いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:旅行( 32 )
Top▲ |
メキシコ・ペルーの旅―4(カンクン)
10月18日(金)

今日はカンクン最後の朝。
みんなで少しだけ早起きして、日の出を見に行った。


e0100044_21464625.jpg
ここだけ焼けてないけど、これも同日だった…はず。


e0100044_21473376.jpg


e0100044_2148737.jpg
姪です。写真撮影が好きで、一眼レフを持ってきていた。



e0100044_21501022.jpg
すっかり明けた。


メキシコシティへ戻る便は午後なので、それまでセントロとよばれるダウンタウンへ行って、ランチを食べようということになった。

セントロへは路線バスで。しばらく乗っていたら、乗客がだれもいなくなり、「バスの運転手にどこまで行くんだ?」と昨日同様問われるハメに。

「ここはすでにセントロだよ」といわれ、降りると、目の前に小さな旅行社。

そこのおにいさんが出てきて、姪が事情を話していたら、ヤケに親切で仕事を中断して、お勧めレストランまで案内してくれた。

おにいさん、別れ際にちゃっかり姪に電話番号を教えてたけどね。
姪いわく「メキシカンの挨拶がわり」とか。

e0100044_21565846.jpg

観光客ゼロのローカルレストラン、期待できそう。


e0100044_21575764.jpg
左は「チャヤ」という葉っぱのスムージー。左上の葉がそれだそうです。スタッフが持ってきてくれた。
そこらにけっこう生えてるみたい(笑)
右はシュリンプカクテル。やや甘い。


e0100044_2202582.jpg


上上/タコス、ピンク色は玉ねぎのピクルス
中上/これらをナッチョスなどに付けて食べます。いわばソース。右下の茶色いソースはフリホーレスという豆のペースト。けっこう好きな味です
中下/いろいろ盛り合わせ
下下/モーレソースを使った鶏肉料理。モーレソースは、チョコレートと唐辛子などをミックスしたメキシコを代表するソース。甘くて辛い複雑な味。う~む、一度食べたくらいではクセになりそうもない(^^;)

すっかりお腹いっぱいになって、バス停まで戻る時、アクシデントが起こった。

私は昨日傷めた膝が痛むので、歩幅狭く、ヨタヨタと歩いていた。
ちょっとした植栽のある舗装されてない道を歩いていると、突然五体投地のごとく、バッタリ…

まさかの 転倒!!!

大地に身を投げ出したのだ。
あまりに突然で、自分でも何が起こったかよくわからない。覚えているのは、右足首が90度曲がったってこと。

どうも木の根っこに足を引っ掛けたようだが、唐突に倒れたので、周囲もびっくり。

でも、すぐに立ち上がってスタスタ歩き出したけど、気持ちは最悪。
アカンアカン、またまた捻挫やってしもうたのか、なんでやなんでや、メキシコへ来てまで~がグルグル(><)。

ホテルに荷物を取りに戻り、湿布を出して、今度は足首に貼りました。
なんてこったい、昨日は膝、今日は足首なんて。いくらなんでも湿布が足りない。

でも、つべこべいっていられない。先を急ぐ。
タクシーで空港へ行き、飛行機で一路メキシコシティへ。夜7時ごろに到着。

e0100044_22204536.jpg
(撮影は甥)


メキシコシティに着くと、激しい雨。
空港、至るところで雨漏りしていた…。おいおい、国の表玄関で雨漏りするんかい(><)

義兄は今日でお別れ。仕事の関係で深夜便で帰国します。
私たちはお見送りするために10時半ごろまで空港にいました。

それからホテルへ。着いたのは12時近く。
深夜だったからか、周辺はスラムっぽいうらぶれた雰囲気が漂う。

フロントのにいちゃんも要領を得ないし、酔っぱらいのカップルが「部屋ないか?」なんてやって来てるし、なんか、ヤバいホテルに来ちゃったのか。

でも、中に入ると、室内はきれいだし、お湯はたっぷり出るので(シャワーのみ)、悪くはないが…。
今回はツイン二つで、姉と私、姪と甥のペアで部屋割り。

今日は疲れた。私は足の負傷が2ケ所に増え、それだけでもヘトヘト。
深く考えずに、さっさとベッドにもぐりこんだ。

e0100044_22282947.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-11-09 22:28 | 旅行
メキシコ・ペルーの旅―3(カンクン)
10月17日(金)

