いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
裁判傍聴記
先週、ある裁判の証人尋問を傍聴しに行った。なんでそんなことを? Why? これも学校の講義の一環で、演習なのである。裁判の傍聴なんて初めてで、なかなか面白い体験だった。

裁判はある大学病院の医療過誤事件。それはアゴの骨をワイヤーで留める手術をする際に起こった。被害者は20代女性。難しい手術でないにもかかわらず、女性は2日後に死亡してしまった。

当初何があったのか、わからなかったが、執刀医が誤ってワイヤーを脳内まで突き刺したためと、助手を務めていた医師が内部告発して真実が明るみに出た。それを受けて、両親が大学病院を相手取って、訴訟を起こしたのだ。

東京高裁に入ると、手荷物検査。飛行機のエックス線検査と同じ。あまり厳しいとはいえない。だって、友人のバッグには、小型ナイフが入っていたらしいが、ノーチェックだった。こんなユルユルで大丈夫なの?

法廷に入ると、一旦起立。着席してから、原告側の証人が呼ばれ、証言台で宣誓。原告側の弁護人の尋問が始まる。証人は放射線科医で、レントゲンなどの読影の専門医だ。

裁判官は3人。真中が裁判長で、両脇にも1人ずつ裁判官がいる。しかし、この両脇の裁判官、態度が悪い。明らかに居眠りをしていたり、頬杖をついたりしている。おいっ、そんな態度でええんかい!

後で、弁護士に聞くと、「よくあること」らしい。う~、裁判てもっと神聖なものだと思っていたのに…。

原告側の尋問はスムーズに終わった。続いて、被告側弁護人による反対尋問。しかし、こちらの弁護人、明らかに勉強不足。ごく基本的な医療知識も持ち合わせていない。

最初は語尾が不明瞭で覇気のなかった証人が、原告側のおバカな尋問に呆れて、どんどん元気になっていき、次々論破していく。形勢が次第に原告側に傾いてくるのがわかる。なんだか、ドラマを見ているよう。

やがて、時間を大幅にオーバーして閉廷。終わった後、原告側の弁護人が、「今日は大収穫でした。ここまでできるとは思いませんでした!」と上ずった声で話してくれたのが、印象的だった。

これまでことごとく、負け続けてきたこの裁判。ひょっとしたら、原告勝訴の明るい目も見えてきた。

転機になるような証人尋問を傍聴できて、よかったな。裁判て意外と面白い。だれでも傍聴できるので、興味があれば行ってみてください。なんて、普通行かないよね(笑)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2006-10-26 17:15 | 学ぶ
<< 予想外の健康診断 | ページトップ | 久々の映画「父親たちの星条旗」 >>