いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
グランプリシリーズに思うこと
すっかりご無沙汰しているフィギュアスケートネタ。

決して興味がなくなったわけではなく、むしろ、スケヲタ度の症状は進んでいる感じです。
単にブログに書かなかっただけ。

もう語り尽くされているかもしれなけど、一連の羽生選手のことについてです。


e0100044_1442051.gif



私はスケートは好きだけど、多少の濃淡はあっでも、これまで特定の選手に肩入れということはなかった。

ただ、スケートという競技を見るのが好きで、どの選手も個性があって、1人として同じタイプがいなくて、どの演技を見ても楽しめる。
スケートを見ることが、ただただ、好きだったのだ。

浅田、鈴木、安藤、高橋、小塚、織田選手…そして羽生選手も。
日本選手だけでなく、海外の選手も好きだった。ワグナー、ゴールド、ナガスミライ、アボット、テン、ミーシャ・ジー、ダンスのメリ・チャリ…

どの選手も応援していたので、最初から羽生選手命のおばちゃんファン(ゆづリストというんだそうな)ではなかったのです。

でも、今回のグランプリシリーズの中国杯からは、変わってしまった。

あの魔の6分間練習のアクシデントの後、巻き起こった試合続行に対する賛否両論。
いやいや、賛否というには、あまりにも偏っていた。ほとんどバッシングだった。

朝の番組の〇リー〇藤なんて、無謀だ、出てはいけないと、怒りながら激しく非難。
羽生選手の体を心配してのことだと思いたいが、どう考えても愛の感じられるご意見には聞こえなかった。

そして、昨日優勝したのを受けて、どんな態度を取るのかなと思って見ていたけど、バツが悪そうな顔で、大したコメントもいわず、早くこの話題終わらないかなという気持ちがありあり。
態度ににじみ出ていた。

イジワルに見過ぎですかね?


もっとひどいトンデモコメントもネット上で見かけた。

「脳震盪を起こして強行出場した羽生にペナルティを科し、ある期間出場停止処分にすべき」

え、ペナルティ?! どこをどう押したらそういう発想になるのか。

百歩譲ってペナルティを考えるなら、アクシデントが起こった時どうするか、ルールを決めてなかったISUに対してだろう。

出場した選手に対してというのは、理解に苦しむ。彼が何か悪いことをしたのか。

出場停止にしたって、2枚イエローもらったら、次の試合は出場停止というサッカーと同じように考えているのか。
お話にならない。

ほとんどスケートを知らないおっさんのようだったから、そんな貧相な発想しかできなかったのだと思いたい。
しかし、それにしても、一方的な思い込みによる乱暴な物言いだ。

だいたい、脳震盪も起こしてなかったようだし。

起き上がれなかったのは、鳩尾に入ったダメージのせいで、ビデオを見ると、倒れたとき、目を開けて天井を見上げていたので、気を失っていたわけではないようだ。

そして、現地でドクターの問診を受け、脳震盪は起こしてないと診断され、出場した。

途中、演技構成を変えたけど、ザヤらないように対応していたので、彼は端で見るよりずっと冷静だったのではないか。

もろもろ考えあわせると、決して無謀な特攻とは思えない。

ペナルティ云々は、傷だらけで気力で滑った選手に対する、リスペクトや思いやりのカケラもない悪意すら感じられるコメントだったと思う。
今でも取り消してほしいくらいだ。

まあ、それくらい日本中ヒステリックになって、無謀な行動をした!子供たちの範にならん!と羽生選手をよそに、勝手に狂騒していたのだ。

次第に止めなかった周囲が悪いと、コーチやスケート連盟までも槍玉に上げはじめた。

それを見て、私はムクムクと反発心が湧きあがり、猛烈に彼を擁護したくなった。

だって、彼は日本フィギュア界の至宝ですよ。彼の取った行動を支持しないで、叩いてどうする?
身体も傷ついているのに、心まで傷つけてどうする?

身体を心配してのことじゃなく、バッシングのような意見ばかりに、ウ~ンザリ。

もちろん無理はしてほしくないけど、彼の決断を尊重して静かに見守ることはできないのか、と逆風に腹が立ったのだ。

そこから私は急速に羽生選手に肩入れし始めたのです。


e0100044_11352228.gif


あの中国杯のオペラ座の怪人。

転んでも転んでも立ちあがって、演技を続ける姿に「もう止めて!」とテレビ画面に叫びつつも、クリスティーヌに拒絶されてもされても愛し続けるファントムが、彼に乗り移ったかのように見えてきたのだ。

不謹慎のそしりを受けそうだが、ブラディ・ファントムは壮絶に美しかった…

強烈な印象だった。忘れらないプログラムだった。
かくて、おばちゃんゆづファンの一丁上がり。

続くNHK杯。
誰もが欠場と思っていたけど、結局出場できました。

でも、それは、医師やスケ連、コーチと相談したうえで、大丈夫というゴーサインをもらって出場したもの。

にもかかわらず、「強行出場」というマスコミ。
まるで、制止をムリクリ振り切って、自分のワガママで出たみたいな書き方。

確かに彼は完璧すぎて、アンチもいるのだろうけど、正確に報道してほしいものです。

結果は4位。マスコミは、きっと「それ、見たことか!」と思ったのか。

でも、彼のすごいところは、滑り込みでファイナルの出場権を掴んでしまったことだ。
神様は見捨ててなかった。やっぱり、絶対持ってるのよね。

そして、ファイナル。

文句のつけようのない優勝(多少のミスはあったけど、完全優勝は次のお楽しみ)で、幕を閉じた。

本当によかった。おめでとうございますヽ(´▽`)/

さらに、自国開催のフェルナンデス選手が銀メダル。
チーム・ブライアンのワンツー・フィニッシュもうれしい。

もう一つ個人的にはヴォロノフ選手の銅メダルもうれしい。
なにげに大人の魅力、ヴォロさん押しのワタクシでもあります^^。

あまり放送されないけど、和気あいあいとした温かい雰囲気の表彰式もすばらしかった。


e0100044_16131183.gif


本当にドラマティックな1ヶ月でした。
まるで、このフィナーレのために、つらいアクシデントが用意されていたかのよう。

マスコミは手のひらを返したように、持ち上げてますね。
まあ、これで批判した輩の口も封じられてよかったな、と思いますが、医療関係者まで巻き込んでの大騒動。
なんだったんだろうね。

キム・ヨナが全盛期、「国民の妹」と呼ばれていたそうだが、今や彼は日本の「国民の弟」になってしまった感あり(笑)。

想像だけど、彼は「棄権させなかった周囲が悪い」といわれたことに、とても心を痛めていて、その批判を封じるためにも、絶対がんばろうと思ったのではないかな。

周囲を思いやる人だから。


スケートは見ていて、とても楽しい。
シーズン真っ盛り、しばらくは幸せな気分でいられます。

今回実力を十分発揮できなかった町田選手、無良選手には、次の全日本でのベストなパフォーマンスを期待してます。

これからも羽生選手だけでなく、全員ずっと応援しますよ~。

以上、一スケートファンの戯言でした。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-12-16 14:22 | フィギュアスケート
<< 足立フレンドリーマラソン | ページトップ | メキシコ・ペルーの旅―13(メ... >>