いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お気に入りブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:フィギュアスケート( 46 )
Top▲ |
全日本フィギュアスケート選手権2014
あと1時間、もう1本書けるか。

e0100044_12262759.gif


27日に全日本フィギュアスケート選手権を観戦してきました。

例の町田選手の電撃引退発表の日でなく、その前日の女子SPと男子FSの日です。

今年はオリンピックが終わった後の大会だし、旅行などで財政状況が厳しかったので、観戦ツアーはしないつもりでした。

でも、中国杯で状況は一変!

羽生選手のアクシデントで、ブラディ・ファントムを見てしまってから、どーしても、ライブでゆづファントムを見てみたいと思ってしまったのです。

しかし、11月初旬、チケットはとっくに売り切れ、行けるわけないよな、と思っていた矢先、2次抽選の情報をキャッチ。
速攻、申込んでみました。

しかし、私のクジ運の悪さはピカイチ、自慢したいくらい(したくない)。
マラソンの抽選で、大阪、神戸、東京、那覇、横浜と5戦全敗、2次すらかすりもしない引きのなさ。
こんな人滅多にいない。

なので、ほとんと当てにせず、ダメ元と思っていたのですが、なんと、あっさり当選!
プレミアなチケットが取れたのです。

皆さん、チケ取りには苦労しているみたいで、3次抽選まで申込んでも、当たらない人も多かったよう。
プレ抽選や本抽選も申し込まなかったのに、1発で当たったのは、私にしてみれば奇跡です。

絶対に、神様がスケートのために運を残しておいてくれたのだと思う。

しかーし、チケットがとれたのはいいが、いかんせん、初動が遅かったので、宿がまーーったく取れない。
近隣まで探しても、1室もない状態。

え~宿なしか?長野の寒い夜、野宿したら、凍死してしまう。
う~ん、インターネットカフェか、カラオケボックスで夜明かしするか。どうしよう。

楽天、じゃらん、るるぶの宿泊ネットでは、まったく埒が明かないので、直前キャンセルを狙って、ホテルに直接電話をかける作戦に変更。
しかし、電話をかけまくるもすべて撃沈。

それでも諦めずにかけ続けていたら、あと3日というところで、ようやくキャンセルをキャッチ。

駅から15分程度で少々遠く、設備も古い。おまけに歓楽街のど真ん中にあり、深夜、宿まで歩いて行くのは気が進まない立地。でも、宿なしよか、全然いい。

でも、ギリギリまで待てば、空き室は出るもんだと思った。
キャンセル待ちしていた他のホテルからも、2日前に「キャンセル出ました」の電話があったので、根気よく待てば、なんとかなるものらしい。

そんなわけで、長野へ行くまでがひと苦労でした。

節約のため、往復バス。渋滞に巻き込まれると思ったけど、往復ともスムーズで、ほぼ定刻に発着。
これも運がよかったかな。

e0100044_22575174.jpg


ビッグハットへ向かう前に、戸隠そばで腹ごしらえ。
十割そばで、太めで噛みごたえありました。

シャトルバスで、ビッグハットへ。

e0100044_22581476.jpg


全日本はすでに皆さんご存知のように、羽生選手が次元の違う演技で、圧勝。
生ファントムは美しかった。

特にイナバウアーは最高。思わず「きれいー!」とおばちゃんは声を上げてしまいました(^^;)。

でも、一番盛り上がったのは、小塚選手の復活劇でした。

ソチオリンピックの代表に選ばれずに、心身ともに沈んでいた彼が、やっと復活。
観客は皆、その苦しさをよく知っているから、お帰り~!と、この日一番多いスタンディングオべーション。

私も演技後半から、ボロボロ涙が出てきました。

こういうことがあるので、ライブ観戦は止められない。

反対に、町田選手は「皆様に全日本で、ワタクシの第九をお届けします」といっていたのに、ミスの多い演技で、スタオベするほどの感動はありませんでした。


話はちょっとそれますが、町田選手の引退について。

この日の出来栄えが今ひとつだったので、第九の完成形はワールドまでお預けなのか、と思ったら、翌日の仰天の引退発表がありました。

ご自分は「悔いはない」ようなことをおっしゃってますが、私は「まだお届けしてもらってないよ」という気持ちでいっぱい。

完成する前に、途中でハシゴを外されたようで、宙ぶらりんな気持ち、いまだに落としどころが見つからないのです。

引退は個人の問題かもしれないけど、未完のままの強制終了は、ちょっと納得いかない。

代表に選出されたんだから、ワールドまで続けて、チームジャパンとして代表枠の確保に、最低限の責任を果たすべきではなかったのか。

というかさ、羽生選手と切磋琢磨して、二人してもっともっとスケートの高みを極めてほしかった。
大学院なんて、いくつになっても行けるじゃないか~。


もったいない!