今日こそは昨日行けなかったチチェン・イツァというマヤ文明の遺跡を見学しに行きます。
ホテルで予約したツアーで、800ペソほど。

実は、姪は昨日のおじさんにその半額くらいで、ツアーコーディネートできるよ、といわれたらしい。
でも、予約した後だったので、お高いツアーで行きます。

バスで4時間近くかけて、遺跡にたどり着きました。

e0100044_1891481.jpg


一番上が大神殿。高さ25m、9段の基壇でできている。
ガイドはスペイン語と英語、わからないので、適当に回っていた(^^;)


e0100044_2234654.jpg
恥ずかしながら、今回の旅の仲間です。


e0100044_1827156.jpg


みやげ物屋もある。「ノータカイ」などのヘンな日本語も聞こえると思ったら、突然

「シマムラプライス!」

が耳に飛び込んできた!
うう、なんと。いったい誰が教えたんだよ~。意味わかってんのか。

こんなところで「シマムラ」を聞くとは……おかし過ぎる~(≧∇≦)。


その後ランチ。今日こそビュッフェ。

e0100044_1811691.jpg


この後、セノーテという「聖なる泉」に寄る。

「聖なる」といっても、観光化されているところがいくつかあり、シャワー施設がそろい、テーマパークのようで、ほとんど神聖な雰囲気は感じられない。

水着を着て遊泳ができる。


e0100044_182146100.jpg


救命胴着の貸し出しもあったけど、借りずに泉に降りて行ったら、深~い。

きゃ、足が立たないところ、こわい~。恐る恐る、中途半端にチャポン!

この中途半端がよろしくなかった。飛び込んだ瞬間に岩に膝を強か打ち付けてしまう。

いった~い!

泉から上がると、膝が切れて流血していた。傷も痛いけど、膝のお皿が痛い。

こんなところでケガとは何やってんだか。思わぬアクシデントに凹む。

そんなわけで、セノーテはあんまり楽しめなかったけど、またバスに揺られて、ホテルに戻ってきました。

ホテルの冷蔵庫に氷があるので、早速アイシング。
何やら内出血の様相。湿布持ってきてよかった。取りあえず貼っておきます。

夜はパスタを買ってきて、トマトソースで和えた簡単なパスタとタコス。
食器やカトラリーなどすべてそろっているし、食洗機が珍しくて(ウチにはない)ジャンジャン使ってみた。
駐在員の家庭のようで、楽しいひとときを過ごした。

これでカンクンは終わり。明日はメキシコシティに戻ります。
短い。あと1週間くらい滞在したいなあ。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-11-09 18:35 | 旅行
メキシコ・ペルーの旅―2(カンクン)
10月16日(木)

時差があるので、妙に早い時間帯に目が覚めてしまい、ホテルのwifiを使って、FBを見ていたら、突然知り合いの訃報が飛び込んできて、びっくり。
6月にあったばかり。その時はお元気そうだったのに。

関係する知人にメールを送ったりしていたら、それで目が覚めてしまい、2度寝は止め、朝日を見に行くことにした。

ネットで調べると、日の出は6時半近く。まだ、時間があるけど、目の前のビーチが東向きなので、日の出はバッチリ拝める。

甥も目を覚ましていたので、二人でビーチへ。

やがて、日が昇り雲の合間から太陽は見え始めました。素晴らしい朝焼け!

e0100044_16381963.jpg


神々しくて、思わず天国に旅立った友人のことを思い、生きてこれが見られることのありがたさを感じました。

その後、どんどん夜は明けていき、明るくなったので、ビーチランをしてみました。
ワラーチを持っていったのですが、ビーチは走りにくくて、最後は裸足ランです。
お~き~もちい~。

e0100044_1141973.jpg


5kmも走ってないけど、時差ボケの体にはちょうどい刺激になりました。

さて、予定ではチチェン・イツァという遺跡見学に行くはずでしたが、ツアーはもう出発してしまったとのことで、今日はフライトの疲れを癒すため、目の前のビーチでのんびりしたいな…え、できない?

