ので、早めに就寝。

e0100044_18164049.gif


17日。
早く寝たので、5時半に目が覚めてしまった。もっとゆっくり寝たかったのに。貧乏性(><)。
朝食は昨日食べなかったカレーをいただこうと思ったら、今日はなかった! ちっ、特別メニューだったのか。

時間を持て余すので、熊本城へ行ってみる。
8時半開門なのに、25分についてしまった。でも、開門前に「おもてなし武将隊」が口上を述べるセレモニーがあった。早起きは三文の徳?得した気分です(^^)v

e0100044_1758052.jpg


熊本城には4ヵ月ぶりのご対面。冬は色がないね。

e0100044_1759542.jpg


10月に来たときは、時間がなく、見学しなかった本丸御殿を今回はじっくり回る。2番乗りだった。
スタッフもまだヒマなので、丁寧に解説してくれる。ふんふんと聞き流す私^^。

e0100044_182076.jpg

昭君之間。往時はたぶんこうだったであろうと、想像して復元されたもの。きらびやか。
きっと往時より、かなり盛っていると思うな。

くるりとお城を回って、心残りなく、お城を後にしました。
熊本観光は短いけど、これにて終了。

他に特に行きたいところはないし、仕事が引っかかっていたので、昼便で帰京します。
羽田も除雪できたようで、17日は順調な運航状況でやれやれ。帰りはバビューンと1時間半で帰ります。

楽しかったくまモンマラソン&熊本、さよなら~、またいつか!

機上から見えた富士山の雄姿。

e0100044_1844639.jpg


帰宅したら、家の前の雪は溶けていて、雪掻きせずにすみました。

長々書いたくまモンマラソン顛末記、終わりデス。お粗末さまでした^^
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-02-27 18:19 | ランニング・トレラン
くまモン(熊本城)マラソン2014②
16日朝~!
晴れ、風もなく、天候のコンディションは上々。自分のコンディションは? よく寝たけど、普通かな。

6時半から朝食というので、6時45分くらいにラウンジへ降りて行くと、すでにランナーさんで大混雑。
あれ、出遅れてる。宿泊客は全員ランナーです、たぶん。

朝食はビュッフェスタイル。

いつも朝はパンだけど、レース前はご飯かお餅、それに味噌汁は欠かせない。
ご飯とみそ汁に海苔、梅干、納豆などと、おかずいろいろ、クロワッサンもおいしそうだったのでとる。

あ~お腹いっぱい。ご飯もパンも食べちゃったよ(^^;)。

マラソン前の食事は3時間前にすませるようにといわれるけど、スタートは9時。もう2時間切ったのに、こんなに食べていいんかいな。

スタート地点まで、ホテルからは歩いて行ける距離。
ギリギリまでホテルにいて、トイレを確保しようかなと思ったけど、荷物預けが8時半締め切りだったので、やっぱり早めに出てしまった。

あの、今回はボッチ参加です。知り合いが出ているようだけど、連絡をとるほどではなく。
でも、1人旅は苦にならないので全然平気。つか、気楽だから好き(*^^*)。

そんなわけで、マイペースで最終調整。

問題はトイレ。トイレ問題を解決する一つの手段は、気になったら、時間の許される限り、何度もいっておくこと。
私の場合は、多分にメンタルの要因があるので、ビロウないい方だが、「出し切った」感が重要と思われるのだ。
1回だけじゃ心許ない。結局、スタートするまでに2回行きました。

さあ、そろそろくまモンをかぶって、ウインドブレーカーを脱いで荷物を預け、スタート地点へ向かいます。

このレースの目標は「サブ4.5アゲイン」。
去年の名古屋でサブ4.5を達成したけど、10月のつくばで撃沈。復活を果たしたい。

さあ、そろそろスタート時間だ。

9時2分スタート!

