いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:健康( 13 )
Top▲ |
乳がん検診
私の嫌いなところ、病院に行ってきた。行こうと思いつつ、なかなか腰を上げなかった乳がん検診に行ってきたのだ。

何しろ、私はハイリスクの身。乳がんのリスクファクターを調べてみると、「出産経験がない」「家族に乳がん患者がいる」「良性の乳腺疾患にかかったことがある」「肥満」などなど。

肥満は譲るとして(ほんとか?!)、他はほとんど引っ掛る。特に姉が乳がんになってからは、一刻も早く検診に行かねば!と思いつつ、数ヶ月…。

というのも、マンモグラフィの読影は、精度の高いところでやらないと、見落としが少なくない、そんな話を聞いたからだ。ウチの近所は、近代的な病院はあまりない。古くて美しくない病院ばっか。医療レベルが高いとはいえない地域で、乳腺外科の看板を掲げているところもない。

できれば、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の施設画像評価のA判定を持っていて、女性スタッフがいるところがベスト、と思っていたので、ご近所で受ける気にならなかったのだ。

東京ミッドタウンに入っている東京ミッドタウンクリニックの乳腺外来に行った友人が、「ホテルのようにコンシェルジェがいて、病院に行くというユウウツさがなくて、気分いいよ~」というので、少々高くても、それもいいかな、と思っていた。

しかし、検診用紙を取り寄せて、改めて自治体指定の病院を見てみたら、なんと家の近くに(電車には乗る)、乳腺専門のクリニックを発見! 新しくできたばかりらしい。

HPを見ると、なかなかきれい。もちろん画像評価A。ドクターは男だが、放射線技師は女性らしい。そうか、よし、ここに行こう!

ということで行ってきました。狭いが、きれいでスタッフの感じもよかった。マンモは後ろから抱えられるようにして撮影。こんなこと、男の技師にやられたら、耐えられません!><。

e0100044_22553099.jpgエコーもセットでやれば、当日検査結果がわかるらしいけど(料金割増)、それだと、自治体補助がムダになってしまう。自治体の検診は、2年ごと、偶数歳にしか受けられないので、それは来年までとっておく。

結果は3週間後。あ~ドキドキ。

(→父の遺産のユリ、黄色も咲きました)
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-06-28 22:56 | 健康
ドクターショッピング
正月を過ぎたあたりから、お腹の調子が今ひとつ。下痢や便秘はないが、腹痛があったり、うっとうしい膨満感が続いていた。

市販薬を飲んでも一向に改善されないので、病院に行こうと決意(決意しないと行かない)。といっても、いまだ、この地に私のかかりつけ医はいないので、新たに病院を探さなければならない。

私は出入りはあるものの、基本的にこの町の原住民なのだが、子供の頃かかっていた医院はすでになく、その後、たま~に通った中規模病院は、父が最期を向かえた病院。古くて汚くて、いい印象はない。はっきりいって、2度と行きたくない。

出戻ってきた後、いい感じのドクターのいるクリニックを見つけたので、かかりつけ医にしようと思ったら、それも束の間、閑古鳥が鳴いていたせいか、あっという間に閉院。もう! 振り出しに戻る。仕方がないので、去年健康診断を受けた一番近くのAクリニックにする。

しかし、Aクリニックの標榜診療科は「脳神経外科・心療内科・リハビリ科」。脳梗塞などのお年寄りが多く通うリハビリ病院でもある。ううむ、と思ったが、診療科目の最後に「内科」とあったので、まあ、腹痛程度なら、ここでいいかと考え、受診。

ドクターは問診もそこそこに、いきなり「腹部のレントゲンを撮ってみましょう」という。一切触診なし。腹部レントゲン? え~腹痛で? 初めて聞く、ちょっと疑問…。

でも、それで手っ取り早くわかるなら、と思い、レントゲン室へ。すぐに画像は出来上がり、「便が滞っている」という。それって便秘ってことかい? わたしゃ、便秘はないんだよ。

とりあえず、酸化マグネシウムを処方され、「改善されなかったら、胃カメラをやりなさい」といわれた。なに、胃カメラ? WHY? だって、調子が悪いのは、胃じゃなくて腸だよ。いったいどうなってんの?

「胃カメラですか。どうして?」と不審がる私を見て、「腸だと思ったら、胃が悪いということが、よくある。確率からしても、腸より胃が悪いことの方が多い」とシレッとのたまう。

さらに続ける。「僕はここまでしかわからないから、症状が改善されなかったら、消化器科へ行くように」となんともまあ、率直におっしゃってくださった。

結局自分の診断にぜんぜん自信をもてないってことなのね。専門じゃないと、こうもわからないものなのか。消化器なんて、最も一般な診療項目だと思うのに、触診スキルもないドクターなんて…。は~そんなもん(--、)、だったら、「内科」なんて標榜するな。

処方薬にしたって、便を柔らかくするだけで、根本的な治療薬ではない気がする。3日たっても症状は変わらなかったので、さっさとAクリニックに見切りをつけ、消化器科を探す。

