いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
映画「硫黄島からの手紙」
ああ、ほったらかしている!

という意識はないのですが、あっという間に日にちが経ってしまう。やっぱり師走? しかし、12月のカレンダー(→)を見ると、サボってますな~。

行ってきました。「硫黄島からの手紙」。

公開間もないからか、はたまた超話題作だからか。平日の4時開始という一番客入りが少ないと思われる時間帯にもかかわらず、けっこう込んでいた。といっても、さすがに前方の席は空いていたので、しっかり座れたけどね。たぶん、次の7時からの回は、かなり込むと思われます。

ちなみに、隣りの館で上映していた「武士の一分」は、空いてました。

全編日本語の不思議なアメリカ映画だ。全編、鉛色というか、硫黄色というか、どんよりした色彩で、不毛の硫黄島のようすがヒシヒシと伝わってくる。

みんなカッコイイよ!謙さんも伊原剛志さんも、加瀬さんもその他モロモロの日本兵って、すごい戦いをしたと思う。日本人て、なんて律儀で健気な国民なんだ、と思ってしまう。

決して戦争賛美ではなく、あくまで戦争は悲惨だ。「皇国万歳!」なんていうアホな大義名分のために、2万人以上の尊い兵士の命が奪われたなんて、悲惨過ぎるよ。報われないじゃないですか。

でも、謙さんの発する文語調の言葉、一言一言が美しくて、じわ~んとなってしまうのだ。日本語の美しさにも酔ってしまった。

涙が出る、というのとは違う。見終わってとても疲れた。エンドロールが終わっても、立ち上がるのが難儀、映画館からヨロヨロ出る感じだった。

見終わって、猛烈な疑問が湧いてきた。なんで、この映画が日本映画でなく、ハリウッド映画なんだろう。なんで、クリント・イーストウッドはこういう映画を撮れたんだろう? 何で、日本人にはできなかったんだろう? 日本映画人の猛省を促したい気分だ。

まあ、この辺でやめておきます。最後に謙さんもカッコよかったけど、伊原さんの役どころ、メチャクチャおいしかったかも。あ、ひとりテンション低い冷めた目の二宮くんもよかったけどね。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2006-12-14 12:16 | 映画・テレビ
<< クリスマスまであと1週間 | ページトップ | 日曜ガーデナー >>