もっと町田さんの演技を見たかった。残念過ぎる(><)

もちろん単なる1ファンが、とやかく言うことではないかもしれない。
文系の研究者、道は厳しいと思いますが、応援はします。

e0100044_111230100.gif


さて、話を元に戻して…表彰式まで見終えたら、11時半。
大混雑するので、大急ぎでシャトルバス乗り場へ直行し、さっさと乗り込みました(こういう時はほんのちょっとの時間差が致命的になる)。
宿へたどり着いたのは、12時頃、駅からの道程は寒かったけど、心は温かくて幸せでした。



e0100044_2314621.jpg
e0100044_232365.jpg


次の日は長野観光。善光寺は何度も来ているけど、ここしか観光するところないもんね(^^;)。

前々日に雪が降ったらしい。空気が冷たいけど、凛として気持ちがいい。

e0100044_2322444.jpg

お堂の屋根につららが。

e0100044_2331556.jpg


参道のそば屋で、今日もおそばをいただきます。
鴨せいろ。
e0100044_23463.jpg

おいしかったなあ。

ここでそば三昧したので、もう年越しそば麦食べなくてもいいか(笑)

〆はケーキで。
バスの時間まで、ホテルのラウンジでまったりしてました。

e0100044_2354650.jpg



年の瀬も押し詰まっての長野弾丸ツアー、短かったけど、とても充実してました。

e0100044_2381313.gif


後45分、なんとか「今年の出来事は今年のうちに」書き終えることができました。

たまにしか更新しないブログですが、細々と続けて行くつもりですので、来年もよろしくお願いします。
皆さん、よいお年をお迎えください。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-12-31 23:17 | フィギュアスケート
グランプリシリーズに思うこと
すっかりご無沙汰しているフィギュアスケートネタ。

決して興味がなくなったわけではなく、むしろ、スケヲタ度の症状は進んでいる感じです。
単にブログに書かなかっただけ。

もう語り尽くされているかもしれなけど、一連の羽生選手のことについてです。


e0100044_1442051.gif



私はスケートは好きだけど、多少の濃淡はあっでも、これまで特定の選手に肩入れということはなかった。

ただ、スケートという競技を見るのが好きで、どの選手も個性があって、1人として同じタイプがいなくて、どの演技を見ても楽しめる。
スケートを見ることが、ただただ、好きだったのだ。

浅田、鈴木、安藤、高橋、小塚、織田選手…そして羽生選手も。
日本選手だけでなく、海外の選手も好きだった。ワグナー、ゴールド、ナガスミライ、アボット、テン、ミーシャ・ジー、ダンスのメリ・チャリ…

どの選手も応援していたので、最初から羽生選手命のおばちゃんファン(ゆづリストというんだそうな)ではなかったのです。

でも、今回のグランプリシリーズの中国杯からは、変わってしまった。

あの魔の6分間練習のアクシデントの後、巻き起こった試合続行に対する賛否両論。
いやいや、賛否というには、あまりにも偏っていた。ほとんどバッシングだった。

朝の番組の〇リー〇藤なんて、無謀だ、出てはいけないと、怒りながら激しく非難。
羽生選手の体を心配してのことだと思いたいが、どう考えても愛の感じられるご意見には聞こえなかった。

そして、昨日優勝したのを受けて、どんな態度を取るのかなと思って見ていたけど、バツが悪そうな顔で、大したコメントもいわず、早くこの話題終わらないかなという気持ちがありあり。
態度ににじみ出ていた。

イジワルに見過ぎですかね?


もっとひどいトンデモコメントもネット上で見かけた。

「脳震盪を起こして強行出場した羽生にペナルティを科し、ある期間出場停止処分にすべき」

え、ペナルティ?! どこをどう押したらそういう発想になるのか。

百歩譲ってペナルティを考えるなら、アクシデントが起こった時どうするか、ルールを決めてなかったISUに対してだろう。

出場した選手に対してというのは、理解に苦しむ。彼が何か悪いことをしたのか。

出場停止にしたって、2枚イエローもらったら、次の試合は出場停止というサッカーと同じように考えているのか。
お話にならない。

ほとんどスケートを知らないおっさんのようだったから、そんな貧相な発想しかできなかったのだと思いたい。
しかし、それにしても、一方的な思い込みによる乱暴な物言いだ。