姉の提案で、イスラ・ムヘーレスというカンクン沖、約10kmの海に浮かぶリゾート島に遊びに行くことになりました。
イスラ・ムヘーレスとは「女神の島」という意味。かつてはバックパッカーの聖地だったらしい。

ホテルのフロントで聞くと、バスで港まで行き、フェリーで30、40分で行けるとのこと。

それでは、シャツの下に水着を着て、レッツゴ!

路線バスに乗って船着き場に向かうも、途中でバスの運転手が、姪に「どこへ行くんだ?」と聞く。
「イスラ・ムヘーレス!」というと、途中で何やら止まって、あやしい?おじさんをバスに乗せる。
そして、姪と交渉を始めた。

よくわからないけど、このおじさんはガイドらしく、イスラ・ムヘーレスに行くなら、フェリーで送迎し、シュノーケリング・ポイントに行き、魚の群れを見て、ランチも付いて、400ペソでどうだ?といってるらしい。

ん、運転手とつるんでる?

まあ、400ペソってことは3200円くらいなので、格安ではある。自力で行くのもいいが、この怪しげな?パーソナルツアーの乗ってみるのもおもしろいかもしれない。

ということで、手を打ち、ここから急遽ツアーに参加することになった。

バスを降りて、おじさんの車の乗り換え、港に到着。
そこからフェリーに乗り、島に渡る。
いんや、決してフェリーなどというシロモノではござらぬ。おじさんの漁船?小舟だ~!

わ~お、超揺れる~!波は穏やかだからいいものの、やっぱりこわい~!

右に左に揺れまくったが、なんとか無事に島にたどり着く。
島はとてもきれいでした。

e0100044_17122815.jpg



上陸すると、みやげ物屋の並ぶメインストリート。ここで1時間ほど「自由時間!」とかで、街に放たれる。アバウトなツアー。

e0100044_17115083.jpg



もう昼時だったので、ランチ付きと聞いていたけど、食事はシュノーケリングをした後だとか。お腹が空いたので、軽く食べることにした。

初めてのタコスです。

e0100044_178990.jpg
そこそこのお味でした。


1時間ほど経ち、元の場所に戻るとおじさんが待っていて、舟に乗れという。
浅瀬のビーチに連れて行かれ、ちょっとだけ磯遊び。何年ぶりですかね、磯で遊ぶの。

また、舟に乗り、今度はシュノーケリングポイントへ。
写真は撮れないけど、とってもきれい。魚がすぐそばにいて、ちっとも怖がらない。手で捕まえられそうな感じ。

しばし遊んで、これで終わりかと思ったら、もう1ヵ所飛びきりのポイントに連れて行ってくれるという。

今度は足の立たないところなので、救命胴着を付けて、プカプカ浮きながら、魚ウォッチング。
これも楽しい~(*^^*)。

シュノーケリングが終わり、やっとランチ。
ランチといっても、すでに4時。カンクンタイムなのかな。お昼タコスを食べておいてよかった。


e0100044_17182644.jpg
ランチビュッフェとかいってたけど、料理は選べず、こんな定食でした。
おじさん自らサーブしていた(笑)。

帰りもこわいゆれる舟に乗って戻りました。

行き当たりばったりのアバウトなツアーでしたが、お魚と遊べて、なかなか楽しかった(^^)v。


e0100044_17203698.jpg
フェリーニ乗り場にて
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-11-09 17:21 | 旅行
メキシコ・ペルーの旅―1(出発)
大変ごぶさたしてます。
前回のポストが8月。う~ん、3ヶ月もほったらかしにしてしまった。
exciteから差し押さえ(?)が来てしまうかも(^^;)。

