いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
病院物見遊山終了す
ご無沙汰してました。やっと病院の見学実習という名の物見遊山が終わりました。

終わったら終わったで、レポートやらお礼状を書いたり、実習の間できなかった仕事を片付けたり(←これが一番大変)、とやっているうちに、ブログを書くのが、どんどん先送りになってしまいました。

実習というと、実際に仕事のお手伝いをするのかと思われそうですが、仕事は一切してません。

じゃ、何をやっていたのかというと、病院の各部署へ行って、医療スタッフに話を聞いて、こっそり付回して(いや、こっそりではない)、患者さんとのやり取りに聞き耳を立て、時に話しかけたり、後は院内をウロウロ。まさに「家政婦は見た!」状態で徘徊してました。

e0100044_20365886.jpgさぞや、怪しいヤツと思われただろうって?いやいや、その心配はご無用。

えら~い看護部長様に白衣を着て、白シューズをはけ、と命ぜられ、白衣をお借りし、白シューズは適当な自前の靴を履き、ネームカードをぶら下げていました。ネームカードは手づくり。これでどこへ行っても、大手を振って歩けるようになりました。

インタビューを続けていると、私のやっていることに関心を持ってくれた、声のやたらデカい外科のドクターに会いました。彼にあっちこっち連れ回され(いや、連れて行っていただき)、結果、いろいろなところに首を突っ込むことになりました。どうやらヒマだったらしい。

圧巻は患者さんへのインフォームド・コンセント(以下IC)に同席させてもらったこと。患者と医師のコミュニケーションのクライマックスともいえる現場に、同席の許可を得たのです。

もちろん患者さんにも自己紹介し、同意を得ましたが、きっとコイツはなんだ?と訝しく思っただろうし、深刻な話なので、ジャマくさく感じたに違いない。患者さんとご家族には、感謝すると同時に、申し訳なく思います。

術後の治療に関するIC。術後といっても、開腹したら、手の施しようがない状態で、そのまま閉腹。今後は臨床試験に参加して、化学療法をするという厳しい内容。オマケに患者さんには疼痛が出ていて、説明を聞く間も、激しい痛みを我慢して、脂汗を拭いている最悪の状態でした。

もういいよ、いくら説明しても、この状態では頭に入らないよ、早く病室に返してあげてと思って聞いていました。そんなようすだから、説明なんておそらく上の空。特に質問も出ず、ころあいを見計らって、早々に引き上げていきました。最後に「先生、この痛みだけ何とかして」と悲痛な叫びを残して。

ドクターは「もちろんです。明日麻酔科の先生と相談して、早急に対処します」と力強くいっていたが、患者さんにしてみれば、「明日なんて悠長なこといってないで、今すぐなんとかしてくれ!」という気持ちだったはず。

私もさっさと連絡取ってやれよ、目の前で脂汗を流しているのに、わかんねーヤツだな!と思いました(お世話になっていた人だが)。

一方の家族はというと、難しい選択を迫られているのに、これまた質問がほとんど出ません。ドクターの説明は、言葉を選ぶのはいいのだけど、慎重すぎ。今ひとつはっきりした病状が伝わってこない。私は最初に概要を聞いていたので、だいたいわかったが、家族があの説明だけで、理解できたとは到底思えませんでした。

理解できないから、質問が出ないのか、すべてを諦め、従順に受け入れているのか、よくわからないが、もし私に質問が許されたら、これは何? ここはどうなってんの? どうしてそうなるの?などうるさく聞いたかも。それくらい質問攻めにしないとわからない、ぼんやりした説明でした。

これが日本のICの限界? 患者側も認識不足? 最近は「患者中心の医療」だの、「患者の権利意識の高まり」などがいわれるようになりましたが、やっぱりまだまだ「お任せ医療」がまかり通っているようです。

これが今回の実習のメインイベント。いろいろ考えさせられました。東京マラソンで厳戒だった雨の日曜の朝、ズシンと重い体験実習でした。

病院内はみごとなまでの異文化空間。異文化体験なので、当初は言葉やルールがわからずに、異常に疲れたけど、慣れてくると、楽しくなりました。たとえてみれば、外国旅行みたいなもの。

文化が違うんだから、お互いを理解するのには、相当な努力が必要なんですね。努力を惜しんで、文句ばかりいってもいけないのかもね。

これまで患者というお客の立場でしか、行ったことのなかった病院。異文化を知って、少し見方が変わったかも。次に病院に行くときは、きっと違う感慨を抱くだろうな。ちょっと楽しみ^^。

こうして、怪しい異文化体験ツアーは、無事終わりました。行ってよかったな^^。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-02-21 21:12 | 学ぶ
<< レオ様、またも主演賞逃す | ページトップ | 糖分補給 >>