だいたい、脳震盪も起こしてなかったようだし。

起き上がれなかったのは、鳩尾に入ったダメージのせいで、ビデオを見ると、倒れたとき、目を開けて天井を見上げていたので、気を失っていたわけではないようだ。

そして、現地でドクターの問診を受け、脳震盪は起こしてないと診断され、出場した。

途中、演技構成を変えたけど、ザヤらないように対応していたので、彼は端で見るよりずっと冷静だったのではないか。

もろもろ考えあわせると、決して無謀な特攻とは思えない。

ペナルティ云々は、傷だらけで気力で滑った選手に対する、リスペクトや思いやりのカケラもない悪意すら感じられるコメントだったと思う。
今でも取り消してほしいくらいだ。

まあ、それくらい日本中ヒステリックになって、無謀な行動をした!子供たちの範にならん!と羽生選手をよそに、勝手に狂騒していたのだ。

次第に止めなかった周囲が悪いと、コーチやスケート連盟までも槍玉に上げはじめた。

それを見て、私はムクムクと反発心が湧きあがり、猛烈に彼を擁護したくなった。

だって、彼は日本フィギュア界の至宝ですよ。彼の取った行動を支持しないで、叩いてどうする?
身体も傷ついているのに、心まで傷つけてどうする?

身体を心配してのことじゃなく、バッシングのような意見ばかりに、ウ~ンザリ。

もちろん無理はしてほしくないけど、彼の決断を尊重して静かに見守ることはできないのか、と逆風に腹が立ったのだ。

そこから私は急速に羽生選手に肩入れし始めたのです。


e0100044_11352228.gif


あの中国杯のオペラ座の怪人。

転んでも転んでも立ちあがって、演技を続ける姿に「もう止めて!」とテレビ画面に叫びつつも、クリスティーヌに拒絶されてもされても愛し続けるファントムが、彼に乗り移ったかのように見えてきたのだ。

不謹慎のそしりを受けそうだが、ブラディ・ファントムは壮絶に美しかった…

強烈な印象だった。忘れらないプログラムだった。
かくて、おばちゃんゆづファンの一丁上がり。

続くNHK杯。
誰もが欠場と思っていたけど、結局出場できました。

でも、それは、医師やスケ連、コーチと相談したうえで、大丈夫というゴーサインをもらって出場したもの。

にもかかわらず、「強行出場」というマスコミ。
まるで、制止をムリクリ振り切って、自分のワガママで出たみたいな書き方。

確かに彼は完璧すぎて、アンチもいるのだろうけど、正確に報道してほしいものです。

結果は4位。マスコミは、きっと「それ、見たことか!」と思ったのか。

でも、彼のすごいところは、滑り込みでファイナルの出場権を掴んでしまったことだ。
神様は見捨ててなかった。やっぱり、絶対持ってるのよね。

そして、ファイナル。

文句のつけようのない優勝(多少のミスはあったけど、完全優勝は次のお楽しみ)で、幕を閉じた。

本当によかった。おめでとうございますヽ(´▽`)/

さらに、自国開催のフェルナンデス選手が銀メダル。
チーム・ブライアンのワンツー・フィニッシュもうれしい。

もう一つ個人的にはヴォロノフ選手の銅メダルもうれしい。
なにげに大人の魅力、ヴォロさん押しのワタクシでもあります^^。

あまり放送されないけど、和気あいあいとした温かい雰囲気の表彰式もすばらしかった。


e0100044_16131183.gif


本当にドラマティックな1ヶ月でした。
まるで、このフィナーレのために、つらいアクシデントが用意されていたかのよう。

マスコミは手のひらを返したように、持ち上げてますね。
まあ、これで批判した輩の口も封じられてよかったな、と思いますが、医療関係者まで巻き込んでの大騒動。
なんだったんだろうね。

キム・ヨナが全盛期、「国民の妹」と呼ばれていたそうだが、今や彼は日本の「国民の弟」になってしまった感あり(笑)。

想像だけど、彼は「棄権させなかった周囲が悪い」といわれたことに、とても心を痛めていて、その批判を封じるためにも、絶対がんばろうと思ったのではないかな。

周囲を思いやる人だから。


スケートは見ていて、とても楽しい。
シーズン真っ盛り、しばらくは幸せな気分でいられます。

今回実力を十分発揮できなかった町田選手、無良選手には、次の全日本でのベストなパフォーマンスを期待してます。

これからも羽生選手だけでなく、全員ずっと応援しますよ~。

以上、一スケートファンの戯言でした。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-12-16 14:22 | フィギュアスケート
四大陸選手権(フィギュアスケート)
先週9日、大阪で開催されていたフィギュアスケートの国際大会、四大陸選手権を観戦しに行ってきました。
9日は女子SPと男子のフリーです。

