いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:お出かけ( 60 )
Top▲ |
プチプチ・クリスマスパーティ
クリスマスなんて何もやらないつもりだった。どこにも行かずに、誰にもあわず、仕事とレポートに追われる…はずだった。ところが、突然、友人から「ダンナがいないから、ウチに遊びに来ない?」というお誘い。

仕事が、レポートが…という言い訳はどこかへすっかり飛んで、二つ返事で「行くー!」(汗)。

ピザが食べたいので、生地を買って行くから、そっちで焼こうと提案すると、生地コネ機(なんというのか?)があるので、生地から作りましょうとのこと。やったー! いつかトライしてみたかった手作りピザができる。
e0100044_20314957.jpg
来客は私だけ。でも、彼女はテーブルセッティングや部屋の飾りつけは、決して手を抜かない。といっても彼女にしてみれば、「いつもの通り」なんだって。「いつも」レベルがウチの「いつも」と違うのだ。目の保養させてもらっています^^。

ピザは3枚焼いた。1枚目はまずくはなかったが、少し分厚くて、よくいえばナポリ風。でも、もっと厚みがあり、アメリカなどでよくみられるパンのようなピザになってしまった。

よーし、2枚目はもっと薄く伸ばそう。縁を引っ張って、うす~く伸ばして、オーブンへ。今度はパリッとして焼け、焦げ目も香ばしいマルガリータに。形は悪いが、う~ん、焼きたては相当うまい! 3枚目もほぼ成功。これはおみやげになった。
e0100044_21411927.jpg
私はドライフルーツケーキとピーナツバタークッキー(hiroさんに教えていただいたもの)を焼き、持参した。

ケーキに使ったドライフルーツは、1年間ブランデー漬けにしていたもの。去年買ったラミーフルーツ、半分しか使わなかったので、残りにブランデーをジャブジャブかけて、寝かせておいた(というか、存在を忘れていた)。

焼きあがってからもラム酒のシロップをたっぷり塗り、洋酒とスパイス(シナモン、ナツメグ)の効いた濃厚なフルーツケーキに仕上がった。

クリームの付いたフワフワのケーキもいいけど、たまにはこういうのも渋くていいでしょ。オトナの女(おばさん)にふさわしいっしょ(笑)。ピーナツバタークッキーも好評でした。

実は彼女の家では、去年もクリスマスパーティを開いた。そのときは何人か呼んでいたが、今年は小ぢんまりと女二人。寂しいと思うなかれ。女二人、おしゃべりしながら料理をつくる楽しさは、何にも代えがたいのだ。

お台場の夜景も見たし、ジュースのようなカクテルを飲み、ほろ酔い気分になったハッピー・クリスマスイブでした♪。

>前スキンについて
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-25 20:53 | お出かけ
東京の夜景
少しお休みしてました。なんやかや年末は忙しい(といっても決して掃除などしてません)。学校のお尻が迫って来たので、提出物に追われているのです。なので、年末年始にかけて不定期にお休みするかも。
e0100044_1055975.gif

出かけたついでにクリスマスイルミネーションやビルのライトアップを撮ってみた。
e0100044_1158857.jpg

上下段は東京名所としては、有名どころだが、中段「元渕江公園」てどこ?と思われるだろう。足立区竹ノ塚にある公園です。他の場所は出たついでだが、これだけはわざわざ出かけて行った。夜の竹ノ塚くんだりまで(お住まいの方、失礼)、ついでに行くこと、ほとんどありませんので。

竹ノ塚駅から元渕江公園にかけて「光の祭典2007」なるものが開催されているのだ。そう遠くはないので(歩いては行けないが)、撮影がてら見物しに行ってきた。

写真で見ると、そんなにおかしくはないかもしれないが、行ってみてガックリ。どうにも野暮ったい。やっぱり足立区?(自虐的)

白一色の方がよっぽどきれいなのに、わざわざ多色使いにして、センスが今ひとつ。トナカイややツリー、屋根状になったミルキーウェイなど、それなりにそろっていても統一感がなく、なんか中学校の文化祭みたい。デザインしたのは、プロのイルミネーターでなく、役所のオジさんだったりして?!