さて、その間何をしていたかというと、普通に仕事をして、ご飯を食べて、少しだけ走って…それなりに忙しくしてました。
特段のトピックもなく…。

しかし、10月中旬からちょっとしたトピックがありました。今回はそのご報告。

15日~29日まで旅をしてきました。行き先はメキシコとペルーです。

なぜ、メキシコなのかというと、姪がメキシコにスペイン語の習得のため留学しているのです。
そのため、姉たちが娘(姪)に会いに行き、ついでに旅行するという計画が持ち上がりました。

私も行ってみたいとは思いつつも、お金はないし、最低2週間は必要というので、そんなに休んでいては仕事に差し障りがある、と思って、当初は傍観するつもりだったのです。

でも、中米や南米に行く機会は滅多にない、というか、この先を考えたらもうないかもしれないと思うと、だんだん心が傾いていき…。

特にペルーは一度は行ってみたい国。
お金はやりくりすれば、どうにかなるだろう、休みも前広にアナウンスしておけば、なんとかなるだろう。

ついに決断!
「私も一緒に行く!」と名乗りを上げ、メキシコ・ペルーの旅が実現することになりました。

スケジュールは姪と姉が立てました。
出来上がったものは、相当なハードスケジュール。

一目見ただけで、こりゃ体調崩すわ、と思ったけど、あらゆる条件を取り込んで作ったそうで、今回私はオマメの分際なので、口を挟むことはできません。

しゃーない、覚悟を決めて、ご同行お願いすることになりました。


※帰国して10日余り、ようやく写真の整理が終わり、ぼちぼちと旅行記を書いて行きたいと思います。
旅行に出るまで、現地情報が少ない中、よそ様のブログなどが参考になりました。
これからメキシコ、ペルーを旅したいと思った方の多少の参考になればいいなと思って、備忘録に過ぎないかもしれませんが、記録しておきます。


e0100044_15505822.gif


10月15日(水)
成田出発。

e0100044_15514994.jpg


姉と義兄、甥の3人はすでに13日に出発しています。私はメキシコの空港で、先発組と合流することになっています。

e0100044_15525295.jpg


12時間かけて、メキシコシティのベニート・フアレス空港に到着。
ここから国内線に乗り換えて、カンクンに飛びます。

問題は姉たちに空港で会えるかどうか。
空港はwifiが使えるので、LINEでやり取りするはず…だったのだが、wifiがつながらない。はて、どうしたものか…。

そこへ館内放送。
「★※☆@%~YURARA〇〇~★※☆@%」
というアナウンスは聞こえるではないか。確かにYURARA云々といっていた。

何、どうすればいいの?とりあえずインフォメーションのおねえさんに事情を話すと、ここで待っていろ、といわれる。

しばらく待っていると、姪が走ってきた!
あ~よかった。これで無事合流することができました。
これから姉の家族4人としばし、行動を共にします。

先に着いていた姉一家は、家族水入らずで2日間のメキシコシティ(以下DF)の休日を楽しんでいたようです。

国立人類学博物館に行ったり、ルチャリブレというメキシカンプロレスを見ていた模様。

e0100044_1552949.jpg
(甥撮影)


私はDFはすっ飛ばして、先にリゾートパラダイス、カンクンへ向かいます^^。

カンクンには8時過ぎに到着。空港からタクシーでホテルへ。
すっかり夜の帳がおり、メキシコがどんなところなのか、まださっぱりわかりません。

ホテルは中級リゾートホテル。5人なので、2ベッドルームに2バスルーム、エキストラベッドが2台あり、、キッチンも付いたスイートです。

中級とはいえ、スイートなので、とてもゴージャスに思えます。
思えば、今回の旅はこのホテルを頂点としてどんどん落ちて行く…、そんなパターンでした(><)。


e0100044_15533320.jpg



これで1人5000円くらいで泊まれるので、ハワイなどよりぐっとお得だと思います。

e0100044_15543487.jpg


さて、この先どんな旅が待っているのやら。とりあえず、ロングフライトで疲れたので、おやすみなさい。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-11-09 15:59 | 旅行
会津若松に取材出張
5月7~9日にかけて、会津若松に取材に行ってきました。