早めに大阪入りをしたので、会場へ向かう前に千日前の丸福珈琲店でお茶しました。

こじゃれた女子などいません。お客は新聞を読みふけるおっちゃんたちです。昭和の香りプンプンの「喫茶店」。


e0100044_1911746.jpg


名物のホットケーキをいただきました。


e0100044_1913491.jpg


時間になったので、会場へ。場所は大阪市中央体育館。


e0100044_1982543.jpg


大会は大いに盛り上がりました。

女子SPの浅田、鈴木、村上の3選手は、素晴らしい演技でもちろんスタンディングオベーション。

真央ちゃんがトリプルアクセルを跳ぶ前は、息を詰めて、ドキドキしながら見ました。成功したときは、緊張感が解き放たれたかのように、ウワ~と会場を揺るがす大拍手が起こりました。

四大陸なので、ヨーロッパやロシアの選手は出場してないけど、南米やアフリカ大陸の選手も参加。
テレビでは絶対に放送されないインドやフィリピン、メキシコの選手を見られて、得した気分です。

男子フリーでは、上位には入れないけど、個性的な振り付けの選手や、完璧にプログラムをこなして、滑り終えたとき、感激のあまりリンクに突っ伏して、泣き出す選手など、ライブならではの発見やハプニングがあり、楽しー!

これだから現地観戦はやめられない。

注目はやっぱり最終グループ。メディアでは高橋選手が不調だったので、今ひとつ盛り上がってなかったようだけど、会場は違ったのです。

カナダのケビン・レイノルズ選手の演技。4回転3本を含むジャンプを、ことごとく決める完璧な神演技に、会場の興奮はマックスに。

演技が終わった瞬間、会場は総立ち、スタンディングオベーションの嵐! 
私も手が痛くなるほど、拍手しました。

キスクラで得点を待つ間も、高得点を期待する手拍子が起こり、大盛り上がり。

その後が高橋選手。いささか異様な雰囲気が残ってて、滑りにくかったかもしれません。精彩を欠いた演技でした。

羽生くんが2位だったので辛うじて、「フィギュア最強ニッポン」の面目躍如はしましたが、期待された割には不振で、残念な結果となりました。世界選手権で雪辱を果たしてほしいものです。

表彰式で君が代が聞けなかったのはさびしいけど、カナダ国歌は素敵な曲で、よその国の国歌とはいえ、感動してウルッときてしまいました。

ケビンくん、国際大会初優勝はさぞやうれしかったと思います。日本語で挨拶をしてくれたりして、かわいい。

カナダの選手というと、パトリック・チャンに注目が集まり、彼は目立たなかったけど、これでファン激増でしょう。オバちゃんも応援するよ( ´ ▽ ` )ノ

終わってみれば、夜の10時過ぎ。10時間近く座りっぱなしの長丁場でしたが、と~っても充実した内容で、大満足でした。

翌日は、新世界→鶴橋→道頓堀をサクッとまわりました。ランチは鶴橋の焼肉で。おいしゅうございました。

串カツも食べたかったけど、お腹や時間の余裕がなかったので、次回に持ち越し~。

e0100044_19433052.jpg


あ~楽しかったなあ、大阪(*^^*)
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2013-02-14 19:59 | フィギュアスケート
世界フィギュアスケート選手権
先週末、今シーズンのフィギュアスケートの締めくくり、世界フィギュア選手権がフランスのニースで開催されました。

浅田真央選手の復活が期待されましたが、ご存じのとおり、精彩を欠き、3Aをはじめ、6つのジャンプを失敗するという演技で、6位と沈みました。

真央ちゃんどうした? 並みの選手になってしまったのか。

メンタルの問題が大きいのかなと思うけど、もう一度輝く姿を見たいです。来シーズンの復活を期待します。このまま沈んじゃいけない。

でも、エースが不調でも別のヒロインが活躍するのが、日本の強み。鈴木明子選手、銅メダルおめでとう!
実力的にはもっと期待されてもいいのに、マスコミは真央ちゃん一辺倒で、なんか冷淡な気が…。

