いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:ニュース( 36 )
Top▲ |
実刑2年6ヶ月は長いのか短いのか
<ライブドア判決>堀江被告 口とがらせ、納得いかぬ表情  | エキサイトニュース

良くも悪くも時代の寵児。判決報道もテレビジャック。我先に争って、マイクの前に駆けつける各局のアナウンサーが、滑稽であった。何で、そんなに息せき切るのか。

執行猶予なしの実刑判決、2年6ヶ月。これは長いのか、短いのか。厳しいのか、軽いのか。

同日4人の子供を車で轢いて、死亡させた川口園児死傷事故の判決も出た。実刑5年。事故とはいえ、結果的に何の罪もない子供たち4人の命を奪ったことは、取り返しが付かない重大犯罪だ。

その被告が5年で、株主を裏切ったとはいえ、だれも殺しても傷つけてもいない被告が、その半分の2年6ヶ月。

経済犯罪は難しい。被害者は株主。といっても、ホリエモンに過剰に期待し、あわよくば一儲けしようと企んだ人々なのでは? 株なんだから、絶対儲かる保証はないのに。今ひとつ同情できかねるのは、持たざる者のひがみか。

単純に比較できないけど、罪の重さからいったら、4人を殺傷した罪の方がはるかに重い。その差がたった2年4ヶ月? どうにも矛盾を感じる。

日興コーディアルの一件と比較する人が多いが、私はこちらの方が気になってしまった。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-03-16 22:05 | ニュース
お粗末な記事盗用
<朝日新聞>写真記者の記事盗用、新たに2件 | エキサイトニュース

この報道を見て、「あ~あ」と思った。同じ書くことを生業とする者として情けない、と思うと同時になんてバカなヤツ、と思った。

「バカな」という意味の中には、「なんてヘタな、なんて素人臭いパクリ方の」という意味も込められている。もちろん、盗用は倫理的に許されることではないが、それ以前にこのパクリ方が、あまりにもお粗末だったからである。これが文章のプロ、新聞記者がやることなの!という稚拙さだった。

金曜日(2/2)の新聞に、最初に発覚した富山県立山町の「かんもち」の朝日(盗用した方)と読売(盗用された方)の記事が載っていた。

元記事の書き出しは「黄、赤、緑など色とりどりの~」だが、盗用記事は「赤、黄、緑など色とりどりの~」と色の順序を変えただけ。これには笑ったね~(爆)。その後の流れも結びもほぼ同じ。ここまでマネてはいかんよ。これではもろバレだ。

同じライターのKさんとこれを見て、「バカなやり方だね」と話した。書き出しは絶対に同じにしてはいけないし、後ろの段落と入れ替えるとか、工夫できないのか。この記者は倒置法という書き方を知らないのか。書けないなら、オーソドックスに立地条件から入るとか、説明調でもいいではないか。マネするよりよっぽどいい。

とはいっても、実際に原稿を書くとき、人様の記事を参考にすることは少なくない。私もよくある。特に自分に予備知識が少なく、なんのバックグラウンドもない記事を書く場合は、最初の1行が出てこなくて、苦しむ。

そんなときは、ネットで検索した似たような記事をコピペして、それを元に書き出す、ということはある。

しかし、これはあくまで下敷きにするだけ。どうしても書き出せなかった最初の1行のハードルを越えれば、後はなんとかなる。書いているうちに、元記事のいい回しや表現は薄まり、オリジナルの文体になっていく。最終的には、元記事の痕跡がなくなるのが普通。

それも元記事をひとつだけにはしない。参考にするときは、必ず複数の記事をミックスして使う、これは鉄則だろう。

盗用した記者は、記事を書く機会が少なかったカメラマンとのこと。取材をしてもどうやって原稿にすればいいのか、わからなくてやってしまったのかもしれない。

くだんのKさんは、「百歩譲って取材なし、資料だけで書かなければならなくて、やったというのならまだしも。この記者は現地へ行って、写真を撮っているのだから、何かしらの感想を持ったはずだろう」という。

そうなのだ。資料だけで書くのは辛いが、実際に見ているなら、何か書けるだろう。見ていれば、記者でなくても何か自分なりの文章を書けるはずだ。この記者は現地に行って、何を見てきたんだろう。

末端ライターである私だって、盗用には気をつけまくるのに、仮にも「天下」の朝日新聞の記者ともあろうお方が…。「盗用で解雇」、これってとっても恥ずかしいことよ。私もこれからは安易にコピペしないようにしなくては、と肝に銘じた。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-02-07 12:50 | ニュース
納豆に罪はない
「あるある大事典2」21日の放送中止 | エキサイトニュース

ややや、やっぱり、納豆はダイエット効果なしだったか~!