e0100044_22583161.jpg


7日、東京は晴れていたのに、郡山から磐越西線に乗ると、天気が崩れてきた。猪苗代辺りを通ると、雹のようなものが降っていた。寒~い寒い1日だった。

初日は前ノリなので、特に仕事はなく、早めに出かけ、喜多方まで足を延ばしました。喜多方に着いたら、雨はやみ、薄日が差していました。

喜多方の目的はもちろんラーメン。
シンプルな醤油ラーメンだけど、実はこういう東京ラーメンのようなあっさり味が一番好き。う~ん、おいしかった(*^^*)。

喜多方は初めてなので、楽しみにしてきたけど、GW明けだったからか、さびれた風情で少々肩すかし。
まあ、見どころっていっても、蔵めぐりくらいしかないし、ラーメンだけだからかな。

夕飯は他のスタッフと合流し、桜肉をいただきました。お馬さんはクセがなくて食べやすいけど、なんか馬を喰らうのは、不思議な気持ち。

8日の朝は晴れていたけど、大変な冷え込み。コート、脱げませんでした。
鶴ヶ城、飯盛山、武家屋敷、食事処などを取材。

9日は5時半に起きて旅ラン。鶴ヶ城を1周しました。先日に比べて寒さもぐんと和らいだし、走りやすかった。

午後は磐梯高原へ。

画像はないけど、牧場で食べたソフトクリームがおいしかったなあ。
天鏡閣や野口英世記念館を回りました。

いつものことで、最後までバタバタだったけど、楽しい取材出張でした。

やっぱり地方出張好きだなあ。気分転換になるもの^^。
これで仕事が終わればいいんだけど、そうはさせてくれない(^^;)

e0100044_2258336.jpg

[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2013-05-11 23:02 | 旅行
伊勢・鳥羽・志摩への出張
先週1月28~30日に、伊勢・鳥羽・志摩に取材出張してきました。
29日早朝の取材に間に合うように、28日に前乗りしました。

初めてのお伊勢参り~。

e0100044_22255339.jpg


早朝の伊勢神宮は、凛とした空気に満ちて、荘厳な清々しさがありました。が、日が高くなるにつれ、参拝客が増えると、だんだん一般的な観光神社的な雰囲気に。
ここは早朝の澄んだ空気の時間帯に行くべきですね^^。

参道のおはらい町はすごい人。今年は式年遷宮があるので、例年より混雑しているとか。特にかおげ横丁はもろ観光名所。買い食いの店がいっぱい。浅草とか巣鴨みたい(笑)。

次の日、二見・鳥羽へ。
まずは二見で夫婦岩。その後ミキモト真珠島と鳥羽水族館へ行きました。

e0100044_22421044.jpg


右下はダイオウグソクムシ。4年間も何も食べずにじっとしているヘンな生き物です。ダンゴムシの一種なのだそう。

志摩へ。

海女小屋では、海女さんが魚介類を焼いてくれる海女小屋体験ができます。
太平洋に沈む夕日がきれい。

e0100044_22464679.jpg


すべての予定をこなし、松阪に寄り道。
松阪牛のすき焼きに舌鼓を打ちました。松阪牛サイコ―!(伊勢エビのお造りは前日の取材店でのもの)

e0100044_2250995.jpg


慌ただしい出張でしたが、充実してました。帰りは日付が変わって、31日になってました(笑)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2013-02-03 22:52 | 旅行
10/28~11/1 クアラルンプール出張
記録、いや、備忘録としてのブログ活用の一環として、先月のことですが、マレーシアのクアラルンプールに出張したことを上げておきます。
旅行カテゴリに入れてますが、あくまでオンリー仕事(^^;)。