優勝したコストナー選手は、難しいジャンプを跳ばないけど、スケーティングが素晴らしく、苦節10年、やっと栄冠を手にしました。よかったよかった^^。

個人的には、4位に入ったアシュリー・ワグナー選手の「ブラックスワン」が好きだな。美人だし^^。

でも、女子はミスも多く、圧倒的な強い選手が見当たらず、全体的に感動が少なかった。4回転競争となった男子に比べると、少々物足りなかった。

今回の選手権のハイライトは、男子でした。特に羽生結弦選手。

ワタクシは香川出張から10時ごろ帰宅したんですが、速攻テレビをつけて、荷物整理もしないで、画面に張り付いておりました(;^^A。

途中からライブになったので、ハラハラドキドキ。ゆづがジャンプを降りるたびに、テレビの前で「よしっ!」とガッツポーズp(^^)q。

彼の気迫のこもった演技に感動! 終わったときは久しぶりに1人スタオべ、そして滂沱の涙(T-T)。

彼の4回転を跳ぶ前の背筋がすっと伸びる姿勢が美しい。おばちゃん、惚れてまうわ♡。

高橋大輔選手のけだるい感じの曲のFSは、大人の魅力つうか、色気たっぷり。こちらもすばらしかった。
異なる個性が、日本男子のカッコよさを見せつけてくれました。

2人に感動をたっぷりもらった後、パトリック・チャン選手登場。4回転2発を華麗に決め、王者の風格を見せ、転倒とオーバータイムの減点があったにもかかわらず、堂々の優勝。

個々のジャンプやステップの内容を見れば、爆盛りGOEも納得で、ジャッジに文句はないけど、感動の度合いを競う選手権なら、ゆづ、大ちゃんに断然軍配が上がりそう。

表彰台2人は立派。ソチにつなげてほしいもんです。

あとは、私はアメリカのアボット選手が好きなんだけど、今年も力を存分に発揮できずに、8位で終わってしまったことが、残念><。ソチまでがんばってほしいんだけど…。

国別対抗試合がまだあるけど、一応今シーズンのフィギュアスケートは、ほぼ終息。なんだか、あっという間に終わってしまった気がして、ちょっとさびしい。

来シーズンまで、しばしさいなら~( ´ ▽ ` )ノ。

e0100044_13134672.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2012-04-02 13:25 | フィギュアスケート
2010年のフィギュアシーズン終了
昨日のエキシビジョンを持って、2010年度のフィギュアスケートシーズンが終了しました。

今更あらためて言うまでもないけど、女子シングルは安藤美姫選手が金メダル、男子シングルは小塚崇彦選手が銀メダルと、堂々たる闘いっぷりでした。

おめでとう! 

思えば東京開催だったのが、東日本大震災で1ヵ月延びて、ロシアの代替開催となって、選手たちはモチベーションを維持するのが大変だったでしょう。

熾烈なチケット争奪戦をかいくぐって、私は女子SPなどと予選会を観戦しに行く予定でしたが、それも叶いませんでした。

でも、ロシアの人々はとても暖かかった。日本で放送しやすい時間帯に試合時間を調節してくれたらしい。

ありがたいことです。にもかかわらず、某お台場放送局は時間差録画というせこい手法を毎回取るのですよ!(`o´)。

いろいろな選手のことを書きたいけど、ここは安藤選手を。

安藤選手は今回は戦略勝ち、かもしれません。オリンピックのキム・ヨナ選手のように、プログラム構成が勝利のパターンでした。

後半に5つのジャンプを固め跳びすることなど。それをこなしてしまう彼女のアスリートとしての資質も素晴らしい。

でも、はっきりいって、試合より昨日のエキシビジョンの方に感動しました。

最初のアランフェス協奏曲(でなく)Why do People fall in Love(ご指摘いただき、訂正。リンダ・エターという歌手のナンバーでした)、魅せてくれました。これぞ女王の舞いという優美な滑り。

滑り終えた後のミキティのあふれる涙に思わずもらい泣き。

e0100044_1149249.jpg

続くレクイエム。自分のことでなく、被災地を思って滑ったという鎮魂歌。鳥肌が立つくらい素晴らしかった。またまた滂沱の涙(T-T)。

心に響く演技ってこういうものでしょうか。録画してなかったのが、悔やまれるよ…(JINなんて録画してたからねぇ><)。

正直、1ヶ月ずれて、最初は観る方も少々気合が入ってませんでした。でも、最後の最後でこんな感動が待っているなんて。

そして、シーズン終了。ちょっぴり寂しい。また、秋までさようなら。首を長ーくして待ってます(行くぞ、札幌!^^)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-05-02 11:56 | フィギュアスケート
全日本フィギュア、壮絶な闘い終了
全日本フィギュア選手権終わりました。後はエキシビだけ。