30kmレースが9時スタートだったので、こんな中途半端な時間になった模様(この2分を意識してなかったので、後々ビミョーなタイム差にヘンだな、と思った)。

私がくまモンマラソン参加を決めた理由の1つは、くまモンに会えるかも、と思ったこと。会場でツーショットを撮ったり、ハグしたりできるかなと、ひそかに期待していた。

なのに、くまモンは会場のどこにもいない。
姿を見たのは、スタート地点。ヤツはお立ち台にいた。完全に上から目線だ~!

e0100044_2216088.jpg


やっと会えたので、写真を撮ろうと、スマホをかまえて止まろうとしたら、スタッフに「止まらないで!」と先を促され、写真もこの1枚のみ。

結局、くまモンに会えたのはこの一瞬だけ。
あ~の~、ちょ~っと~ちょっと~残念すぎます~。
せっかくくまモンの被りものとくまモンTシャツの正装で、遠路遥々来たっつーのに。ガッカリ(><)。

仕方ない、もういいや。忘れてレースに専念しよう。

e0100044_2246015.gif


最初の1kmは6:41。渋滞があるのでこんなものでしょう。
2km以降は6分を少し切るくらいのペース。ボチボチいい感じ。

沿道の応援がすごい。途切れることなく続いている。熊本の人は暖かいね。

さすが地元だけあって、くまモン姿の人は、私を含めてかなり多い。
だから、「くまモ~ン!」と声はかかるけど、「あっちにもいる!」とか言われたりして、あまり目立たない。ううむ、想定外。

それでも、声はかかる。普通のウエアで走っているときは、思ってもみなかったけど、応援の声がないと寂しくなるのだ。だから、仮装は一度やったら止められない?!

20kmほぼ2時間、10km1時間のペースで、ここまでは順調に走ってこられた。

そろそろトイレが気になる時間帯。といっても、それほど尿意を感じるわけではない。
あと1時間で終るなら、なしすませられるけど、2時間半かかるとすると、やっぱり行っておきたい。行くならハーフを過ぎてから。

ハーフを過ぎた頃に目にしたトイレ。数人しか並んでなかったので、思わず直行。
そのトイレは個室と男子の小用トイレが1つずつ。並んでいたのは男性。個室を待っているのかと思ったら、違った。
個室からはいくら待っても、だれも出てこない。もしやと思って、ドアを引くと…空いてるじゃん!

空き個室を延々と待ってしまった。ムダなタイムロス。3~4分だけど、ギリギリサブ4.5を目指す私には、もったいない時間だった。

結局、トイレには5分くらいかかった。もう少しロスを減らしたかったな。

ウダウダ考えてもしようがない。先を急ごう。
つくばはハーフを過ぎて撃沈したけど、今回はまだ大丈夫っぽい。足は動いているし、気力もある。

30kmまでは30分/5kmを守れた。東京30kは25kmまでしか持たなかったけど、それより5km伸ばせたのは、東京30kを経験しておいたからだと思う。あれはよい練習になった。

くまモン城マラソンは、これという名物エイドはないけど、給食は充実していた。
中でも一番はイチゴ。イチゴは熊本の名産です。でかくてムチャクチャおいしくて、2個いただきましたー。
あ、トマトもあった。酸味が強かったけど、さわやかでおいしかった(*^^*)。

30~35kmは32分、7分/kmのラップも現れた。やば~。
35kmすぎると、軒並み6分40秒/kmくらいに落ちて行く。う~ん、後わずかなんだから、がんばれ、自分!

35~40kmはずいぶん遅れたが、40kmのタイムは4時間8分。
おっと、このまま行けば、サブ4.5は十分いけるのではないか。 

しかーし、そうは甘くない。ラストに苦難の道が用意されている。
ゴールはお城の中。城内は小高い丘なので、ゴールするには坂を駆け登らなければならない。
最初からわかっていたけど、坂練をほとんどしなかったので、ツケが回ってくる。

さあ、いよいよ城内だ!

心して走って行くと、すぐに上り坂。みんな歩いているじゃないか! 
あれ、ここは歩くのがお約束? 周囲につられて、私もあっさり歩き出してしまった。情けなー(><)。

少し平坦になると、また走って、上り坂になると歩いて…しばしのその繰り返し。

ようやく頂上へ。ゴールが見えてきた。
最後の力を振り絞ってスピードを上げて(ほんのちょっぴり)

ゴーーール! 