このイベントが、ごく局所的な盛り上がりで終わっている理由が、見てみてよ~くわかった。友達を誘おうと思ったけど、不興を買っただろうから、1人で十分でした。でも、一度見てみたかったら、気がすんだわ。もうちょいがんばれ!

下段右の赤坂プリンスホテルは、写真がボケボケでよくわからないかもしれないけど、窓を利用してクリスマスツリーが描かれている。おもしろい。

もっと有名なイルミネーションの名所はあるけど、どこもそこそこきれい。この時期、夜のお散歩もいいかもしれない。

外出先から、内容を修正しようとしたら、なぜか途中からぶっち切れていた。思い出しながら、書き直したけど、細かいところ忘れた。もぉ~何で消えるの!
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-21 01:38 | お出かけ
フェルメール展
e0100044_2341469.jpg先日、国立新美術館で開催している「フェルメール展」に行ってきました。

またまた、タダでもらったチケットです(おまえはタダでないと行かないのか?そう、ワタシはタダが大好き^^)。

混雑していると聞いて、覚悟していったのですが、平日だったので、込んではいたけど、耐えられないほどではありませんでした。

しかし、「フェルメール展」というので、私はフェルメールの絵がたくさん(といっても、描いた点数が少ないけど)あるのかと思っていたら、「牛乳を注ぐ女」1点のみでした。

タイトルをよく見ると、「フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」とありました。行ってから気付く、相変わらずのボケ。なんで、わかってないんだろ?

なので、初めは聞いたことのない画家による風俗画がズラズラ続きます。美術に詳しい連れの友人も、ほとんど知らないよう。

風俗画とは庶民の姿を描いた絵画です。台所で働く女性や針仕事をするようす、バックギャモンに興じている男たちなど、生活感あふれる姿が描かれています。

いい加減、風俗画に飽きてきたところに、にわかに混雑が激しくなってきました。いよいよフェルメールのお出ましです。

まず、この油彩画がいかに素晴らしいか、見どころをビデオでレクチャーしてくれます。構図の妙や色彩の美しさなど、心してみなさい、という訳。

レクチャーを経て、にわか知識を仕入れたところで、ご対面。絵は大きくはないですが、それまで見せられていた風俗画より明らかに素晴らしい。素人目にもわかります。

構図もさることながら、色彩がきれい。青と黄色、それに赤。絵の前は立ち止まっていけないのだが、少し離れてじっくり拝見しました。柔らかな光がいいね。

出口まで行ってから、最後にもう一度戻って、この絵を見て、新美術館を後にしました。それにしても、たった1点でこんなにたくさんの人を、呼べるってすごいこと。みんなフェルメールが好きなんだね。

e0100044_23423794.jpg帰りに六本木ヒルズの毛利庭園を散策。まだ、紅葉が残っていました。ただし、デジカメを忘れたので、携帯写真です。画質が悪いのは悪しからず。

この時期は夜がきれいなんですが、暗くなる前に帰ってしまいました。健全だわ~^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-12-07 23:51 | お出かけ
一番乗り忘年会のグチ
夕べは2007年の忘年会のトップバッターであった(これっきりかもしれないが)。

この時期だと、まだ単なる飲み会ともいえるが、一応「忘年会」と銘打っての召集。毎度お馴染みの高校の同期会である。

e0100044_22574353.jpg半年ほど前にも会っているので、当初、行くつもりはなかったが、諸事情から急遽参加することになった、同日の医療関係のシンポジウム会場に、忘年会の店が、非常に近接していることがわかった(→会場の東京国際フォーラム)。

すごく近くに来ているのに、素通りして帰るわけにも行かないではないか。ということで、ドタ参になった。

会はだいたいいつものメンバーで、それなりに盛り上がったが、一人問題オヤジが紛れていて、空気を寒ーくしていた。危ないロリコン趣味オヤジ。コ○○、いい加減にせーよ。次回は参加メンバーを、チェックしてから行こう。

ま、そんなヤツは無視すればいい。しかし、無視できないのがお支払い。1人8000円。年に一度の忘年会、みんなすでにいい歳で、裕福そうなメンツだったので、大して応えないのかもしれないが、ビンボーライターには相当な痛手だ。同じ収入レベルで考えてくれるな、ひとケタ違う。

だって、出費の大半は飲み代なのよ! ロクな食べ物も出ないし。私なんてビール1杯にグレープジュースを2杯ほど飲んだきり。これじゃ明らかな割り勘負けだ。人の飲み代、払わされたみたいで、ムカつきました(`o´)。

集金時、「女子は少なくていよ」と小声でいっていた良識ある男子がいたのに、結局、雑音の中にかき消され…。もっと大きな声でいえよ~! 