感動しました。女子シングル。ある意味、世界選手権より壮絶だったかも。上位3人が(ほかにも条件はありますが、ほぼ)世界選手権のチケットを手に入れられるから。

浅田真央選手の見事な復活、おめでとう!
観客総立ち。涙が出ました。代表にも選ばれてよかった。

しかし、トリプルアクセルはダウングレード、ルッツはロングエッジの判定が付いていました。これでは以前と変わらないので、ジャンプ改造計画は、まだ途上のよう。

といっても、アクセルはSPのときよりもステップアップしていたので、世界選手権までには、加点のもらえるようなキレのあるジャンプになってくれるものと信じています。

そしてそして、安藤美姫選手、優勝おめでとう!
 
素晴らしかった。グリークのピアノ協奏曲に乗って、流れるような美しい演技、鳥肌ものでした。すべてのジャンプを決めて、加点ももらっていました。スピンもレベル4。

ガッツポーズが男らしくてカッコよかったわぁ^^。またまた泣けたよ(T-T)。

彼女の演技の時はいつもドキドキ。何かと叩かれることの多い選手だから、応援しているのです。男子では織田くん。彼も叩かれ役のことが多いので、つい判官贔屓になってしまう。

それにしても、安藤選手はついに200点越え。国内大会は多少大盤振る舞いのところがあるから、そのまま国際大会に置き換えられないけど、それでもやっと正当に評価された気がする。

なお、キスクラでのモロゾフコーチの態度が、早くもツイッター上で話題になっている模様。

確かに「おいおい」とは思ったけど、信頼できるコーチがいるからこそ、自信あふれる演技ができるんだろうな、と好意的に受け止めておきます(笑)。

他にも今年はジュニアの選手の台頭が著しく、楽しい大会でした。村上佳菜子選手だけでなく、庄司理紗選手や西野選手、大庭選手など。

庄司選手は美少女スケーターとして、早くも人気沸騰? 可憐で14歳とは思えない気品がありました。

数年後、カナちゃんとリサちゃんが、全日本の優勝目指してしのぎを削っている、なんてこともあり得そう。今から楽しみだなあ^^。

鈴木明子選手は惜しかったけど、アラサーの村主選手ががんばっていたのはうれしい。

決して、「まだいたの?」なんて言えない存在感がありました(いい意味でね)。アラサーの星として、まだまだがんばってほしいもの。

とりあえず、今年のフィギュアイベントは、これで終わり。これから各国の国内大会が本格派し、2月15日から台湾で四大陸選手権(台湾なんてあったかいところでやるんだ)。そして、3月は東京での世界選手権と続きます。

冬は楽しい(^^)v。

e0100044_23464417.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2010-12-26 23:42 | フィギュアスケート
グランプリファイナル終了
おはようございます。

どうもこのところ風邪気味で調子が出ないです。胃が痛かったり、だるかったり。体調がよろしくないってな感じ。珍しいんですが。

e0100044_10592013.gif

昨日は中国でフィギュアスケート、グランプリファイナルが行われました。

結果はちょっと残念でしたね。男女合わせて6人もファイナルにコマを進めたのに、優勝できないなんて…。確率悪過ぎ…。

男子は織田選手が惜しかった。4回転決めてほしかったな。でも、殿の復活はうれしい。

高橋選手、小塚選手と練習で衝突した際、首を痛めて軽いムチウチ状態だったとか。でも、小塚くんの気持ちをを気遣ってか、大ちゃんは一言もいい訳しなかった。えらい。

男子は、今ひとつパッとしなかったけど、女子は見応えがありました。

フラット選手以外、素晴らしい集中で、皆力を出し切った演技を見せてくれました。

特に安藤選手、FSではトップの得点で、最高の演技でした。思わず1人スタオベ!オリンピック以来です(笑)。

彼女のあんなガッツポーズ見たことない。もっと点数が出ると思ったけど、スピンやスパイラルのレベルが低かったようです。

でも、ぶっちぎりの点数をもらい、ひょっとしたら、逆転優勝か、と思ったけど、後続の選手も素晴らしい演技で、終わってみれば、SPの差がそのまま結果につながり、5位のまま。

アメリカのシズニー選手が優勝。シズニー選手、優美な動きで惚れ惚れしますが、これまでジャンプが今ひとつで、なかなか上位に食い込めなかったので、今回の優勝はうれしいです。

