いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:フィギュアスケート( 46 )
Top▲ |
感動のフィギュア週間でした
美姫、情熱の「女性美」で逆転金!歓喜の号泣 | エキサイトニュース

安藤選手の金メダル、そして、浅田選手の銀メダル、さらに中野選手の5位入賞、みんなまとめておめでとうございます!

歓喜の涙、流せてよかった(T-T)。夕べはホワホワした気持ちで、ベッドに入りました。

中野選手は、惜しかった。

果敢にトリプルアクセルにチャレンジするも失敗。あれが成功していれば、メダルに手が届いたかも。でも、そのほかはノーミスで、魅せる演技でした。2大会連続5位は立派。

浅田選手、彼女はすごい。

絶体絶命のピンチに立たされていたわけで、精神的にはかなり追い込まれていたのでは。前日のインタビューでは、「200点出して、優勝狙います!」なんて明るくいっていたけど、内心、相当ショックだったに違いない。さぞや悔しかったはずだ。

でも、いくらがんばっても、相手のミス待ちでしか、金メダルは望めないとか、いわれて逆に奮起したのかもしれない。いわば開き直り。その方が強いもんね。私も正直、優勝は無理かも、とか思って見ていたもの。

SPがもう少しよければ、優勝していたかも、という人もいるが、SPがよかったら、フリーでここまで力を発揮できたかどうかは、わからない。プレッシャーがかかって、失敗する可能性だってあったわけだから。キムヨナ選手がそうだったかもしれない(なんだか痛々しくて、可哀そう)。

結果よければすべてよし。初出場で銀メダル、すごいじゃありませんか! モノは考えよう。16歳で世界チャンピオンの重責を背負うより、ワンクッションおく方がよかったと思う。

安藤選手、4回転サルコウは封印。

これは朝の練習で、モロゾフコーチが指示したらしい。成功率が低いので、4回転は来季にしようと。もちろん最終滑走グループの選手の内容次第で変わったかもしれないが(点数の配分については、エキサイトニュースに解説がありますので、そちらを)、いずれにしろ、来季以降のお楽しみになった。

安藤選手は淡々と演技してたようにも見えるが、別の見方をすれば、表情が乏しかったともいえる。今ひとつ乗ってない感じ。夜中のスポーツニュース「すぽると」に出演し、話していたが、「音楽とズレていたところがあった」そうな。やっぱり。

無難に滑り終えたという感じで、肩の痛みを堪えて必死に滑った全日本の演技の方が迫力があった気がする。でも、オオトリで、ほとんどノーミスの演技をした集中力には脱帽。

ワイン色のコスチュームも素敵だったが、エキサイトニュースには、Tバックだったとか書かれていた。そんなこと、どうでもよろしい。お化粧にしたって、スッピンに近いのは、足の痛み止めのせいで、吹き出物ができていたからではないの? 

もちろんナチュラルメイクの方が彼女らしいけど、「厚化粧」っていういい方はちょっとね。彼女に対するマスコミの姿勢は、どうも意地悪だ。

トリノ以後のバッシング、故障…、それらを跳ね除けて、掴んだ金メダル、本当によかった。どん底を味わった彼女の歓喜の涙は、きらきら輝いていました。

安藤・金、浅田・銀は日本にとって、最高のフィニッシュでした。来年の楽しみも残してくれたから。

フジの放送について

多いに疑問が残る。放送はライブでなく、2時間程度遅いディレイ放送。これってなんとかならないのか。海外では衛星放送で、ライブで見られるらしいのに、なんで国内でライブで見られないのか。

結果を知ろうと思えば(スカパーはライブあり)、ネットで速報を流しているので、いくらでも情報を入手できる。でも、映像とともにライブで感動したいのが、普通の人の感覚だろう。mixiでも、さっさとネタバレの書き込みをした人がいて、問題になっていた。

録画だと、いろいろ編集されてしまうので、緊張感がそがれる。リンク裏直前レポートなどを入れたり、演技の前に延々とCMを入れて、引っ張ったり。

タレントのゲストもどうかと思う。TOKIOの長瀬くんや井上真央。何でこういう人を呼ぶんだろうね。長瀬くんなんて、ぜんぜん知らないのに、必死にコメントしているのがありあり。もういいよ、勘弁してやれよ、と思ってしまった。