だいたい「あるある」に限らず、テレビで放送している食品ダイエットで、成功したことがあったか? 寒天、黒酢、赤ワイン、にがりなどなど…、あ~、いろんなものありましたな。その都度、スーパーの売場から、その食品が姿を消す…毎度この繰り返し。

まったく、日本人てのはどうして、「健康」や「ダイエット」の文字に弱いんだろう。どうして、すぐに飛びつくんだろう。なぜ、買う前に冷静になれんのか。

と一応、カッコつけてみましたが、何を隠そう、自らよく飛びついてました。寒天はいまだに飲んでます(汗)。

そして、問題の納豆。ハハハ、もちろん食べてましたー(爆)。ここんところ、限界ギリギリまで体重が増えて、い~加減ヤバイよヤバイよ、と思っていたところに、グッドタイミングでこの放送。

「こりゃ、納豆様にすがるしかないっ!」

はい、次の日さっそく買いに行きました。しかし、出足が早かったせいか、納豆の在庫は、充分ありました。売り切れ続出の波は、この後どっと押し寄せたらしい。

放送では2週間食べ続けるとのことだったが、1週間たっても、ちっとも減らない。減らないどころか、ジワジワ増加。効果のほどを疑ぐり出した矢先の会見だった。なので、やっぱり。

しかし、今回のマスコミの報道は、ウソや捏造をした制作側の批判はしているが、それに踊らされる消費者にも、いたずらに情報に振り回されるな、とクギをさしている。バランスをとった報道がされているようだ。

私も胡散臭いとは思っていた。でも、納豆は健康にいいには違いないので、だまされたつもりでやってみることにしたのだ。それで効果があったら、儲けもんだし。なので、ウソであっても、とりわけ落胆はしてない。負け惜しみというなかれ。

今回の多くの消費者(含む私)が、納豆に飛びついた原因を私なりに分析してみると(分析というほどのものではないが)…。

①絶好のタイミングだった
 正月休みで皆太り気味。明日から出勤、少しダイエットしなきゃ、と思っていた人にとって、絶好のタイミングのこの放送。体重増の覚えのある人なら、飛びつくわな。

②食材が安価でごく身近な食品だった
 納豆というどこでも手に入る安価で、超おなじみの食品だった。これが、お高いメロンやら、めったにお目にかかれないテンペ(インドネシアの納豆)では、だれも見向きもしなかっただろう。

③調理に時間や手間がかからなかった
 納豆をかき混ぜて、20分放置してから食べる。食べるときの決まりはこれだけである。実に手軽だ。朝の20分は少々長い気がするが、起き抜けに用意しておけば、食事するときには20分くらいたっているだろう。刻んで炒めて、ミキサーにかける…なんて面倒な調理の手間が一切なかったのも、一気に広まった一因と思われる。

後は朝晩、1日2回ひたすら食べ続けるだけ。あまりに手軽で、ついやってみようという気にさせた。

でも、私がその気になった決め手は、いかにも不健康そうな食生活のオジさんの成功例。このオジさんが痩せるのなら本物か、と一瞬でも信じた。演技だったのかな、うまいな~。だまされたぜ。

でも、痩せはしなかったけど、よいこともあった。どうせ、毎日食べるんなら、普段買わない納豆にもトライしようと思い、少々お高いのも買ってみた。

これまで小粒派だったが、大粒も買ってみたら、これがおいしい! 大豆の食感がダイレクトに味わえて、口の中でモゴモゴマメマメするのがよろしい。噛み心地がいいのである。今ではすっかり大粒がマイブーム。ただ、大粒って、お高いのよね(><)。

今回の騒動は、制作側も安易だけど、消費者も頭よくなかったわけだし、どっちもどっち。フードファディズムに走る消費者には、いい警鐘になったのでは。「含む私」の自戒を込めて。だから、食の安全性だとか、やらせがどうたらこうたら、なんて、四角四面な批判はしない。