吹石一恵に似ているとネットで書き込みがありましたが、うん、確かに^^。美人選手だわあ。

イタリアのコストナー選手、今回は自爆癖が出ないでよかった。けど、ルッツやフリップなど難しいジャンプがないのは、少々物足りない。

村上選手、よくがんばりました。3回転-3回転はすばらしいね。怖いもの知らずの年齢、このまま伸びていってほしい。

あんまり取り上げられないけど、鈴木選手もよい演技でした。彼女、インタビューの受け答えの間が独特ですね。

こうなると、23日からはじまる全日本選手権が、激しい闘いになりそうです。これに浅田選手が加わるのだから。

ひょっとして表彰台から真央ちゃんがハミ出る、なんてことも考えられる?!

まだまだフィギュアスケートのつぶやきは続きます^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2010-12-12 11:04 | フィギュアスケート
GPS・スケートアメリカ、男女優勝!
アメリカのポートランドで開かれているGPS第4戦スケートアメリカ。うれしいニュースが入ってきました!

今朝は少し寝坊して、村上佳菜子選手優勝の一報をキャッチするのが遅くなってしまいましたが、いや、よかった^^。

おめでとう!!

FSは3F(フリップ)がシングルになったけど、転倒もなくきれいにまとめて、SP、FSともに2位で総合で1位。16歳の快挙です!

笑顔が超かわゆい(*^^*)。彼女の演技は見ていて、楽しく明るい気持ちになれます。

男子はもっとすごかった。優勝は高橋選手、2位に織田選手のワンツーフィニッシュ。

高橋選手はジャンプの調子が今ひとつだったけど、PCSで稼いでトップに。

惜しかったのは殿。4回転は失敗したけど、あとはよかったのに…。

またまたやらかしていたのですね! あなたは。

コンビネーションジャンプは4回以上跳んではいけない、というルールがあるにもかかわらず、4回跳んでしまった。

後半に跳んだ3S(サルコウ)+2T(トゥループ)+2Lo(ループ)が、4回目のコンビネーションに当たり、無効になってしまいました。つまり成功したにもかかわらず、得点なし。

コンビにしないで、3Sだけ跳んでいたら、優勝したかもしれないのに、もったいない><。

殿はけっこう常習犯。なんで計算できないんだよ~><。競技会でのポカミスは、なくしてほしいもんです。応援しているんだから。

それでも2位だし、大ちゃんが優勝したので、いいけど。

スケアメ男子では話題にもならないけど、5位に村上大介選手も入ってます。

中国杯に続いて、男女優勝。こんなに日本人が活躍するスポーツって、めったにないもんね。うれしいな^^。

たぶん、殿もグランプリファイナルに出場できるでしょうから、みんなファイナルもがんばってください。

e0100044_11125957.gif

これだけ日本人選手が活躍しているのに、地上波の放送時間が極端に少ない。テレ朝ー、なんとかならんのか。

浅田選手が出ない大会は視聴率取れないと踏んでいたんでしょう。独占放送なら、全大会、惜しみなく放送してほしいもんです。あと、シュウゾウはいらんです><。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2010-11-15 11:01 | フィギュアスケート
GPS(中国杯)日本選手アベック優勝!
今どきは皆さん、日本シリーズを見ていますよね。私もチャンネルを変えましたが、9時まではフィギュアスケートを見ていました。

グランプリシリーズの中国杯、女子は安藤美姫選手、男子は小塚崇彦選手が優勝しました。

おめでとう~~~~~!

特に安藤選手は、SP3位からの逆転優勝。幸先よくてよかったあ^^。

今年の安藤選手は、プログラムがすばらしい。独創的でオリジナリティを感じました。コーチのニコライとともに考えながら作り上げたそうだけど、さすがに魅せるツボを抑えています。

FSは後半に5本のジャンプを固めて、新しい「挑戦」を見せていました(後半に跳ぶと、基礎点が1.1倍になる)。

放送では「5連続ジャンプ」といってますが、決して5回ぶっ続けで跳ぶコンビネーションではありません。そんな超人技、プルシェンコだってできまへん><。どうして「5連続」というのか?

SPはあまり点数が伸びなかったけど、私はこのプロが好き。滑りこめばすごい点数が出そうな気がします。ステップが息つく間もないほど、滑る滑る…すごいー。

今シーズン、真央ちゃんが絶不調なので(復活の可能性大いにありですが)、今年は安藤選手が大化けするかも?