私がケチなだけ? ドタ参の身で大きなこといえないが、できれば、会費制にしてほしかった。幹事さん、しっかり考えて。

シンポジウムも参加費がやたら高くて、1日で相当な出費。結局お金がなくなり、2次会はパスしました。2次会に行かなかった理由は、それよ! 行かなかったんじゃなくて、行けなかったんだよっ。

ああ、ビンボーってイヤ。グチでしたm(_ _)m。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-11-24 22:41 | お出かけ
墓参りのついでの愉しみ
前回に続いての「お愉しみ編」。でも、墓参りのついでとは?

今日は父の命日、と思って、2004年の日記を見てみたら、2日だった…。3年で忘れてしまうなんて…。ごめんよ、お父ちゃん><。

三回忌は去年やったので、今年は何もない。誰も来ないし、連絡もない。姉からは相変わらず音沙汰なし。ま、いいです。何かあれば、連絡来るでしょ。しばらく静観。

何もしないが、せめてお墓参りには行く。行ったのは昨日。お菓子とお酒と花を持って行った。お彼岸は退院直後で行けなかったので、入院する前に行ったきり。約2か月ぶりだ。

前回植込みの伐採や雑草取りを、徹底的にやっておいたので、今回はきれいなものだった。それでもお掃除して、お線香をあげて、手術の成功を報告してきた。

お墓は八柱にある都立霊園。千葉県だが都立。千葉県の皆さん、広い土地を使ってごめんなさい。

30年ほど前、母が死去した際、父が都立霊園にお墓を建てた。父の先祖の墓は千葉県君津にあるのだが、夫の実家の墓に入れるのはかわいそうだし、それに遠くてそうそうお参りに行けない。

父が試しに、都立霊園の墓地募集に応募したら、倍率高いのに一発で当選。以来、ここが我が家の墓となった。

30年ひと昔、いや10年×3昔? 当時、八柱駅に降りると、周囲は空地や畑ばかりなり。店もなく、人も閑散としていた。

それが来るたびに、様相が変わっていく。駅前に大手スーパー、ハンバーガーショップ、ファミリーレストランなど、どんどん新しいビルや店がつくられていった。30年たって、ひととおりの店ができ、人通りもにぎやかになり、すっかり村から町に変貌した。

ひとつの町が生まれ育っていく成長の過程を目の当たりにした思い。今はだいぶ落ち着いてきたが、それでもマンションは続々。町が大きくなるときのダイナミズムってすごい。

ただ、どこにもある店はそろっても、おしゃれで個性的な店となると少なかった。でも、見つけたんです。かわいいお店を。といっても、シェルさんのブログで知ったんですが。

その名も「カトウパン」。何や身もフタもないようなシンプルな店名だが、若い女性が1人でつくっているパン屋だ。たぶん、加藤さん?

e0100044_1846917.jpg小さな店だが、種類が豊富。バゲットやバターロールなどの朝食にぴったりのパン、総菜を焼きこんだパン、カレーパンやあんパン、サクサクのデニッシュ、もちもちベーグル、コロコロしたラスクなどなど。

どれをとっても優しい味わいで、おいしくて、丁寧な仕事ぶりがうかがえる。写真上のカボチャと小豆のデニッシュ。ツヤツヤでそそられるでしょ。思わず買っちゃいました。五穀を混ぜ込んだ丸パンもおいしい。

うれしいことに、どれもみなリーズナブル。丸パン1個80円。良心的な町のパン屋さんです。

これが「墓参りのついでのささやかな愉しみ」というわけ。墓参りってのが、無粋だけど、おみやげのないお出かけなんてつまらないもんね(笑)。

>>カトウパンのデータ
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-11-04 19:21 | お出かけ
蔵の街、栃木
少し前のお出かけ。台風の来る前日の4日、蔵の街、栃木へ行って来た。