ゲートを駆け抜けた。

最後が苦しかったけど、タイムは4時間23分(ネット)。

サブ4.5アゲイン達成ですヽ(´▽`)/。
オマケに名古屋ウィメンズより2分速かったので、ちょっとだけど、PB更新。2分でもうれしい。

ただ、ラスト2kmに15分もかかったことは反省。ここをもう少し速く走れば…やっぱり歩いちゃダメってことか。

ゴール後、味噌汁ときな粉餅をいただきました。おいしかった。

e0100044_22323358.jpg


最初からハプニング続きで。出場できるのかも危ぶみましたが、最後はPB更新のオマケ付き。終わりよければ、すべてよし(*^^*)。
私にとって忘れられない大会になりました。

スタッフ、ボランティアの皆さん、沿道の応援の皆さん、ありがとうございました。
とっても暖かくて、運営も素晴らしい大会でした。マイルがたまったら、また走りに来たいな。

 …③へ続く(オマケ)
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-02-26 22:56 | ランニング・トレラン
くまモン(熊本城)マラソン2014①
昨日は東京マラソンで、都内は大盛り上がりでしたが、私は4年連続ハズレて今年も縁なし。

でもって、これは東京マラソンでなく、その1週間前の2月16日に開催された熊本城マラソン日記です。私は勝手に「くまモンマラソン」と呼んでます(^^;)。

エントリーはフルですが、スタートラインに着くまでが、ドラマでした。

e0100044_2113291.gif


マラソンのスタートは9時なので、当然前泊しないと、東京からは間に合いません。
しかし、15日はご存知のように関東に大雪が降った日。

ただ、私の乗る飛行機は午後3時発と遅い時間だったし、熊本は天気が悪くないので、まあ、欠航はしないだろうとタカをくくっていたら、9時頃いきなり欠航のお知らせメールが!(゚ロ゚;)

あちゃ~、どうしよう。
他の便に振り替え輸送はあるのか? いや、雪で滑走路が閉鎖しているので、どの航空会社の便も飛ばないだろう。

空港に詰めてキャンセル待ち? それも途方もなく時間がかかりそう><
それに、私のチケットはマイルのチケットなので、正規運賃のお客の後回しにされるかも。
問い合わせようにも、電話が殺到しているらしく、まったくつながらない…

う~む、どうするか。最悪DNSが頭と過る。え~、それは避けたい。
多少なりともフルに向けて練習してきたし、ホテルのキャンセル料も痛い。

空を飛べないから、陸路はどうか。熊本って新幹線で行けるのかな? 早速検索。
東海道、山陽、九州新幹線を乗り継げば、時間はかかるが、たどり着ける!

午後出発だからと、のんびりモードだったけど、急遽巻きを入れ、さっさと行動開始。10時過ぎにアタフタと家を出る。

そんな事情で、雪掻きをほとんどしないで、出てきてしまった。
向かいのおばさんの「ゆららさんの家は全然雪掻きしてない!」とブツブツいうのが、目に浮かぶも仕方ない、私がいなけりゃやる人いないもんで。ごめんなさい。

東京駅までは順調だったが、飛行機欠航の煽りを受けたからか、駅内はお客でごった返していた。
新幹線の切符を買うにも長蛇の列。ちょっと早めに家を出てきてよかった。
予定していた時間の新幹線の切符を買って、さあ、いざ熊本へ!

e0100044_2153599.jpg


新幹線は途中、小田原で車輛上部の雪下ろしをするために止まったけど、10分程度の遅れだけで、大雪にもかかわらず、順調に走ってくれました。優秀優秀(*^^*)。

それにしても初めて尽くし。
東京から博多まで、東海道と山陽新幹線を乗りつぶしのたのは初めてだし、九州新幹線にも初乗りだった。

陸路での移動は時間もお金もかかってきついけど、九州新幹線に乗れたのは、ちとうれしい^^。どうせなら大阪から乗ればよかったな~。乗り鉄な気分♪

e0100044_2216341.jpg


17時15分、熊本とうちゃーく。家を出てから、約7時間、やっとやっと着きました。

でも、よく考えたら、飛行機だって、トータルだと5時間くらいかかるのだから(熊本は空港から市内まで、けっこう遠い)、そんなに遠かったわけでもないかな。
だいたい飛行機で来るより、早い時間に着いたし。

e0100044_22132883.jpg


ホッとして、ホテルに向かう市電に乗っていたら、ふと気が付いた。
あれ、ショートパンツ(あるいはランスカ)持ってきたか? ううむ、リュックに入れた記憶がない。

ホテルへ着くなり、荷物を広げ、真っ先に確認。

やっぱり忘れている! もうもう、一難去ってまた一難(><)。どうしよう。

そうだ、受付会場近くで開かれてるEXPOでウエアを売っているかもしれない。きっとあるはずだ~。けっこう楽観。

受付会場へ急ぐ。歩いて行けます。
宿泊先に選んだホテル、中身は大したことなかったけど、立地はすこぶるよくて、とっても便利でした。

受付をすませ、EXPOへ。しかし、都市型マラソンとはいえ、東京マラソンなどとは規模が違う。
それらしき店舗は出店してなかった…ガックリ(-_-;)