男子のこづくんはSP・FSともにトップで完全優勝。ポスト高橋選手(「ポ」ストよ、「ポ」。「ホ」ではありませぬ)の一番手ですね。

課題の表現力、かなり良くなったと思います。たーだ、私は彼の突っ張ったままの手の動きが、どうしても気になってしまうのよ。なんかぎこちないんだよな。

その辺、柔らかな表情を出せるようになったら、もっとPCS(演技構成点)が伸びるはず。今後に期待します。

いずれにせよ、今シーズンが楽しみ。いよいよ本格的に幕開けです^^。

あ、野球が大変なことになってるやないか!
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2010-11-06 21:52 | フィギュアスケート
フィギュアスケートシーズン開幕~NHK杯
急に夕方から寒くなってきましたね。寒くなると、はじまるのが、フィギュアスケート。今年もシーズン開幕です^^。

グランプリシリーズの初戦は、NHK杯。10月22~24日に名古屋で開催されました。結果はすでに皆さんご存じのとおりなので、省略。

ここ数年、NHK杯の追っかけをしている私ですが、今年は危うく行けなくなるところでした。

チケットは激しい争奪戦の末、2か月前に入手済み、ホテルと新幹線も押さえてありました。な~のに、ケガをした~!

でも、強行しました。

受傷してから3週間、痛みはほとんどなくなり、杖も必要なくなり、なんだか大丈夫な気がしたので行っちゃいました。

シーネのまんま、長距離移動する無謀なヤツです(汗)。悪化しても知らんぞ。
e0100044_19523854.jpg

着きました。名古屋駅前です。相棒はいつものスケ友、もんさま。

会場は笠寺というところにある日本ガイシアリーナ。
e0100044_19555272.jpg

観戦は基本、座っているだけなので、楽っちゃ楽。ただし、座席が妙な場所だったので、足でなく、首が痛くなりました(笑)。あとお尻も。

だって、12時20分に開始で、男子のSP、アイスダンスフリー、ペアフリー、そして女子フリーと続き、最後は表彰式。終わったのは夜の9時過ぎです。

9時間近く座りっぱなし。試合は長丁場です。お尻痛くなるの、わかるでしょ。

時間の長さを考えると、チケットは高かったけど、CPは悪くないかもね。

23日は市内のホテルに泊まりました。次の日の朝は名古屋モーニングで。

コメダ珈琲店に行きました。朝コーヒーを注文すると、食パン半切れとゆで卵が付いてきます(写真は2人分)。
e0100044_2013329.jpg

でも、これだけでは足りないので、ホットドッグも注文。
e0100044_2031694.jpg
お腹いっぱい^^。

そのあと、市内を循環する観光バス「メーグル」に乗って、観光物件をひとまわり。

といっても、11時行動開始のスロースターターだったので、ほんのサワリだけ。名古屋城も徳川園も行かなかった。

「トヨタテクノミュージアム」と「文化のみち」エリアにある二葉館(旧川上貞奴邸)、旧豊田佐助邸、旧春田鉄次郎邸のお屋敷を見ただけ。
e0100044_2018174.jpg

その後、またメーグルで栄に行き、松坂屋に出店しているひつまぶしの有名店「あつた蓬莱軒」へ。
e0100044_20195467.jpg

ひつまぶしです。お重でも丼でない、風変わりな器に盛られて…、あ、これがお櫃か。だから「ひつ」まぶし?

初めは鰻丼として食べ、最後は鰻茶で〆。

なのだが、私はウナギのお茶漬にはどうも抵抗が。甘辛い味のお茶漬ってどうよ。ううむ、これが名古屋味なのか~。

あっという間に、帰りの新幹線の時間が迫る。絶対食べたいと思っていたコメダ珈琲店の「シロノワール」を食べる時間がなくなりました。

朝、食べておけばよかったかな~。これが一番の心残りです+_+。

名古屋はB級グルメの宝庫。味噌カツ、きしめん、手羽先、あんトースト、あんかけスパゲッティなどなど。まだまだ食べたいもんいっぱいあった。

けど、今回はお預けです。

なんてあんまり歩けないので、これで十分。足を傷めることなく、無事帰ることができたのでよかった。一番の目的は、NHK杯だしね(笑)。

もんさまのさりげないフォローも助かりました。ありがとう!

e0100044_20414798.gif

今日は整形外科の通院日。おかげさまで、少しだけ骨がくっつき始めした。シーネを外すまであと1週間。がんばりまっす!p(^^)q。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2010-10-26 20:42 | フィギュアスケート
| ページトップ |