例のウォーキングガイドの取材のオーラスだ。栃木は、落ち着いた風情の街で、最近、サライでも紹介されていたオーラスにふさわしい場所、そう思って出かけた。

ちょうど、行ってみたいという友達がいたので、今日は連れもある。もう仕事じゃないな~^^。

といっても、仕事は仕事。街中をのんびり散歩するだけではない。ウォーキングなので、大平山の中腹にある神社にも行かねばならない。友達はそこはパス(私だって仕事じゃなきゃ行きたくない)、というので、一足先に現地入りして、1人大平山麓へ。

e0100044_11382728.jpgバスを降り、石段を上る。両脇にはアジサイの植え込みが続く。花の頃はさぞやきれいだろう。しかし、今はただ緑の葉が生い茂るだけ。

まだ、10時前とはいえ、けっこう暑い。運動不足の身には、石段はきつい。早くも息が上がる。やっとアジサイの石段が終わったと思ったら、今度は神社への長く急な石段。

うへ~。もう汗ぐだぐだ。石段があるのはわかっていたが、こんなきついとは、思わなかった。

取材に来ていて、こんなこというのはおこがましいが、街歩きのつもりだったから、軽装。一応、足元はスニーカーだが、7分丈のパンツにフレンチスリーブのオーバーブラウス。どう見ても山登りの服装ではない。

平日の午前中、誰も歩いてやしない。遠目にはネーちゃんに見える女が、朝もはよから1人で、大平山神社に大急ぎでのぼるなんて、よほどお参りしたい一大事でもあるのかと思われそう。あ、誰もいないんだから、思わないか(笑)。e0100044_11385839.jpg

やっと神社へ。先行きの無事を祈り、謙信平へ向かう。

ああ、広々~。ここまで来てよかったと思えるところ。しばし休憩。お茶屋さんが並んでいる。しかし、確認すべきところは夏休みで臨時休業。なんだよ…(--、)。
e0100044_11394325.jpg
大慌ててで、栃木駅に戻り、友達と合流。11時半。どんどん暑くなる。蔵の街の一押しスポット、幸楽橋周辺へ。

e0100044_11402058.jpg川沿いに黒塀が続き、柳が風にそよぎ、しっとりした風情を醸し出す。ここだけ見ると、すてきな街なんだが…。

友達といっしょに一通り、街中を回ると、腹がすいた。それに暑い。店に入って少し涼みたい。さて、何を食べるか。

栃木は、「ジャガイモ入り焼きそば」が名物なんだそうだ。なんじゃそれ?最近はやりの町おこしの一環らしい。観光案内所で教えてもらった、テレビ取材もあったという店へ。

e0100044_1372989.jpgどう見ても町場の食堂。それもさえない…。この店で名物が食べられるの?

中は手前が駄菓子などを売るスペースで、奥は座敷で、鉄板がおいてある。は~これって、下町育ちの私には懐かしい風景だ。もんじゃが食べられる駄菓子屋を、もう少し大きくした感じなのだ(この店「こうしんの店」といい、今月のdancyuに載ってました)。

しかし、汗だくの私たち、涼むために店に入ったのに、ここにはエアコンなど、素朴さに反する機械はなく、扇風機が回っているのみ。ふぇ~、風は熱風だよん。思わず出ようとしたけど、焼そばだけは食べてみたい。ぐっと我慢。

e0100044_1375968.jpgそして、ジャン、名物登場。これがウワサのジャガイモ入り焼きそばです。要はソース焼きそばにジャガイモが入っているもの。コッテコテのソース焼きそば、まずくないです。意外と好きです。でも、なんというか、とてもジャンキーな食い物。

街の自慢の逸品というより、昔から子供たちに食べられていた地元のおやつなのだ。ひっそり裏方をしていたのに、ひょんなことから、無理やり表舞台に引っぱり出され、スポットライトを浴びたようなもの。お値段350円ですから、焼きそばくんも戸惑っているはず。

そうそう、これは下町でいえば、子供の駄菓子、もんじゃなのよ…と、お品書きを見ると、なんと、ここにももんじゃがあるではないか。あ~思い出してしまった。「東武線沿線もんじゃ発祥説」を。

もんじゃの発祥は諸説あるが、群馬、栃木あたりで生まれ、東武線をたどって、東京下町に南下してきたという説があるのだ。やっぱり本当なのだろうか。あながちウソではない気がしてきた。