井上真央は浅田選手と名前が同じということで、呼ばれた?う~、頭抱えたい。スポーツの実況にタレントはいらんでしょ。前から批判されているのに、相変わらず。つまらん編集多過ぎ><。演出なんてしなくたって、感動できます。

アナウンサーもちょっとひどい。実況の塩原アナ、「北欧の清純派」とか「シスターズ・ゴールド」などと、妙なキャッチフレーズつけないでほしい。興奮しないで、落ち着いて実況してほしい。

現場レポーターは内田アナ。優勝後のインタビューで、意味不明の質問を発し、安藤選手に、「意味がわからない…」といわれたそうです。放送ではカットされていたけど、しっかりして。

サッカーでもそうだけど、スポーツの実況は難しいもの。実況は、アナウンサーと解説(1人で!)で充分です。NHK方式にして。五十嵐文男さんの解説、望んでおります。といっても、八木沼純子さんは嫌いではない。彼女の声が好き。なんか落ち着く。

まだ、フジは他にもフィギュア大会の放送権を獲得しているらしいので、改善をお願いしたい。

ちょっとうがった見方をすると、番組のスポンサーは、ネスレ(浅田選手がCMに出ているお菓子「エアロ」の発売元)。フジが真央ちゃん真央ちゃんと、大騒ぎしていた理由も納得。

それと日産自動車もスポンサー。安藤選手の所属はトヨタ。そうか、たぶん微妙な力関係があるのね。

最後はちょっと、放送に関して辛口になったけど、今日はエキシビジョン。安藤選手の「I believe」、絢香さんの生ボーカルで演技するそうで、楽しみ~^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-03-25 12:24 | フィギュアスケート
安藤・浅田ワンツーフィニッシュ!
<世界フィギュア>安藤美姫が優勝 浅田真央は銀 | エキサイトニュース

おおお~、夢に見たワンツーフィニッシュ!

やったね、ミキティ、真央ちゃん! 涙涙の女子シングルのフリーでした(T-T)。

まだ、感動の余韻の中にいるので、じっくり復習してから、明日詳しいことをアップします。とにかくおめでとう! オバちゃん、感動です。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-03-24 23:12 | フィギュアスケート
高橋選手、銀メダルおめでとう!
<世界フィギュア>高橋が銀、織田7位 ジュベールV | エキサイトニュース

いや~仮病使って、会合をサボった甲斐ありました。感動しました。

高橋選手、4回転ジャンプで手を付いたりして、決して完璧の出来ではなかったけど、ステップが冴え渡り、終わってみれば、フリーだけでは1位、総合で2位。堂々の銀メダルでした。

演技終了後、堰を切ったように涙があふれる高橋選手。その気持ちは、荒川静香さんの「今シーズンの彼が背追ってきたものが、伝わってきますね」という言葉に象徴されていたようです。

エースとして上位を期待されての出場。しかも東京開催。お気楽そうに見える彼だが、相当なプレッシャーがあったはずだ。それが、最高とはいえなくても、満足の行く演技ができて、張り詰めていた緊張感が解け、思わずこみ上げてきたんだろう。こちらももらい泣きです(T-T)。

ライブで見られてよかった~(若干、時間差あるようだけど)。

ジュベールはノーミスだったが、無難に滑ったという感じで、今ひとつ迫力や感動が感じられなかった。よかったのは、ランビエール。新プログラムのフラメンコがすばらしかった。とにかく、メチャメチャカッコいい。

今期不調が伝えられた彼だけど、このプログラムの完成度を高めれば、王者返り咲きは可能だ。より完璧なソフィスティケーティッドされたフラメンコを見たいもんです。

ワタクシお気に入りのジェフリー・バトルは、会場の異様な熱気に飲まれたのか、ミスを連発。ちょっとかわいそうだったかも。メンタルを鍛えて、再チャレンジしてほしい。

それにしても、男子フリーでこんなに感動できるなんて、思ってもいませんでした。手垢のついたくさ~い表現だけど、「感動をありがとう!」でした。

女子に続く…。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-03-23 11:44 | フィギュアスケート
今日は男子フリー
風邪をひきました、ゴホンゴホン…え、ウソです。風邪をひいたことにしてます。

今日の夜、学校のキョウジュのご紹介で、参加することになっていた集まりがあったのです。当初は男子シングル決勝はビデオに撮っておけばいいや、と思っていた。

しかし、昨日、ジュベールがトップ、かわいい顔したジェフリー・バトルが2位、高橋大輔は失敗に見めげず3位と、踏ん張ってくれた。上位選手の波乱もあり、得点が拮抗する大混戦。だれがメダルを取るか、目が放せない状態に。

こりゃ、絶対ライブで見るっきゃない! なのに、なぜ見られないの~! 見たいよ~~!