うう、Tシャツの下に直タイツでは、ヒップラインもろ見え。たまにそういう人もいるけど、おばさんにはそれはムリ。
代わりになるものといっても、ジャージくらいしかない。え~、いくらなんでも、レースをジャージで走るのいやや!

すでに6時半。スポーツ店を検索しても、近場の店がヒットしない。こうなったら、デパートだ!

熊本のデパートといったら、鶴屋百貨店ですね^^。去年取材できたので知ってます。
閉店間際の鶴屋に駆け込む。

なんと、幸いにもセール品でよさげなショートパンツを見つけることができました。やた! 鶴屋えらい!
柄にもなくピンクですが(^^;)

e0100044_20574385.jpg


ようやくウエアもそろって、夕飯。
新幹線にお弁当を持ち込みそびれ、車内販売も来なかったので、ランチはお菓子を食べただけ。さすがにお腹空きました。

熊本ラーメン食べてホテルに戻りました。部屋でおにぎりも食べたよ。カーボローディング(^^)v。

e0100044_224449.jpg


やれやれ、どうにかこうにかスタートラインには立てそう。しかし、1日中バタバタで、走る前に十分疲れきりました。
こんなんで明日走れるのか。

 …②へ続く。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-02-24 23:10 | ランニング・トレラン
スイーツマラソン2014
19日、今年最初のマラソン大会がありました。その名もスイーツマラソン。

エイドステーションに和洋取り混ぜたたくさんのスイーツが並ぶ、お菓子なおいしい大会です(笑)。
エントリーは10km。

昨日は快晴だったけど、冷たい風がピューピュー吹き付ける、寒~い1日でした。会場がお台場なので、特に海風が寒くて凍えてました。
でも、お菓子を食べる気は満々^^。

10時15分スタート。
私はキャップにバニーの耳を付けていたのに、早々に風でキャップごと吹き飛ばされそうになりました。
仕方なく取った途端、髪を結わいていたゴムが飛ばされ、ザンバラ髪に。

以後、キャップは手で持って、髪を振り乱して走りました。ジャマだっただけでなく、髪の毛グシャグシャで写真に撮られたくない姿で、走りました(><)。

このレースは、1周2kmの周回コースを5周します。
スイーツエイドは1ヵ所だけど、そこを5回通るので、お菓子にありつけるチャンスが5回もあるのです! 
しっかし、2kmに1回、甘いものを食べていたら、当然走る以上のカロリー補給になりますな(^^;)。

1周目のスイーツエイド、初めて見るずらりと並ぶお菓子の列に狂喜乱舞!
あれもこれもと欲ばり、つい両手に持って食べまくり。

そのせいで、2kmに15分もかかってしまった。
お~っと、このペースで行くと、80分の制限時間ギリギリなってしまう!
さすがにあせり、少しスピードを上げ、次のエイドでは控えめにして先を急ぎます。

少し余裕が出てきたので、3周目はもうちょい試食。
しかし、スイートポテトは要注意でした。走りながら食べたので、途中でむせてしまった。

でも、給水ポイントはすでに過ぎてしまったので、次のエイドまでひたすらガマンするしかない。
く、くるし~(><)

4周目、やっと水分補給。

最後の周回は勇気を出して(?)エイドをパス。もったいなかったかもしれないけど、最早お腹いっぱいだ~。

やっと5周して、ゴール!

