いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
映画「それでもボクはやってない」
11年間も浪人生活?を送っていた周防正行監督の待望の新作「それでもボクはやってない」を観てきた。

今日観られる映画を調べたら、これが引っ掛ったので、深く考えずに観に行ったのだが、この作品、20日に封切りしたばかり。すごい込んでいた。でも、観客構成は、女と年寄りだらけ(それも爺さんの1人客多し)と、偏りまくっていた。

映画館は日比谷のシネ・シャンテで、座席指定制。なので、30分前に行ってチケットを購入し、時間ギリギリに入館した。

私は目が悪いので、いつも前方で観る。取った席は前から3列目の真ん中。さすがに前過ぎたか。館内は照明が落ち、予告編がはじまっていたので、もう人はもう来ないだろうと思い、画面を少し斜めから観るために、隣りの席に移った。その時点では、3列目はガラ空き。

ところが、予告中は観客を入れるらしく、後から後からバラバラやってきて、「あれ、ここの席なんだけど」といわれる。元に戻ろうにも、元の席は私と同じく、モノ分りのいいテキトウな人が座ってしまい、戻れない。

仕方ないので、「ごめんなさい。もういらっしゃらないと思って」とか言い訳して、席を移り続けること、3度。あ~、落ちつかない。結局、ガラガラだった3列目は、すっかり埋まり、2列目もほとんど埋まった。すごい人気でした。

座席指定も良し悪しだ。今回のようなこともあるし、前に座高の高い人が来ても、席を移れないというデメリットもある。やっぱり座席は中へ入って状況を見てから、選びたいな。

さて、映画は痴漢冤罪をテーマにした物語。やってもないのに、逮捕され、どんどん深みにはまって、抜けるに抜けられないある意味怖いストーリー。裁判シーンがかなりの部分を占める。私も去年、医療過誤の裁判の傍聴をしたので、裁判所の人の配置や雰囲気は、フンフンと納得。かなりリアリティがある。

それにしても、一度逮捕されてしまったら、いくら無実を叫んでも、その声が裁判官に届くことはない、という実態は空恐ろしい。映画はフィクションだが、モデルはあるのだから、これがほぼそのままの現状だと思われる。起訴されたら、99.9%の確率で有罪、これが日本の裁判なのだ。

司法は独立?公平? ノンノン。裁判官だって、お国に雇われている身だから、無罪評決をバンバン出して、警察や検察のメンツを丸つぶしにはできない。そんなことしてたら、出世は望めないのだ。

これまでの「Shall we ダンス?」などの周防監督のコメディタッチと違って、重くはないが、あまり笑いは出ない。周防さん、社会派転向? ネタバレしてはいけないけど、釈然としないラストに、メッチャストレスがたまる~! でも、おもしろい不思議な映画。
 
主人公は「硫黄島からの手紙」にも出演していた、ただ今売り出し中?の加瀬亮さん。気が弱そうで、いかにも嵌められそうな主人公をオドオドと演じている。

けっこうおいしいのが、ニートの友人役の山本耕史くんかも。ドラマ「華麗なる一族」とはぜんぜん違う役を演じる芸達者ぶり。母親役のもたいまさこさんもいいね。お懐かしや鈴木蘭々なんて人も出ていたよ。

すっかり社会派になった周防作品。観て損はないと思います。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2007-01-25 00:30 | 映画・テレビ
<< プリント風写真 | ページトップ | 納豆に罪はない >>