それで、初めに戻るのです。欠席の言い訳が「風邪」。もっとうまい言い訳を考えればよかったかな、と思ったが、根が小心者なので、それしか思いつかなかった。

いわゆるドタキャンですが、バレバレだったかも。ちと、心が痛むが、でも、私の中では、役に立つかどうかわからない集まりより、フィギュアの方が断然プライオリティ高かったのです。

e0100044_1754837.jpg仕事なら行くけどね。そうじゃないもんで。許してね。

ということで、さあ、心行くまでフリーの演技を見るぞ!
(写真:昨日お墓参りに行った時、途中で見かけた早咲きの満開の桜)
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-03-22 16:58 | フィギュアスケート
世界フィギュア、初日行ってきました
規定で渡辺、木戸組は15位 世界フィギュア第1日アイスダンス | エキサイトニュース

20日から開幕した世界フィギュア。行ってきました。

まずは12時からアイスダンスのコンパルソリー、大したアナウンスもなく、練習のようにいきなりはじまりました。

アイスダンスのコンパルソリーは、初めて見る。決してテレビ放送されないので(ケーブルテレビなどではあるかもしれないが、少なくとも地上波では見ない)。

ルンバのリズムに乗って、優雅にリンクを回っておりました。が、しばらく見ていて、気が付いた(遅ーい!)。あれれ、みんな同じステップで、リンクをただ2周回っているだけのような…? んん、音楽も同じ?

そうなのだ、コンパルソリーとは、あらかじめ決められたテーマ(今年はルンバ)のダンスステップで、リンクを半周、もしくは一周し、それを規定回数繰り返す演技だったのだ。だから、エントリーした選手みんなひとつの楽曲で、同じステップで演技していたのだ。行ってわかる、フィギュアの世界!

フィギュアスケートは昔から好きだったけど、ただ見るだけで技術的なことは、さっぱりなもんで。Mさん、解説ありがとうございました。うるさくってごめんね。

同じように滑っていても、微妙にレベルが違う。どこがどう違うのか、素人にはわかりかねるが、スピード感などは違うかなーと思った。

しかし、延々同じパターンが続くと、少々飽きる。だって、3時間も続くんだもん。途中居眠りこいてしまった(汗)。

それでもコスチュームが華やかで、それを見るのが楽しかった。渡辺・木戸組、がんばっていたけど、コスチュームのセンスがな。ショッキングピンクに黄色…、ううむ、好みの問題かもしれんが、その組み合わせはギモン…。

休憩があって、4時半からオープニングセレモニー。開会のお言葉はかのイシハラ都知事。選挙前のパフォーマンスか(それにしても、どうして都民はイシハラが好きなのか。あ、これもブランドの力?)。

日本スケート連盟会長の橋本聖子さん(そんなにえらくなっていたんか、この方)のお言葉もいただき、開幕した(これから開幕っていうことは、アイスダンスのコンパルって何だったの?え、前座?!)

セレモニーは学校の制服のような、地味~な紺のコスチュームに身を包んだちびっ子スケーターによるアイスショー。まるで、マスゲーム。ラインがそろってなかったりして、かの国のマスゲームには負ける。

中野友加里が選手宣誓したが、なんとも、盛り上がりに欠ける間の抜けたセレモニーだった。ま、オープニングなんてこんなもん。

続いて、やっと本格的な競技開始。ペアのショートプログラムだ。

日本のエントリーはないが、アメリカの井上玲奈やロシアの川口悠子など、日本人が出場している。特にロシア組は4位と好発進。ドイツにも日本とのハーフの女子選手がいるそうな。ペアに関しては、日本人は国境を越えちゃってるな。