以下、ずらずら写真を並べます。

まずは昼間のクアラルンプール(KL)のシンボル、ペトロナス・ツインタワー。

e0100044_21565124.jpg


仕事の間隙をぬって、公園でジョギングしました。へジャブを付けた女性も走っていましたよ。
e0100044_2214754.jpg


KLのみどころは多くはないけど、いろいろな建築様式がミックスされた歴史的建造物が主な観光資源。
上からマレーシア鉄道公社ビル、KL駅、最高裁判所ビル。

e0100044_21583433.jpg


夜はジャラン・アローというKLきっての屋台街で取材を兼ねての食事。

e0100044_2153426.jpg


たくさん食べて飲んで、1人2000円くらい。安上がりです。

e0100044_21554680.jpg


KL一の繁華街、ブキッビンタン。南国の風が心地よい。沖縄の国際通りを思い出しました。

e0100044_21585625.jpg


最後はペトロナス・ツインタワーの夜景で〆。きれいでした。

e0100044_21524777.jpg


仕事とはいえ、楽しかった^^。簡単ですが、おしまい。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2012-11-16 22:13 | 旅行
NHK杯追っかけツアー(北海道旅行)
ちょっと余裕ができた、っていうか、今日のノルマ終わったから、アップしておきます。

先々週の旅行のレポ。ずいぶん遅くなっちまって、すっかりタイミングを外して気が抜けてますが、記録ですから(笑)。

e0100044_20474432.gif

11日
広島から戻って2日後、今度は北海道へ行ってきました。今度は完全プライベートな旅です。

目的はフィギュアスケート・グランプリシリーズのNHK杯観戦。NHK杯は毎年観戦していて、今年で5回目になります。
北海道まで追っかけできると思ってなかったけど、今回も奇跡的にチケットが取れ、初日だけですが、見に行けることになりました。

e0100044_20524668.jpg


真駒内セキスイハイムアイスアリーナにも一度は行ってみたかった。札幌オリンピックで、ジャネット・リンが転んだ会場です(って、だれも知らないか)。
駅からけっこう遠くて、周囲はこんなにのどかな場所でした。

アイスダンスのショートダンス、ペアSPと、それに女子SPを観戦しました。
もう次のフランス大会も終わっていて、完全に間抜けた話ですが、浅田真央選手と鈴木明子選手が出場。

真央ちゃんは復活の手応えを感じさせる演技だったし、鈴木選手の演技は感動的、圧巻でした。

やっぱりライブは最高!会場の空気感が好きです。


12日
6月にも仕事で北海道に来ましたが、そのとき旭山動物園に行けなかったので、今度こそと思っていたのに、なんとこの時期、夏と冬の展示(ていうのか)の入れ替えで、休園期間だったのです。
春と秋、年に2回休みがあるんだって。

うう、痛恨のエラー!残念(+_+)。って、NHK杯は1年前から開催日時が決まっているんだから、仕方がない。

ということで、札幌からのワンデイ・エクスカーションだと、小樽くらいしかないので、またまた小樽へ。

まあ、前回来たときは猛スピードでとんぼ返りだったから、今度は少しゆっくりできそう。

e0100044_21253365.jpg

また同じようなアングルの写真だぁ(汗)。

相変わらず運河は人が多い。でも、その先の小樽港まで足を延ばしたら、だ~れもいなかった。
観光客って同じところしか行かないんだよね。

e0100044_21273487.jpg


ランチはお寿司。
でも、最初に行った店は予約いっぱいとかで入れず、北海道在住のカメラマンに教えてもらった店は、改装中で休業…。ええ~、昼食難民になりそう…。

仕方なく、中央市場のおじさんに聞き込み。お寿司のおいしい店を聞くと、すぐそばにあるそうです!

e0100044_2130446.jpg

やった! やっとありつけた!
ちょっとシャリが柔らかめだったけど、ネタは新鮮でおいしかった~(*^^*)。
しかし、青いお皿は生ものには映えないですな。ピンボケだし。

その後は街をひと回り。北一硝子を冷やかし、ルタオでお茶しました。

e0100044_21323159.jpg

ルタオって、ドゥーブルフロマージュというチーズケーキで有名な店。北海道物産展の常連です。

すんごい賑わってるんすよ。でっかい店舗が2軒。たいそうな羽振り。

この間、テレビで見たけど、ルタオの本社は、鳥取県米子市の製菓会社で、このブランドはそのグループのひとつにすぎないんだって。
鳥取にはお菓子の城まであるんだって! 