うだる暑さの中で、急いで焼そばを食べ、涼しさを求めて蔵造りの和風喫茶へ。さすがにエアコンはあったが、あまり効いてなーい! もうぐ~ったり。

e0100044_12101618.jpg結局、駅前のマックに入り直して、やっと涼んだ。暑い1日であった。

おみやげはひろ田菓子舗の天日干し羊羹。表面が乾いていて、角がパッキリ、甘みが凝縮されているようで、おいしい。右が大納言、左が黒糖。

しかし、蔵の街。サライで情緒たっぷりに紹介されていたから、もっと期待していたんだが。蔵造りの建物はあるにはあるけど、散在していて、まとまりが感じられず、平日のせいか活気もなかった。同じような川沿いの小京都なら、千葉の佐原の方がよかったかも。

足首のねん挫で始まり、最後まで足首には泣かされ(実はまだ痛いのよ、本当にねん挫か)、しまらない最後だったが、ようやくこれで夏休みを兼ねた取材終了です。

さあ、今週は未知の世界へ…。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-09-09 12:55 | お出かけ
夜のららぽーと豊洲
土曜日のこと。有明で医療系のシンポジウムがあった。えらいドクターがいいたい放題のなかなかムカつくシンポで、半分はお昼寝タイム。

終わった後、友人と軽い食事をして、そのまま帰るつもりだった。ゆりかもめに一人乗って豊洲へ。

車窓からららぽーと豊洲のライトアップが見えてきた。へぇ~、きれいね。そういえば、まだ行ったことないな、ぼんやり考えていた。

豊洲駅着。お腹すいた…。食事はしたが、ガッツリ派の私には軽すぎた。何か食べたい! もう8時、いやまだ8時。そうだ、この際、ららぽーとに寄って、おやつを仕入れて帰ろう!

有楽町線駅を横目に、一路ららぽーとへ踵を返す。え~っと、確かドーナツの店があったはず。うろ覚えで店名もわなからないが、食い意地の張った嗅覚は、さっさと探し当てる。

行きたかったのは、「リルドーナツ」だった。直径5センチくらいのミニドーナツの店。1パック8個入り。プレーンは350円。

e0100044_23275736.jpg私はプレーンと他のフレーバーのドーナツ、半々にしてもらいたかったが(4個ずつ)、「それは出来かねます」とのこと。マニュアルにないことはできないのね><。

いいもん、家でシナモンふったりして、自分でオリジナルフレーバーつけるから。ということで、プレーン購入。

e0100044_16592974.jpgせっかくららぽーとに来たので、ほんのさわりだけだが、駆け足で一回り。

アウトサイドがライトアップされて、きれい。オープンエアのカフェやレストランが並び、日本じゃないみたい。ハワイっぽいかな。

涼やかな夏の終わりの風が海から吹いてきて、いい感じ。ということは、当然、デートスポット!

ふと気がつくと、周囲は若もんのカップルだらけ。あとは子連れのファミリーがちらほら。

夜のららぽーとに女一人で来ているのは、私くらいだ。乗り換えついでに、ちょっと寄り道するようなところじゃありませんて!
 
一人で写真撮っている自分が、ものすごく浮いている気がしてきて、慌ててカメラをしまい、立ち去りました。今度は昼間にゆっくり来てみたいです(汗)。でも、いつ来たっていいやん…。

あ、帰宅してから、ドーナツにはシナモンときな粉をふって、8個完食してしまいましたー(大汗)。軽めでサクサク、おいしゅうございました。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-09-03 17:22 | お出かけ
マイプチ夏休み
夕べ、明日は延び延びになっていたお墓参りに行こうと思っていた。朝起きたら6時半。私にしてはとても早い。

途端に気が変わった。お墓参りをやめて、例の残っていたウォーキング取材に行ってみよう。行先はどうするか。パラパラと本をめくり、千葉の佐原に決定。水郷の町である(すげー、行き当たりばったり)。

顔も洗わず、いきなりPCを立ち上げ、乗換検索。ふむふむ、7時45分に家を出れば、9時半ごろに到着する。何しろ成田線は本数が少ない。これより遅くなると、一番暑い時間帯に外歩きになるので、このくらいの時間に着いた方がいい。

