いつの間にか、ランニングブログと化しておりまする^^
by ゆらら
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
いまだ天命を知らず
5号館を出て
毛むくじゃらとの日常
海の青と空の青-ushi...
おもろうてやがて悲しき・・・
続・まりおの部屋
AppleMintの雑記帳
おたより*おたより
キッチン・ファーマシー
CATCH THE WIND
ちぇーさんの走ったり撮ったり
ada air, ada...
らんらん♪ランニング
Shiology
misaママCafe time
あたふた生活日記
日記 マイ・ペン・ライ
をとこもすなる
やっぱり おたより*おたより


[レース]
2015 
1/25 勝田全国(フル)
3/8 大山登山
3/29 佐倉朝日(フル)
4/12 早稲田本庄CC
4/19 毛呂山トレラン(DNS)
5/10 仙台(ハーフ)(DNS)
5/23 三浦半島みちくさ(60k)
6/7 横田駅伝
7/12 所沢8時間耐久
10/3 ベジタブル・マラソンin彩湖
11/15 金沢マラソン(フル)

2014 
1/19 スイーツ(10k)
1/25 東京30k
2/16 熊本城(フル)
3/9 大山登山
3/23 板橋City(フル)
4/6 青梅高水山
4/19 五色桜駅伝
5/4 春日部大凧(ハーフ)
5/24 三浦半島みちくさ(60k)
6/1 ハーフリレー
6/29 両神山トレラン(DNS)
7/19 小布施見に(ハーフ)
8/3 上野公園元気早朝(5k)
8/23 安達太良山登山
9/7 柏の葉リレー
10/5 白井梨(DNS)
12/14 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)


2013 
1/27 新宿シティハーフ(ハーフ)
2/17 青梅(30k)
3/10 名古屋ウィメンズ(フル)
4/7 鶴沼(52k)
4/21 チャレンジ富士五湖(72k/DNS)
5/4 春日部大凧(10k)
6/1 東京柴又(60k/DNS)
7/14 小布施見に(ハーフ)
8/25 柏の葉リレー
10/6 東日本国際駅伝
10/20 四万十川(60k)
11/10 ねりま光が丘ロードレース(ハーフ)
11/24 つくば(フル)
12/8 みたけ山トレイルラン
12/23 足立フレンドリー(ハーフ)

2012
1/8  谷川真理ハーフ(ハーフ/DNS)
1/21 荒川30k冬大会
2/4  東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ
3/4  渋谷・表参道ウィメンズ(10k)
3/18 板橋City(フル)
4/15 かすみがうら(10マイル)
4/29 果物と自然の里いしおかトレイルラン(9k)
5/4 春日部大凧(10k)
6/3  横田駅伝(5k)
6/10 南魚沼グルメM(ハーフ)
6/24 冨里スイカロードレース(10k)
7/7  隅田川テラス七夕ナイトラン(ファンラン)
8/11 ランステ夕涼みエキデン(5k)
9/9  朝霧高原トレイルランレース(22k)
10/7 東日本国際駅伝(5k)
10/21タートル(ハーフ)
11/11陣馬山トレイル(23k/DNF)
12/9 御岳山トレイル(15k/DNS)
12/23足立フレンドリー(10k)

2011
6/12 ひがしねさくらんぼ(ハーフ)
9/18 田沢湖(20k)
10/2 白井梨(10k)
10/16 タートル(10k)
12/23 足立フレンドリー(10k)
12/4 いすみ健康(ハーフ)





dancyu on line
日経business on line1
日経business on line2
gooヘルスケア1
gooヘルスケア2
カテゴリ
ランニング・トレラン
ハイキング
お菓子・レシピ
料理・レシピ
おいしい店
花・植物
パン
学ぶ
フィギュアスケート
サッカー・その他のスポーツ
ニュース
映画・テレビ
お出かけ
旅行
生活雑記
季節・自然
読書・本
健康
ケガ
ファミリー
PC・家電
仕事
地震
ブログ
その他
ブログジャンル
検索
"Pink dot1" Skin
by Animal Skin
渋 柿
ウチには地味なんですが、柿の木もあるんです。これは桜より古くて、生まれた時からあるかも。樹齢50年以上?

これがごっつい渋柿。生前、両親が「渋抜きしても渋くて食べられなかった」と話していたツワモノです。

しかし、これはほとんど我が家にまつわる言い伝えというか、都市伝説みたいなもので、私は実際に、渋柿も渋抜き後の柿も食べた記憶がありません。

母親が渋抜きをした姿を見たことなかったし、父親は一度やってみたといっていたけど、渋抜き後の柿は食べていません。

私はウチの柿は超渋!と信じ込んでいたので(刷り込まれていた?)、1人で住むようになってから、柿の実を収穫しようと思ったことはありませんでした。

確かに、赤く色づいているのに鳥が食べない。やっぱり渋いんだろうな、と思って、ほおってました。

しかし、柿は面倒なんです。葉っぱがでかくて、落ち葉掻きが大変なんです。これは竹箒ではできません。それじゃ、どうするのかって?そりゃもう手で拾うのですよ。

買い物に出る時、外出から帰ってきたとき、時に夜でも気が付いた時に、拾って拾って拾いまくるのです。

といっても、樹齢50年、だいぶくたびれていて、葉っぱが少ないので、おかげさまで桜より早く終了しました。

でも、やっぱり手拾いは面倒。実も食べられないんだから、来年は木を切ってしまおうと半ば決意。

今年も葉っぱがなくなっても、赤い実が残っていました。鳥に食べられもせずに。

木を見上げいていたら、ふと、切る前に一度くらい我が家の都市伝説と化している実を食べておこうじゃないの、という気持ちになりました。

脚立を持ってきて、柿の実をもぎ取りました。これが収穫物。20個くらいかな。多くはありません。
e0100044_20163164.jpg

きれいに色づいているので、一見おいしそう。試しに食べてみたら、一瞬口の中に独特の甘みが広がりました。お~、意外といけるじゃん、と思ったのも束の間、強烈な渋みとえぐみが襲ってきました。

うへ~、口の中がおばあさんになってしまうー、しぶしぶ><。思わず口をゆすぎました。さすがに噂にたがわぬ傑出した渋ぶりでした。

ならば、渋抜き!

生まれて初めてやってみる渋抜き。ネットで見ると、焼酎で洗って密封して、そのまま1週間~10日間放置しておけばいいらしい。な~んだ、簡単なのね。

10日後…
e0100044_20213047.jpg

洗うだけだと、心もとない気がしたので、多めに焼酎に浸したので、少々傷んで黒ずんでしまいました。

早速実食…。おお、食べられます! 

でも、渋が完全に抜けたかというと、やっぱり、まだ残っています。でも、耐えられないほどではない。甘みの方が勝ってるので、これはこれで食べられそうです。

親がいっていた「渋抜きしても渋くて食べられない」というのは、やっぱり都市伝説だったかも。昔だから、きちんと渋抜きしてなかったんじゃないかと思われます。

でも、20個近く柿を食べ続けるのは、少々つらい。そんな訳で、ジャムにしてみました。
e0100044_2025281.jpg

ほのかに渋みのあるジャムの出来上がりです。まあ、何とか食べられそう。でも、人様にはさしあげられないかな。

さて、来年、木を切ろうかどうしようか、迷い始めました。というのは、今度はこれで干し柿を作りたくなってきたのです。干し柿なら食べられるかしら、と。

さて、もう一年、猶予を与えてあげようか。
[PR]
Top▲ | by yurara28 | 2010-12-20 20:38 | 花・植物
<< 踊るイルミハウス | ページトップ | 竹箒の親子 >>