いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
第7回安達太良山登山マラソン②
さて、24日レース当日。

数日前まで雨マークが付いていて、雨のトレランなんてしたことないっ!コワい!と、恐れていたのがウソのよう。当日はピーカンピーカン!

e0100044_2032512.jpg


雨対策でなく、暑さ対策が必要であった。
まあ、暑い方がよいけど、雨のトレイルなんて、コワくて下れない。

e0100044_20475540.jpg

スタート直前、同宿の2人と。

8時半スタートです!チップなどはありません。三々五々はじまります。
もっとも300人規模なので、大渋滞はありません。

関門は1ヵ所、10.3km付近。ここまではほとんどロード(舗装路)。
このレース、制限時間6時間とゆったりしているにもかかわらず、ここは1時間20分とけっこう厳しい。
9時50分までに通過しないと、ゴンドラ送りになってしまうのです。

普通のロードなら問題ないけど、登りとあらば、話は別。
10kmずーーーっと登りっぱなしの死のロードなのです。

しかし、密かにそれも楽ちんでいいかな、と思ったりして(^^;)。

1km走ったら、もう足がだるくなってきた。疲れるの早すぎっ(><)。

それでも、5km過ぎを34分で通過。あと46分あるから、なんとか関門通過できるのでは…。
という考えは甘かった。
そこからの登りがさらにきつくなり、ついに歩きが入りました。

前のランナーが歩くと、歩くハードルさらに低くなり、歩いては走り、走っては歩きの連続。

それでも、ようやく関門が見えた!
少しだけスピードを上げて、関門に急ぐと…

「関門時間過ぎました。ゴンドラに乗ってください!」というスタッフの無情な声。
5分オーバーだったのです。

え~、やっぱり自分の足で登りたかったよう。仕方ないのか。
脱力状態で、トイレに行って戻ってくると

「関門時間延びました!先へ行ってください」とのこと。

え、なんでや?と思ったけど、これがゆるさが最大のウリ?のこの大会のいいところ。

そんなわけで、ゆる~く関門突破!
おにぎりとバナナと水をもらって、いよいよ登山道へ入ります。

e0100044_21253390.jpg


しかし、ロードの10kmでほぼ足を使い果たし、バテバテでまったく走れません。
登山マラソンとはよくいったもんだ。ここから頂上までは完璧登山。
ずーーーっと歩いてました。

e0100044_2134469.jpg


途中には清水の湧くところもあり、ペットボトルに冷たい水を入れて、一息。生き返る~。

e0100044_21374656.jpg

こんな平坦なトレイルもあったんだけど、やっぱり歩いてしまった。

e0100044_21345981.jpg


さらに登ると、開けた地へ出た。お、頂上か?
道案内のスタッフに
「ここ頂上ですか?」
スタッフは、困った顔をして首を振り
「頂上はあの先だよ」
と遥かなる頂を指差したのです。
はは~、遠い…
「え~もう帰りたい」
「そういわれてもね、登らないと降りられないよ」
はい、すみません、思わずヘタレな弱音を吐いてしまいました(^^;)。
でも、こんなにきついと思いませんでした。て、単に私が練習不足なだけ?

ガレ場を一旦下り、それから登る。5m進んでは立ち止まり、一息いれるの繰り返し。なかなか頂上に近づかない。
這う這うの体で、やっと頂上へたどり着く。

12時20分。登山道に入って、2時間20分もかかりました。

e0100044_2224615.jpg

e0100044_21552334.jpg


頂上でランチ、おにぎりを食べようと思ったけど、帰りが心配になってきた。
というのは、駅までの送迎バスは3時に出る(1回きりしかない)。

汗みどろで、東京まで帰るのは嫌や。お風呂にも入りたい(宿泊施設で入浴できる)。
とすると、2時くらいまでにはゴールしないとアウトなのだ。あと1時間40分しかない。

そこに、昨日宿で知り合った埼玉のランナーさんが通りかかる。
2時までに帰りたいと話すと
「それならもう戻らきゃ、おにぎりなんか食べていられないよ」
近くにいたスタッフによると、「下りは3時間かかる」らしい(もちろん歩いてだけど)。
え~それは無理。私の力では2時間以上はたっぷりかかるはず。

「じゃ、リードするから戻りましょう!」とおにいさまランナー。
「あ、は、はい、じゃ、がんばりまっす」

そこからがこのレースのクライマックス。ここまでは単なる序盤戦であったのだ。

しばらくは、人1人しか通れないようなシングルトラック。
気を許すと、滑落しそうな道。
普段ハイキングコースとしてあまり使われてないような、草ボウボウの道。
道なき道を分け入り、先を進む。コワいけど、離されないように必死におにいさんの後を追う。

足に力が入らず、踏ん張りが効かないので、何度も滑りまくりコケまくり、全身を使って下りました。
おにいさんを何度も見失い、もうム―リーと思ったけど、その都度待っていてくれて、どうにか追い付きました。

最後の3kmくらいになって、やっと平らかなフカフカのトレイルが出現。そこを飛ばして飛ばして…。
やったあ、やっとロードに出た。

あとロードを1.5km。
これが厄介、登りがあるじゃないか。しかし、もう後わずか、ガマンガマン。

やっとやっと、ゴーーーール!

なんと2時ぴったりにゴール。1時間半ちょっとで駆け降りたことになります。
おにいさんがいなかったら、絶対に2時に戻ってこれなかった。
本当にありがとうございました。おかげでお風呂に入ることができました。結局、バタバタだったけど。

ちょっとはトレイルランした気分になりました(ってそうじゃないのか)。

タイムは5時間半。こんなにかかるとは思わず、安達太良山、甘く見てました。
翌日の筋肉痛ハンパなかったです。体中バッキバキ(><)。

当日はこのレース、ゆるトレと聞いていたのに、メチャきついじゃん(`o´)、もうコリゴリ!
と思っていましたが、一夜明けたら、なんだか楽しかったなとじ~んわり。
苦しかったけど、やっぱり旅ランはいいね(^^)。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2014-08-29 22:20 | ランニング・トレラン
<< メキシコ・ペルーの旅―1(出発) | ページトップ | 第7回安達太良山登山マラソン① >>