今度はしっかりネットで検索。「Yクリニック」ヒット。なんだ、そう遠くないところにあるじゃん。

さっそく行ってみると、ガラガラ。おいおい、大丈夫かよ。それにどんなドクターかな? ちょっと心配。すぐに名前を呼ばれ、診察室に入ると、「こんにちは~!」と甲高いあっかるい声。おお、少々テンション高そうだが、陽気なドクターのよう。

ヒマだったからか、私のこれまでの経緯を熱心に聞いてくれる。「腹部レントゲン」という診断手順には、「へ~」と意外そうな反応。やっぱり…。

次に触診。そうだよ、これが診察の要でしょ。「これは胃じゃないね~。胃カメラは必要ないでしょう」という。ああ、やっぱり。いわれるままにやらないでよかった。その後、腸の疾患のことを、詳しく説明してくれて、一々納得。とってもわかりやすい。

ちゃんと検査もして、結果、特に悪いところはなさそう。「過敏性腸症候群ではないか」との診断をもらう。自律神経が過敏になって、引き起こす腸の蠕動運動の異常だ。要はストレスなどが原因で、心配することはないらしい。診断がつくと、ゲンキンなもので直った気になった。今はすっきり快「腸」です^^。

しかし、最初から専門医に行かなかったせいで、2回分の初診料を取られたのはシャクである。いくら脳外でも、腹痛くらいの診断学は身につけておいてくれい。市中のクリニックなんだから。

いいこともあった。図らずもドクターショッピングをして、多少回り道をしたが、やっとかかりつけ医にできそうなクリニックが見つかったから。ただ、いつ行ってもお客がいないのが気にかかる…。

下町の住人て、なんで設備も人も古めかしい病院ばかりに行って、新しいクリニックに行かないんだろう。保守的なんだなあ。お願いだから、つぶれないでね。Yクリニックさん。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-02-02 20:56 | 健康
予想外の健康診断
自治体で行う健康診断、1年中いつでも受け付け可、なのかと思いきや、各自治体によって取り扱いはさまざま。

世田谷区では年中可だったが、文京区は、確か誕生月からから2ヵ月という、超短い期間だったような。では、現在住んでいる区は?

去年11月に受けたので、来月あたり行こうかなと、思って、健診用紙を見ると、うわ、なんと期限今月末! 誕生月から半年以内に受けねばならなかったのだ。え~じゃ、今月中に行っておかなきゃ。

でも、その前にダイエット。何しろ、2キロ近くは確実に肥えたもんね、と思ってはじめたのだが、一向に減らない。ちょっと減ったかな、と思うと、食事会に誘われたり、講義の後、飲み会に行ってしまったり。一進一退を繰り返し、まったく変化しない。

このままでは、10月が終わってしまうー!とあせって、ついに昨日、プチ断食を決行。果物と豆腐と水分だけにし、空腹を抱えたまま、朝を迎えた。なんとか、1キロ以上減らし、許容範囲になった。

健診用紙には午前中受ける人は、朝食を食べないこと、とあったので、腹は減ったが、9時になったら、さっさと行って、その後朝ごはんを思いっきり食べよう、と思ったら、午前中に宅急便が来るというメール。え~、早く来いよ。腹減ったよ~。

宅急便は、いつも10時過ぎに来るのに、今日に限って、待てど暮らせど来ない。11時半近くになって、ようやく到着。遅いっちゅうんじゃ~。

11時半、出かける。健診はどこでも受け付けているが、去年受けたTクリニックがいいだろう。歩いて5~6分のところにある。到着。

れれ、なんかようすがおかしい。電気がついてない。今日は休診日ではないはずだ。目線を上げると、「休診のお知らせ」の貼り紙が。「12月末日まで、都合により休診…」。

ガーーーン、なんと、長期休院だったのだ。

そういえば、いつ行ってもガラガラだった。新しいので、設備は整っているのに、お客がいるの見たことなかった。先生はとても柔和で、感じのいい人だったのに…。この辺、クリニック多いから、新規参入に失敗したのか。

きっと12月末まで休診で、その後閉院、なんだろうな。残念。やっと、話のわかりそうな先生を見つけたのに。

な~んて、いってる場合ではない。せっかく空腹で倒れそうになりながら来たのに、どうすりゃいいんだ。

そうだ、Aクリニックへ行こう。最近(といっても1年くらい前)もうひとつ、オープンしたクリニックがあったのだ。なんでも、お昼のみの何某の番組に登場する医師がいるらしい。

しかし、一度も行ったことのないクリニックだ。いったいどんなところ? 先生はどんな人? 不安はあったが、躊躇なんぞしていられない。今日を逃したら、もう行けない。それに早く飯を食いたい(←これが一番切実(^^;)。)。

入ってみると、明るい雰囲気で、職員も看護師も皆感じがいい。医師も可もなく不可もない普通のオジさん。さして込んでなく、スムーズに進み、すぐに終わった。よかった。

こうして、予想外の展開はあったが、無事健診終了。やっとご飯が食べられる~(^^)。

かかりつけ(にしようと思っていた)のTクリニックが閉院してしまったのは、驚いたし、ガックリだったが、とりあえず、新規を開拓したから、ヨシとしよう。

それにしても、Tクリニックの先生、どこへ行っちゃったのかしら? 病院倒産で、借金背負って職安めぐりか? 病院経営も競争の時代に突入ですな。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2006-10-27 23:28 | 健康
| ページトップ |