川口選手は小枝のようなスリムな体型なので、まだ10代かと思ったら、すでに25歳。どうやったら、あの体型を保てるのだろう。教えて…。

締めくくり(実際は最後から2番目だが)は、中国ペア。高い技術と細やかな表現力の圧倒的な強さで、荒川静香さんさえ、「ペアのショートでは初めて見た」というスタンディングオベーションが起こった。すごい迫力だわ~。やっぱり行ってよかった。

終わったのは、夜の9時ちょっと前。昨日も9時間、みっちり付き合いましたー(1時間程度休憩ありましたが)。お疲れ~。

でも、ライブで見て、スケートの楽しさが直に伝わってきた。e0100044_11112100.jpg押入れにしまい込んだままになっているスケート靴、引っ張り出してみようかな。今もはけるか、不安だけど。というか、滑れるか、だけど^^。

今日は男子のショートプログラム。お楽しみはこれからだ!
(写真は会場で見つけたかわいいスケートシール)
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-03-21 10:55 | フィギュアスケート
そろそろ開幕、世界フィギュア選手権
世界フィギュアスケート選手権がはじまる。いや、正確にはまだだ。競技は20日からだから。しかし、前哨戦ははじまっていた~!

最近のフィギュアスケート人気を受けて、チケット入手は困難を極める。でも、せっかく東京で開催なのだから、見たーい! 

ということで、チケット争奪戦突入!(かなり前だが…)

結果的には、私はな~んの役にも立たなかったが、友人のMさんのご尽力で、メイン競技は無理でも、18日の公式練習と、20日のアイスダンスコンパルソリーとペアショートプログラムのチケットを入手していただいた。本当にありがとうございますぅ(T-T)。

e0100044_23595590.jpg行って来ました。東京体育館。(→こんな巨大スケート靴が入口に)

たかが練習というなかれ。これだって、ちゃんと入場料を取られるし、倍率だってすごい。それに練習ならではメリットもある。全競技の顔ぶれが見られるからだ。プログラムの音楽を流し、ジャンプなどは省略するが、軽~く流して、一応滑ってくれる。

とっておきの技は、易々とは披露してくれないが、それでも、練習も後半になると、興にのって来るのか、ジャンプを連発する選手もいた。

富士ゼロックスのCMで知られるステファン・ランビエールも007のブライアン・ジュベールも、ばっちり見ることができた。日本の高橋大輔や織田信成も調子よさそうだった。ジュベールや高橋は、バンバンジャンプを飛んで、絶好調という感じ。優勝争いが楽しみです^^。

女子はアメリカのキミー・マイズナーや韓国のキム・ヨナなど有力選手が欠場だったので、ライバルのようすはわからず。

でも、浅田真央のジャンプは完璧。トリプルアクセルをことごとく成功させていた。ううむ、真央ちゃん、やっぱりすごい。タダモノではありませぬ。

中野友加里は、フリーのプログラムをほぼ通しで、滑ってくれ得した気分。彼女も好調のよう。安藤美妃はジャンプの失敗が目立っていたが、どうやら4回転に挑戦している模様。本番で飛んでくれるのか、注目です。

テレビでは放送されないような、知らない国の選手もたくさんいた。インドやパキスタンの選手なんて、初めて見た。おもしろいね。南国の人もがんばれ。

とにかく全選手が練習するんだから、時間がかかる。アイスダンスとぺアまで含めれば、6時から夜の11時半までやっている! さすがにそこまでは付き合いきれないので、途中で帰ったが、それでも、私たちは朝9時から夜8時までいた(←かなり長い間、付き合いましたね)。

疲れたけど、これで3000円なら安い。途中外へ出ることができ、再入場も可。練習だから、お気楽でゆるい空気だが、見ごたえ充分。2階席まで埋まって熱気が感じられ、楽しめた。なんと4000人もつめかけたんだって!

e0100044_013380.jpg今度は20日、競技は地味目だが、オープニングセレモニーがあるので楽しみ^^。今週はスケート週間になりそうです。(→出てきたときは、すでに夜)

浅田真、好調アピール 世界フィギュア公式練習 | エキサイトニュース
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-03-19 00:15 | フィギュアスケート
| ページトップ |