いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:映画・テレビ( 22 )
Top▲ |
ブランドが気になる年頃~プラダを着た悪魔~
最近ブランドが気になる。これまで40と〇年間、ブランド品とは無縁の生活を送ってきた。自慢じゃないが、バッグも服もアクセサリーも、これといったブランドらしいブランド品は持ってない。今までそれで何の不便も感じなかったし、ましてや、卑屈になることもなかった。

何10万もするようなバッグや靴を持つにふさわしい品位はなし、それらを身に付けて行く場所もなし(悲し><)。だいたい、そんな高級品を買うに見合う収入はなし(←これが一番の理由^^)。

仕事といっても、店取材ならジーンズOKだし、企業取材でも、一張羅のスーツを着ていけば事足りていた。周囲にもブランド漬けのような人はいなかった。

ところが、大学院へ行くと、医療系ということもあってか、裕福な人が多く、ブランドバッグや服を当然のように身に付けているのだ。あら~初めて知る華麗なる世界。

以前、紹介した熱海のお嬢様、いつもモデルのようなステキなファッションで現れる。華やかで品があって、よくお似合いで、ちっとも嫌味がない。彼女のような人が、ブランドを身に付ける分には、自然でいいのだ。

彼女にどんなブランドが好きなのか、聞いたことがある。「特に決まってないけど、強いていえばアルマーニかしら」と、かわいく小首をかしげて、おっしゃる。きゃっ、アルマーニ!

アルマーニといえば、かつて青年実業家(今はIT企業家?)が好んで着たスーツの高級ブランドではありませんか。女性モノも高いんだろうな~。エレガントなんだろうな~。わ~ん、私にゃ、無縁の世界だ。店を覗いたことすらない(><)。

他にも巨大病院コンツェルンのお嬢様もいらして、派手さはないけど、プラダなどのブランドバッグをさりげなくお持ち。他の持ち物も皆上品。

まあ、今時のOLなら、そんなにリッチでなくても、ブランドの2つや3つ、普通に持っているのかもしれないが、あ~、このロゴ見たことある程度のブランドオンチの私には、日々驚きの連続なのだ。

そういう中にいると、いつもラフなジーンズの私は、かなり浮いた存在かもしれない。己の姿をまじまじ見ると、私ってダサい? みすぼらしい?と思えてくるのだ。これまでそんな風に感じたことなかったが、もう少しおしゃれしないと、かっこ悪いかな、と。

お金はなくとも、歳はとっているわけだし、ブランドまみれでなくても、歳相応なファッションてなものがあるのではないか、としばし思うようになった。

e0100044_23402997.jpgということで、「プラダを着た悪魔」を見てきた(前フリ長過ぎ)。これ、全編ブランド品満載。ブランドが気になる今の私にぴったりの映画です。

主人公はアン・ハサウェイだが、オニ上司役のメリル・ストリープがいい。でも、もっといいのが、メリルのアシスタント役をやったエミリー・ブラント。アンをいじめる役だけど、どこか憎めないかわいさがある。がんばっているのに、結局貧乏くじだし…。

映画には特段、感動したわけではなかったけど、ブランドを身に付けて、俄然美しくなったアンを見て(元々美しいんですが)、やっぱりブランドって、人を変える魔力があるのかしら、と思ってしまった。

ただ、アンがブランドお化けに変身する前のメリルいわく、「センスゼロね」のセーターにスニーカー姿も超かわいかったんだけどな~。それだって、きっと何かのブランドなんだろうけど。

いや~、目の保養をさせてもらいました。

で、その後、私の服装が変わったかって? 人間、そんな簡単に変われるものじゃありませんて!
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2006-11-30 23:36 | 映画・テレビ
久々の映画「父親たちの星条旗」
期間限定ハロウィンバージョン。でも、なんかうざいな~。ま、1週間くらい、ガマンしてください。

今日は1日中雨降りでした。雨が降っていると、いろいろ用事をキャンセルしてしまう。美容院に行きたかったのだが、取りやめ。

しかし、試写会に誘われていた。寒いし、雨はやまない。面倒だな、ドタキャンしちゃおうかなと、一瞬日よりそうになったが、元気を振り絞って(そんなに大層なことではないが)、行ってきました。

e0100044_12462166.jpg映画は久々。見たのは、「父親たちの星条旗」だった。第2次大戦末期の硫黄島の激戦にまつわる兵士たちの物語。クリント・イーストウッド監督・製作、さらにスピルバーグも製作に参加という話題作だ。公開は今週末、28日から。

2部作になっていて、これはアメリカ側から見た硫黄島で、12月には日本側から見た硫黄島「硫黄島からの手紙」が公開される。

普段の試写会は圧倒的に女性が幅をきかせているが、戦争ものだからか、オジさんの姿がやけに目立つ。それに、なぜか会場に入るときに手荷物検査があった。バッグの中身を改められ、金属探知機を体に当てられる。

これって、裁判所に入るときより厳しいじゃん(先週、ある裁判を傍聴したばかりなので)。右翼を恐れて? なんでだろう? 試写会で手荷物検査は初めてだ。

さて、内容の方は…。硫黄島に星条旗を立てた報道写真のおかげで、英雄扱いされた兵士たちの物語だ。

戦争シーンはど迫力、というか、私にはヘビーだった。でも、ここでメゲてはいけない。後半は人間ドラマになり、見ごたえ充分で、感動もたっぷり。2時間以上の大作でした。ギリギリ、ネタバレしないように、この程度でご勘弁を。

2部作なので、日本側から見たという、もう1篇も見ないとね。試写会当たったら、誘ってくれるかな? へへ、自腹で見に行けってか(笑)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2006-10-23 23:38 | 映画・テレビ
| ページトップ |