バタバタと戸締りして、家を出たが、ちょっと時間がなくなり、朝ご飯は電車の中。昨日ふかしておいたサツマイモだ。

乗り換えは順調。しかし、「佐原」。私は「さはら」と、どこぞの砂漠かと思う読み方をしていたら、本当は「さわら」なんだって。駅員が言っているのを聞いて知った。まったく、そんなことも知らずに出かけちゃったよ><。

予定通り9時半過ぎに、佐原駅着。

e0100044_2172755.jpg町は小ぢんまり。日曜日といっても、まだ早いし、そんなに観光客も多くない。でも、品のよい町だった。ただ、規模があまりに小さい。取材でなく、2時間近くかけて、これだけだったら、物足りないかも。
e0100044_2192993.jpg
(上の2点の写真は、クリックで大きくなります)

お昼は老舗の小堀屋本店でざるそば。このそば、白くてかなり細い。太めのそうめんみたいだった。そばってコシが命と思っていたんですが…。本当は「黒切りそば」というのが、有名なんだって。

右のは、デザートの醤油製造業、正上のしょうゆジェラート。ほんのりしょうゆの香り。でも、ぜんぜんしょうゆっぽくなくて、おいしい^^。
e0100044_21392024.jpg
ザーと駆け足で回ったので、12時過ぎに取材終了。早く出てきて正解。メチャクチャ暑くなるまでに終わったし、川が流れているので、ちょっと涼しさもあった。

では、早めに退散、と思って駅に向かっていた時、メール着信。見ると、友人のOさんから。おお~そうだ、Oさんは、確か成田線の先、鹿島近くに住んでいたはずだ。なんというタイミング! ここまで来たら、後わずか。せっかくだから、あえないものか。

駅について早速、電話。「え~佐原まで来ているなら、潮来まで来て。そこならすぐに車で行けるから」という。

次の電車は10分後、佐原から潮来までは10分少々。かくて、思いもかけぬ展開で、30分後にはOさんと半年ぶりの再会を果たした。

駅まで迎えに来てもらって、利根川の見えるカフェに行き、2時間ほどおしゃべり。たわいのない話で盛り上がり、楽しい時間を過ごした。

帰りは潮来から東京駅まで高速バス。ノンストップで一気に1時間30半弱、乗り換えもなく、ゆっくり爆睡できて楽ちんだった。これなら、ちょくちょく行けそう(なんて)。

ただ、佐原に来て、午後早々に家に帰ってもつまらない。朝予定を変更しなきゃ、佐原になんて来ないし、Oさんからメールをもらわなきゃ、そのまま帰っていた。

ドンピシャのタイミングで、思わぬオプションができて、よかった。今日は人に会う運がある日だったのかも。仕事がらみだけど、マイプチ夏休みでしたー(^-^)v。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-08-26 21:46 | お出かけ
今日も暑いじゃん!
「つぶろぐ」で予告した通り、本エントリに顚末を書きます。なんて、だれも見てないか(笑)。

昨日が避暑地のように涼しかったので、味をしめ、今日もてっきり涼しさを引きずっているものと思っていた。足の故障と暑さで、しばらく中断していたウォーキングの取材に出掛けた。

しかし、駅近くまで行って、カメラを忘れたことに気付き、取りに戻ったりしていたので、スタートが遅くなってしまった。10時半、それでも、まだ、雲がかかり、涼しかった。