決して小樽の地元メーカーではなかったのです。
う~ん、意外過ぎる( ̄□ ̄;)。


13日
同行の友人が北海道は初めてだということで、札幌観光。

北大はちょうどポプラや銀杏が色づいていました。
e0100044_21475112.jpg


落ち葉の中を散策する謎の人物、約1名…

e0100044_21492142.jpg


赤レンガの愛称で知られる北海道庁旧本庁舎。


e0100044_21522259.jpg


後は時計台、大通公園…札幌って、あんまり観光するところないんですよねぇ。

したがって食い気に走る。
雪印パーラーのアイスクリーム、濃厚でおいしかったなあ。
e0100044_21534621.jpg

空港で食べた札幌ラーメン。これで前回食べそこなったものは、一応すべて食べ切りました。

e0100044_21541915.jpg

後は帰るだけ~。
と、ここまでは順調だったんだけど、最後に思わぬスリルが。

搭乗時間まで時間はたっぷりあったはずなんだけど、食事をしたりお土産買ったりで、搭乗手続きが遅くなってしまった。

セキュリティチェックは長蛇の列。あと15分、ちょっと焦ってきた。私たちが乗る便の最終コールがされていた。

不安になってスタッフにいうと、長蛇の列のセキュリティを先にを通してもらうことになり、並んでいる人に声をかけてくれた。

しかし、相手が悪かった。
「ダメ!荷物重いの!」と年寄り2人に拒絶される。
すいません、割込みですから文句言えません。でも、そんないい方しなくても><。

次のお姉さんも私たちと同じ、間際の便らしく断られる。
仕方なく、その後ろに割り込ませてもらって、自分の番を待つ。

しかし、このお姉さん、チケットをカバンの奥にしまいこんでいて、モタモタ。やたら時間がかかる。
こういうときに限ってそういう人に当たるんだよ。

やっと私の番。セキュリティを終え、搭乗機に向かおうとしたら、後ろから友達が付いてこない。
見ると、荷物を運ぶベルトが、マシントラブルで止まってしまった。
あああ~なんてこった。

しばし、待ってやっと友達が出てきたので、大急ぎで搭乗口へ。
私たちが最後?と思ったら、まだ乗客が並んでいたし、後ろからも1人2人やってきた。
なんだ、よかった。

ようやく飛行機に滑り込み、着席したのは離陸2分前。でも、私たちのせいで、遅延させなくてよかった。
最後に大汗かいてしまったけど、無事帰京しました。

e0100044_23235876.gif

それにしても、1週間に4回も飛行機に乗ったの初めて。西へ東へ移動距離は、往復3000kmにも達してました。
ちょっと疲れて、先週は風邪気味でした(汗)。

でも、今年もフィギュアスケートが見られてよかったなあ。来年は宮城とか、さて、どうするかな^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2011-11-22 22:28 | 旅行
走るついでにプチ夏休み
またまたご無沙汰しております。

8月28,29日に福島へ行ってきました。

目的は、29日の伊達ももの里マラソン(10kmですが)に出場するためですが、さすがに当日出発していては、スタート時間に間に合わないので、前泊することにしたのです。

28日に早めに福島へ入って、飯坂温泉に行ってみることに。

土曜というのに、だ~れも歩いていません。それもそのはず、福島はこの日37度にもなる酷暑。外を歩いていたら、熱中症になりそう。

東北だから東京より涼しかろうと思ったのは甘かった。あぢぃ、あぢ~よ~+_+;。
e0100044_2130923.jpg
左は観光案内所。な~んにも下調べしてこなかったので、ここで見どころやランチ処を、親切に教えてもらいました(ヒマだったみたいです)。