ま、何事もほどほどにってことですな。でも、これからも納豆は食べまっせ。納豆には罪はないもの。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-01-21 20:42 | ニュース
事件が続く…。
や~な事件が多い。相次ぐバラバラ事件。いじめ自殺のときもそうだったが、連鎖反応なのか。報道でたびたび「バラバラ」を耳にすると、残忍さが薄れて、抵抗なくなってしまうんだろうか。

新聞では「バラバラ」を使わずに、「切断」になっているようだが、この事件↓もおぞましい。

<夫遺体切断>「どこでもよかった」遺棄は場当たり | エキサイトニュース

「どこでもよかった」のか。下半身の遺体を捨てた付近て、渋谷から代々木八幡へ抜ける遊歩道近くの民家らしいが、この道は私がかつて、しばしば通っていたところだ。

以前、小田急線沿線に住んでいたとき、交通費を浮かせるため(あんど、散歩好きなため)に渋谷から代々木八幡まで、よくこの遊歩道を歩いていたのだ。

あのそばのマンションの住人なのか。しかし、民家に遺棄って、なんと迷惑な! その家の人が発見したんだろうが、とんでもない「ゴミ」を捨てられ、さぞや気色悪いだろう。

この女、電話のテープを聞いたりした感じでは、すごいジコチュウっぽい。そんなにイヤなら、離婚すればすむことなのに(この電話の相手との関係も気になるが…)。

何で、そんな面倒なことを思いついたのか。理解に苦しむ。どう考えたって、逃げおおせはしないのに。ワイドショーのコメンテーターが、「頭が悪い」と口を揃えていっていたけど、ホント、そう思う。

もうひとつの歯科医師宅の妹殺人事件。兄が犯人と、センセーショナルな事件で、いろいろな憶測を呼んでいる。コンプレックスを抱いていた兄が、妹の一言でカッとなって殺した…。

そんな報道がされているが、ことはそんな単純なものではないらしい。確かに、「夢がないね」といわれただけで、人を殺すとは思えない。

頭を木刀で殴った後、1時間ほど話し合ったというが、新聞もテレビも黙しているけど、単なる「話し合い」をしてたわけはないだろう。たぶん、活字にはできない壮絶な修羅場があったことは、想像に難くない。

兄妹間の確執、一度生まれると、なかなか解けない。私は姉妹だが、少なからず確執があるので、多少はわかる。ただ、この兄妹間は、雑誌やネットから察するに、確執なんてもんじゃなく、もっと根深い特別な感情があったようだ。とはいっても、本当のことは誰にもわからないけど。

妹と3年も口をきかないくらい嫌いなら、家を出て、1人暮らしすればよかったのに。浪人中でできないのか。たぶん20歳を過ぎても、自立できてないお子ちゃまだったんでしょうな。

両親は何を考えていたんだろう。同居していたのに、見てみぬふり? 寒々しい家族…。

夫婦、家族って、よい関係を維持していくのが大変なんだな、と独りものの私は思うのでした(汗)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-01-14 21:48 | ニュース
津波警報で一時緊張
<津波>北海道太平洋沿岸に警報 気象庁 | エキサイトニュース

千島海溝付近を震源とするM8.2の巨大地震が起き、その影響で北海道から和歌山まで、広範囲に、津波警報や注意報が相次いで出た。今のところ、せいぜい海面の上昇は20センチ程度で、これといった被害は出てない模様。

そういえば、昼頃、なんか目まいのような不思議な感覚を覚えた。地震?それとも私がおかしいの? 地震の前触れなら、これから大きい揺れがドーンとやってくるのか、と少々身構えたが、結局何も起こらず。よかった、と思っていたら、これだった。

PCに向かって静かにしていたので、わかったが、外に出ていれば、たぶん気付かなかった程度の微弱なゆれ。でも、やっぱり地震だったんだな、と納得。

NHKは公共放送の使命なのか、津波の臨時ニュース流しっぱなし。おかげで放送予定だった全国大学ラグビーの決勝戦が教育テレビにチェンジ。ますます地味になるラグビー、かわいそ(><)。

そのあおりで、教育テレビの「高校化学」や「高校数学」などが飛んだ。楽しみにしていた高校生もいただろうに? 後日振り替えるらしいが、振り替えに当てられる時間帯にある本来の番組は、またまたどこへ行くの? あ~、キリがない。  

阪神淡路大震災の起こった日も近い。改めて防災を考えてしまう。大震災にあった友人によると、本棚や食器棚を支えるために、天井との間につっかえ棒を使う人がいるが、あれは役に立たなかったという。