電車に乗っていると、徐々に雲が取れて来て、晴れ間が出てきた。晴れると暑い。な~んかやな予感。一昨日の暑さを思い出す。それも行き先は、内陸のさいたまだよ…。

一瞬引き換えそうかと思ったが、途中まで来たのだから、と考え直し、そのまま続行。

浦和駅からはバス。天気はどんどんよくなり、それと共に暑くなる。あ~やだな~。

目的地のさくら草公園に着いたのは、正午近く。お天道様は真上、ジリジリ暑い。バスから降りると、まったく日陰なし。逃げるところがない。

帰りのバス時間をチェックすると、10分後と30分後。ざっと見て、30分後で帰るか、と思って歩きはじめたが、あ、暑い!う~、クラクラしそう。

もういい、帰る~! 軟弱者ゆえ、さっさとギブアップ。涼しいときに、また出直しすればいいや。ふと、道路を見やると、おお、バスが。

しかーし、停留所までが遠い。ダーッシュ! といっても暑くてスピードが上がらない。あああ~、バスは私の15メートルほど先で、無情にも行ってしまった…。

何しろ、日陰もない正午の公園の停留所、乗り降りする人なんて、いやしない。停留所なぞないかのように、素気なくサーっと通り過ぎて行った。

あちゃー、どうしよう。帰るに帰れない。次のバスは20分後。20分もこの炎天下待つのか。

停留所の周りには、日除けになるものは何もない。停留所の衝立がつくるわずかな日陰に身を寄せ、敷石に腰を下ろす。

頭と背中は、衝立の影と日傘で、辛うじて日差しからガードできる。しかーし、お尻だけは隠れない。直射日光のスポットライト! しかも、敷石も充分熱せられている。

5分、10分となんとか、持ちこたえるもすぐに限界。あっちっちっち~! お尻が焦げそう。たまらず立上がって待つ。5分ほどして、ようやくバス到着。よかった。

途中下車して、他をチェックするも、そうそうに退散。ご飯も食べずに家路へ。だって、汗でグチャグチャの洋服が冷房で冷えるのって、気持ち悪いじゃない。休憩なんかするより、一刻も早く戻って、シャワーを浴びたい。

結局、ウォーキングコースは、ほとんど回れず、お店のチェック程度となった。何のために行ったんだか。這う這うの体で帰ってきました。こんな激暑になるとは思わなかったよ。やっぱり、さいたまの暑さは侮れない?!
e0100044_23224229.jpg
→別所沼公園。こんな涼しげな場所もあったが…。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-08-19 23:36 | お出かけ
トプカプ宮殿の至宝展
今日も今日とて暑い。朝からお出かけ。捻挫後の初仕事だけど、今日のは歩かないので楽勝(^^)v。

足首の腫れはすっかりおさまり、内出血の後も黄色くなって、順調に回復。たまに突然痛くなったりするけど、概ね大丈夫。出かけるときは、肌色のサポーターにしたので、靴も履ける。

ご心配をおかけしました。ボツボツ始動です。

帰りがけに、東京都美術館で開催されている「トプカプ宮殿の至宝展」を見に行った。これ、気まぐれにネットで応募したら、当たったのよ。

取材が長引きそうだったので、行けるかどうかわからなかったが、途中で抜けることができたので、ギリギリ間に合った。

「間に合った」というのも、このご招待券、日にちと入場日時が決められているのだ。え~い、面倒だ!と思ったが、そもそも月曜は、この展示の休みの日。それをゆったり見られるようにの配慮か、当選者のために開放してくれているのだ。

一般客がいないのなら、混雑を避けられるかもと思い、行ってみた。私の入場時間は6日の4時~4時45分。着いたのは、4時40分くらい、ギリギリセーフ。でも、多少ずれても大丈夫みたいだったな。

展示物は、オスマン帝国のスルタン(王様)の華麗なる財宝類。とにかくゴージャスなのである。

装飾品はもちろんのこと、スプーンやコーヒーカップ受け、果てはハエを追う道具に至るまで、金やダイヤ、宝石が施されている。手ぬぐいにもキンキラな金糸が。いったい、どうやって手を拭くんじゃ!と突っ込みどころもある。

実は私、今から15年ほど前にトルコ旅行をしたとき、トプカプ宮殿の付属美術館に行っているのだ。だから、この財宝類もおそらく見ているはず。しかし、容量の乏しい記憶の引き出しからほとんど脱落していて、覚えてない。

印象としては、全部初めて見た感じ。日本で見た方が、ちゃんと系統立てて展示してあって、歴史的背景の説明や個々の展示物の詳しい日本語解説があるので、現地で見るよりいいかも。とても見やすくて、よくわかる。

当選者限定にもかかわらず、けっこう込んでいたが、たぶん普通の日は夏休みということもあって、もっと混雑するんだろう。やっぱり、無理しても見てよかったな。

e0100044_23435868.jpgたまには応募もしてみるもんだ。立ちっ放しだったので、ちょっと疲れた。それにしても、トルコ料理が食べたくなりました。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-08-06 21:35 | お出かけ
| ページトップ |