お腹が空いていたので、さっそく教えてもらった一番近い店へ。

どうってことないラーメン店ですが、名物(?)の飯坂ラーメンと、これまた福島名物の餃子が食べられるとのこと。
e0100044_213408.jpg

飯坂ラーメンというご当地ラーメンは、まったく聞いたことがなかったけど、麺に豚骨スープが練り込んであるんだとか。あんまり味の違いはわからなかったけど。餃子はまあまあ、おいしかったです。

腹ごしらえがすんだ後は、ぶらっと温泉街をひとめぐり。やっぱり人がいない。寂れた温泉街、そんなイメージ…。冬は違うのかしら?

今年5月にオープンしたばかりという街一番の見どころ「旧堀切邸」へ。
e0100044_21385360.jpg

飯坂の豪農・豪商だった家を復元したものです。広い敷地に屋敷が立ち、足湯と手湯もあります。足湯を使うのに、タオルまで貸してくれます。

それで、なんと入場料無料!お金あるんだねぇ。

ともあれ、タダはうれしい。足湯に浸かってきました。でも、暑いからね。ゆっくり入ることはできませんでした。どうせ、この後温泉に入るつもりだし…。

すぐ下の写真↓は飯坂で一番古いという旅館。雑貨屋をやってると、案内所でいわれたけど、お休みでした。
e0100044_21493795.jpg

飯坂には外湯(共同浴場)がいくつかありますが、そのうちこの鯖湖湯が一番有名(2番目以降の写真)。

200円払って中に入ろうとすると、入れ違いに出てきたおばあさんに「熱いからね。水でうめてね」といわれました。

そういえば、案内所のオジさんにも「飯坂のお湯は源泉かけ流しだから、熱いんですよね」といってたっけ。

どんだけ熱いのかな。ちょっと手を入れると、「あちっ!」と手を引っ込めるほどの熱さ。こりゃあ、熱いぞ、と思って、さっそく水を流すも、入れても入れてもちっとも温くならない。

足だけ、と思っても1分も入っていられない。「熱湯甲子園」は私には無理っ!

結局、湯船に浸かることは諦めた。かけ湯をしただけで出てきました。温泉に入って、のんびりしてから走ろうと思ったのに、そんな目論見はもろくも崩れました。

外も暑い、お湯も熱い。福島は「あつ~い」ところでありました。

ランのようすは、こちらでどうぞ。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2010-09-05 22:03 | 旅行
箱根-プチ夏休み②
おはようございます。

箱根の2日目、さっさとやらないと、延々と更新しそうもないので、出かける前に大急ぎで、ズラズラと写真だけの手抜きアップします。

翌日、ケーブルカーに乗って、大涌谷へ。
e0100044_8202752.jpg

寿命が伸びるという名物の黒たまごをゆでてました。

でも、5個セットしか売ってないのです。私はゆで卵って苦手、ひとつ食べたいだけ。
「バラ売りはしません」て、お客のニーズをわかってないよ。お土産にしろってか。
で、結局、食べなかった。

大涌谷に行って、たまご食べない人っているのか。いるんだよ(笑)。
昔食べたからいいって。

e0100044_8211449.jpg

景色を十分楽しんだ後は、ロープウェイに乗って芦ノ湖へ。箱根ゴールデンルートです^^。
e0100044_816487.jpg

芦ノ湖は海賊船で遊覧。このルートは、何度も行ってるのですが、乗り物に乗るのが、箱根観光の目玉でもあるので、これはこれで楽しめます。

元箱根で、関所資料館を見学して、箱根ホテルで、ランチ兼お茶して、帰途へ。
e0100044_8243194.jpg

すんごいありきたりの箱根の旅でしたが、満足~^^。癒されました。

でも、これ、もう1ヶ月も前のこと。癒し効果はすっかり消えました。また、癒されないと、息切れしそうですぅ+_+。

>>おまけ
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2010-08-23 08:32 | 旅行
| ページトップ |