タイムは寄り道しているから、当然遅いわけで1時間少々。記録を狙うレースじゃないからまったく問題なしです。

お菓子はバウムクーヘン、フィナンシェ、チョコレートケーキなどのケーキ類に、大福やみたらし団子などの和菓子系もあり、バラエティ豊かでした。
でも、果物のイチゴがさっぱりしていて一番おいしかったかも(笑)。

振り返ってみると、1周目はみんながっついて大混雑。
でも、2周目以降は空いていたので、1周目は横目で全ラインナップを見て何がどこにあるか把握して、2周目以降にガッツリ食べる作戦がいいかも。
食べ逃したものがけっこうあるので。

スイーツマラソン完全攻略には、意外とテクがいるようで。
もう1度出場する機会があったら、今度こそ効率よく完食したいぞよ!

参加賞はネックウォーマー(大変役に立ちました)とアップルチーズケーキ。
楽しい大会でした(*^^*)。

e0100044_21251559.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-01-20 21:25 | ランニング・トレラン
足立フレンドリーマラソ2013(+全日本フィギュアスケート選手権)
今年の走り納めは例年通り、この大会、足立フレンドリーマラソンで〆。

この大会の最大の利点は、なんたって、交通費ゼロ円なところ。会場にチャリで行けるほぼ地元といえる大会です。そんなわけで3年連続出ています。

去年までは10kmでしたが、今年はハーフにエントリー。

実は23日は大忙しでした。
この大会に申し込んだのはかなり前。その後、全日本フィギュアスケート選手権の詳細を知って、ちょっとあせりました(^^;)。
何せ、ハイライトの女子FSの日と重なっていたのです。

全日本は来年のオリンピック代表がかかっている重要な大会。絶対ライブ観戦したいと思っていました。
とはいっても、チケ取りは抽選。当たるかどうかは運次第。同日だけど、とりあえず申し込みました。

そしたら、見事当選!

当たったはいいけど、ハーフを走った後、大急ぎでさいたまスーパーアリーナへ駆け付けねばならなくなりました。
オマケに22日(女子SP・男子FS)も当たっていたので、2日続けてスーパーアリーナ通いするハメに。

ああ、なんと、うれしい誤算!
でも、どちらも大事、2つとも可能な限り行きます。

まあ、11時スタートで2時間半かかったとしても、家へ戻ってシャワーを浴びてアリーナに向かっても、遅くとも4時には間に合うはずです。


e0100044_20481760.gif


前フリが長くなってしまいました。

前日の全日本が終わって帰宅したのは12時近く。スタート時間が遅いのが、せめてもの救い。
でも、うれしいことに、友人2人が応援に駆け付けてくれました。これはがんばらないわけにはいきません。

私はクリスマスっぽく、トナカイのカチューシャを付けての出走です。

荒川の河川敷なので、応援がそれほど多いわけでないけど、それでも、「トナカイ、がんばれ!」などと声をかけられると、うれしくてついがんばってしまう。そこだけだけど…。

レースは、前半は5分40秒/km余りで走っていましたが、13km過ぎから失速。やっぱり持久力がない。スタミナも足りない。

後半はきつかったけど、18km辺りで、中学生らしき男の子に
「トナカイかわいい、がんばって~!」といわれ、
「おっし、がんばるぞっ!」
と気合が入りました。この掛け声で最後のひと踏ん張りができたみたい、へへ。
その中学生のお母さんよりずっと年上だと思うけど(^^;)。

タイムはグロス2時間6分、ネット2時間3分。2時間も切れないけど、これでもプライベートベストです。
つくば以来、練習に身が入らず、さして走ってなかったのに、PB更新できたのは友人の応援と、トナカイ効果があったのかも^^。

2013年の走り納めとしては、満足です(^^)v。

友人にはゴール後再び会えたけど、埼玉へ行かないとならないので、挨拶もそこそこに別れました。
せっかく来てくれたのに、時間がなくてごめんなさい<(_ _)>。応援ありがとうございました。

e0100044_2142462.jpg


全日本はペアやダンスは見られなかったけど、女子のFPにはほぼ間に合いました。

途中睡魔に襲われ、意識の飛んだ箇所があったけど、最終グループはおメメパッチリ。
テレビでも感動のシーンが繰り広げられたと思うけど、会場の盛り上がりはすごかった。涙、涙の大感動の嵐(T-T)。
あの感動をライブで味わえて、幸せでした。ハーフの後はしんどかったけど、行ってよかった^^。

e0100044_21102818.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2013-12-30 21:23 | ランニング・トレラン
| ページトップ |