え~私、今正にやっているよ。

激しい揺れでつっかえ棒なんて、簡単にずれて吹っ飛んでしまう。では、何がセーフなのかというと、棚の上と天井の間にぎっちり押し込んでいたダンボール。天井との間に隙間なく、入れておけば、本棚などは動かないという。

普通、棚の上にはモノをおかない方がいいといわれるが、経験者の話は違った。でも、ウチ、天井が高いので、ダンボールをひとつ入れても、キチキチにならない。やっぱり怖いので、つっかえ棒のままにしておこう。

地震が来たら、本棚と食器棚の前から逃げる、これに限るね。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-01-13 19:25 | ニュース
年末年始のテレビから
視聴者怒った!DJ OZMAの紅白ハレンチ演出に抗議750件 | エキサイトニュース

年末年始のテレビは、ほとんど見ていない。紅白はもちろん、Kー1ダイナマイトも、当然のことながら、かくし芸なんてのも見てない。大晦日は出かけるまで、全日本フィギュアのエキシビジョンを見ていた。

紅白歌合戦
今年は随分話題になったようで。何って、DJ OZMAとかいう人のシーン。私、この人、まったくノーマーク。日本人なのか、外人なのかも知らなかった。慌ててググって、日本人であることを確認。もちろん歌なんて、聴いたこともない。

続いて、問題のシーンをYou Tubeで視聴。画質がよろしくなくて、はっきりわからなかったけど、確かにバックの女性は裸体のような。パンツも脱いでいた。ちょっと場をわきまえなかったのかもしれない。

NHKには、750本以上の抗議の電話が殺到した。家族で見ているのに何事か!って、お怒りだったらしい。ライブで見てないので、なんともいえないのだけど、抗議するほどのことなのかなあ。

だいたい、今時紅白なんて、家族そろって見るものなの? テレビは今や、1人1台のが当り前の時代。大晦日といえども、それぞれが見たい番組を見ているんじゃないの? それともやっぱり、一同がリビングに集まって、紅白をいっしょに見る家が今でも主流なんだろうか? 

そして、あんなもんで、気まず~い空気が流れたんだろうか?

NHKはここまで過激にやるとは、把握してなかったという話。リハーサルは適当にお茶を濁して、本番一発勝負でやったらしい。とすると、DJ OZMAはあえて、禁を破った確信犯だったはず。

なのに抗議を受けたら、急に「やり過ぎた」とトーンダウンして、反省の色を示しているとか。ちょっとだらしない。確信犯なら、「最後まで胸をはっていろ!」といいたいが、レベルが低すぎて、突っ込むのもバカバカしい( -。-) 。

でも、その後DJ OZMAの歌は、オリコンチャートを再浮上しているし、紅白の視聴率を「アゲアゲ」もしたのだから、OZMAとNHK、どちらにとってもよかったのでは。

箱根駅伝
ところどころは見たけど、往路の最終ランナー、順天堂大の今井選手が4分差をひっくり返し、逆転1位になったクライマックスは見てない。

でも、前走者を抜き去るシーンとゴールシーンは、何度もニュースで流れているので、見た気になってしまった。そして、今井がゴールしたときの実況アナウンサーのセリフが、妙に心に残る。

「山ノ神、ここに降臨!」

これって、あらかじめいつか使ってやろうと、用意していたセリフなんだろうか。それとも咄嗟に出たのであろうか。いずれにせよ、今井選手の力走とともに、これから駅伝実況の名セリフとして、語り継がれそうな気がする。

ドラマ
今年は特に見たい新春ドラマはなかった。しかし、なぜか、瀬戸内寂聴の一代記を見た。宮沢りえ主演のドラマだ。といっても再放送だから、新春ドラマとはいえないのだが、テレビをつけたら、たまたま放送していた。

さして感動したわけではない。ただ、これまで新年に、向田邦子の昭和のセピア色したドラマが放映されることが多かったので、それを彷彿とさせるような映像ゆえ、ズルズル見てしまった。向田邦子ドラマがなかったの、残念。久世さんも亡くなったから、ないのかな。見たいのにな~。

いつの間にか2007年も1週間。さっさと通常番組に戻ってほしいものです。芸人が出て来て、ドタバタやるの、もう結構でございます(><)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-01-07 23:30 | ニュース
| ページトップ |